心と体

11月25日午前2:28、夜中じゃよ。

暫く振りにブログに来た。
色んな事があった。九十九里に行った事の御報告もまだだし。
それどころか、あれからこっち、九十九里に、三度足を運んだ。テルッツのお父ちゃんが亡くなったからだ。93歳の大往生だった。
話しは変わるよ。
今回のタイトルは、本当は「ジーちゃん、いつも霧の中part2」にしようかと思っていたんだよ。
いつも霧の中に居るようで、いつもに増して目を使う。PCの画面の文字を追うのも辛い程。
車の運転はなおの事。
目を使う、肩が凝る、頭が痛くなるの繰り返し。ついつい、飲みたくはない薬に頼ってしまう。
そんな中、最近好い事に気が付いた。寝る時に、ごすけさんを抱いて寝ると、好い夢を見るんだよ。いつもは、各自ワシの布団でバラバラに陣取って寝ていたんだよ、吉松以外はね。吉松だけは、いつもワシの顔の前に居る。夫婦だから。
寒くなってきたせいもあり、抱いて寝ても暑がらない。本当に、好い夢を見ている。例えば、若い姉ちゃんとお付き合いする的な。・・・・・・・・
本日は・・・・・テルッツが御登場してくれた。一緒に出掛け、色々話しもした。楽しい楽しい夢だった。最後にテルッツが、耳元でこう言った。「トシチャン、肩凝り消えた?」とね。
ワシは、「酷いよ~、だって丸六年以上、テルッツにおホグホグして貰ってないよ。・・・・・」
しまったっ!また現実の事を口にしてしまった。夢は終わってしまった。
でも、あの言葉は、夢の中の言葉じゃなかったよ。ワシの耳元で、テルッツが本当に囁いたんだよ。懐かしい懐かしいテルッツの可愛らしい声。夢の中で放していたハッキリとした会話の声ではなく、微かな声でね。
目が醒めるのと、泣き出すのが殆ど同時だった。寝ていた筈のごすけさんは、畳に侍って、ワシを見つめていた。吉松も起きていた。チュッタが、涙を舐めてくれた。

それから、この事を忘れない様に、泣きながら、真夜中、PCを開けた。まだ泣いたまま。心配した吉松が、ワシの膝の上に居る。
テルッツの思いは感じている。テルッツが、未だにワシを愛して居る事も感じている。
この子達が、いつもワシの傍に居る意味が解った。それぞれ、テルッツに役目を仰せつかり、それぞれの仕事をしに来たんだと。
ごすけは、ワシのこころ。吉松は、ワシの古女房の代わり。チュッタは、ワシの涙拭き。

11月25日真夜中、現在3:31。もう直ぐ起床のお時間です。泣きっぱなし。
今、また一つ感じる事が出来たもの。テルッツは、いつも傍に居てくれている。
明日、ワシはひとつ歳を取る。また、ごしゅけを抱いて寝る。

「ウップ、ウップ、ウップ・・・・ゲ~~~ッ!」
そのウップの声はごしゅけか~~っ!
「真新しいラグに、吐いちまったのか~~っ!?ごしゅけ~~~っ!きしゃま~~~っ!」
何でこんな落ちなんだっ!        つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金ごんを預かる。

水曜日、お休みでね、で、朝のお散歩で、金ごんと遊び、そのまま預かる事となりやして、そりゃ~~もう大騒ぎ。
お散歩から帰って、五頭を風呂に入れ、ブローして、朝飯。小学校の給食時間より大変だ。
ちょいとひと休みして、ごしゅけ様達の御飯がね~んで、ペットのコジマへ連れてった。これがまたまた、大変でね~。ジャックが五頭居るとどうなるかって~と筆舌に尽し難い。
御存じかどうかは知らねども、東京は環状七号線、通称環七、此れを渡ろうって~~んだから、アビーロードを渡っている御存知4人組よりも目立つ。
ジーちゃん、左腕一本でこやつ等を操り、右腕には、三頭分のドッグフード3kg×3個をぶら下げて、フラフラ歩くといった体。
午後は、この姿がそのまま柴又の門前参道にあったと思いね~。オマケにくめが加わって、計6頭。弟はくめしか引かず、参道は大騒ぎ。写真など撮る余裕など全く無し。観光客が、代わりにバチバチとシャッターを切っていた。
「好いもの見させて頂いた。」な~~んて声を掛けられたりした。
夕方、我が家に辿り着き、ワシもこの子達も超脱力状態で、スケベソファーで金ママとごんママを待つ。
次の日も休みで、朝のお散歩で一緒になり、訊いてみた。「帰ったらどうだった?」とね。
異口同音で、「爆睡」と、答えられた。
自分も疲れるけど、この子達に平和な眠りを与えてやれて、本当に好かった。
この子達に、幸せな生活をさせる事が出来れば、其れがそっくりワシに返ってくるんだな~、否、その何十倍何百倍も返ってくるよ。
小さかったごすけが、今やごすけ家のトップに君臨し、吉松に子供を取れば、婆さんになっちまうんだぜ。すると?ワシは、ヒ~ジーちゃんになっちまうのか。      つづく。

朝のお散歩風景を捕えた写真を金ママが持っているので、データを借りられたら、掲載します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ついに吉松越えっ!

「チュッタ、おまえ~重て~~な~。」
「んじゃ~量ってみっか~?」
「ありゃりゃっ、6kg越えてんぞ~。」
骨格も越えて体重まで超えた。正直、ごすけさんより身体は長い、脚が長いので、背も高い。子供だと分かるのは、その動き、その声。
やはり一番好きなのは、ジーちゃんの手を噛む事。チュッタに訊いてみた。「チュッタ~、お前、ワシを幸せにしにきたのか手を咬みに来たのか、どっちだよ~?」ってね。
返事はしなかったが、只管ワシの手を咬み続けた。

Ca3h0635_r

Ca3h0632_r

Ca3h0633_r

Ca3h0634_r
霧の朝は晴れて暑くなる。その通り。初夏でしたね~。
五頭を引くのに、ヒーヒー言っちゃってたが、チュッタが大きくなった為、普段の三頭でも大変だ。其の為、リードを持った儘の撮影が困難よ。     つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優待セールが終わって・・・・・

疲れたよ。強制残業の日々。たかが一時間でも、総てを一人でやっているワシにとっては、総てが一時間押しになってしまう。
削る時間が無いのに、またまた一時間無くなってしまう。チュッタが増えた為、時間が更に無い。総ては自己責任か?
忙しい最中、ウンピの御片付け掃除洗濯、嫌じゃない。五頭が爆発していた時と比べれば、何の苦労も無い。楽しい。

本日のチュッタ~~~~ッ!
一丁前に吠えるんだ。一人にすると遠吠えもする。
昨日から仕事に出掛ける時に、ごしゅけ達と一緒に部屋で自由にさせている。ウンピチーは覚悟の上でね。
それが何とっ、本日帰宅するとチュッタが居ない。まさかと思い二階に上がったら・・・・スケベソファーのクッションの上で寝てやがった。
本当に二階に上がれるのか信じられなかったので、一旦下に降ろし、二階から呼んでみた。
上がって来ちゃった。くめ以上の身体能力。油断も隙も無い。
ワシが寝る部屋には、絶対に入れんよ。まだおトイレの躾が出来てないよ~ん。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優待セールが終わって・・・・・

疲れたよ。強制残業の日々。たかが一時間でも、総てを一人でやっているワシにとっては、総てが一時間押しになってしまう。
削る時間が無いのに、またまた一時間無くなってしまう。チュッタが増えた為、時間が更に無い。総ては自己責任か?
忙しい最中、ウンピの御片付け掃除洗濯、嫌じゃない。五頭が爆発していた時と比べれば、何の苦労も無い。楽しい。

本日のチュッタ~~~~ッ!
一丁前に吠えるんだ。一人にすると遠吠えもする。
昨日から仕事に出掛ける時に、ごしゅけ達と一緒に部屋で自由にさせている。ウンピチーは覚悟の上でね。
それが何とっ、本日帰宅するとチュッタが居ない。まさかと思い二階に上がったら・・・・スケベソファーのクッションの上で寝てやがった。
本当に二階に上がれるのか信じられなかったので、一旦下に降ろし、二階から呼んでみた。
上がって来ちゃった。くめ以上の身体能力。油断も隙も無い。
ワシが寝る部屋には、絶対に入れんよ。まだおトイレの躾が出来てないよ~ん。    つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

寝ますっ!

お休みでしたが、4時に起きても予定を熟すのが精一杯。中でも時間を割くのは、勿論ごちけ様と吉松とのひと時。これが在ったればこそのワシの命。親子三代で町や公園をうろつく事が、命の洗濯となる訳ね。
因って、お昼寝の時間は少なく、疲れ果て只々眠い。
寝ます。      つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジーちゃん、またまた負傷流血。

折角のお休みだというのに、雨ではテンションが下がるのはワシだけではない。足下のごちけ吉松も同じ事。
昨日とうって変わって肌寒く暗い。お散歩に行かない訳にはいかず、三人でトボトボと出掛けた。
帰って来て、朝御飯を食べ、区から来ていた案内葉書を持ち獣医さんの所へ出発した。狂犬病の予防注射ね。それとは別にごちけのワクチンもあるんで、またまた散財よ。
ワクチンを先にすると、狂犬病注射まで日を開けなければならないが、狂犬病注射を先にすれば、次の注射まで2週間ですむ。
前日には、ごんが去勢の為の検査で、くめは弟に連れられて病院へ来ていたという。先生が言うには、「本当にジャックとは思えないぐらい大人しい子たちだ。」そうな。
確かに、ごちけの子供達は無駄吠えはしない。人に対し常に尻尾を振り、他のどんなワンコが居ても、常に低姿勢でお友達になろうとする。相手が警戒しようが威嚇しようが凹まない、呼応しない。人間に例えるならば、「いつもニコニコ笑っている。」「朗らか」。悪く言って、「能天気」。喧嘩になり様がないのよ。
ヨチヨチ歩きの頃から、玄関に置かれたゲージの中で訪問客に可愛がられ、人は皆、自分たちを可愛がってくれる生き物なのだと思い込んでいる。
とにかく人が好き。知っている人が来れば、チーしちゃう。
数々のジャックを見てきている獣医さんに、「好い仔」と言わしめるのだから、好い子達なのだ。
特に吉松は、その中でもピカイチに優しく、初めて出逢うワンコに対しても必ず匍匐前進。しかもお尻ごと尻尾を振っている。
これで警戒するような犬は、よほどの駄目犬か、躾がなっていない奴だ。それほど低姿勢なのよ。ごちけもそうだ。
ワシの下にやって来てから、ごちけが逆毛を立てるのを見た事が無い。本気で怒った事が無いの。

優しい吉松が、ことくめにだけは駄目なのね。今日もやらかしちまった。
ジーちゃん、くめを可愛がりたいので、実家の駐車場にごちけ吉松を残して、一人で先ずくめを可愛がり、くめが落ち着いてから吉松を連れて来た。
くめの姿を見るや、抱かれていた吉松の背中に逆毛がサ~~っと立ち、一触即発。一喝で落ち着いたので、ベランダに下ろすや・・・・・・
猛獣と化した吉松の顎をくめから外すのは、そりゃ~大変。
右手親指の付け根を、「ガブッ!」と噛まれ、ジーちゃん、親指の付け根甲側と肉球側を大型ホッチキッスで挟まれた様な傷。歯でかまれた穴ではなく、裂けた傷。流血。
傷そのものはあまり痛くはないけれど、万力で一瞬にして挟まれた様な打撲痛。
それよりも何よりも、吉松を叱らなければならない心の方が、傷なんかよりず~~~~っと痛かった。
どんなに興奮していようが、飼い主の手を、傷つけてはいけません。飼い主で好かったよ。ワシ以外の人に噛み付いたら、大事だ。
今日は、罰を与えた。子供の頃に使っていたキャリアに閉じ込め、吉松一人を残し、全員部屋から退散。夕方まで反省させた。独房ね。
その後様子を見に行くと、一人蜷局を巻いて寝ていたよ。寝るしかね~んだ、こんな時は。
出してやって、「チーして。」と言ったら、ちゃ~んとチーしたよ。いつもの通り好い仔だった。
あんなに叱られたのに、ジーちゃんが好きなんだ。好きで好きで堪らないんだ。横になったジーちゃんの胸の上で寝ようとするんだよ。仕方なくではなく、安心して眠りたいんだよ。ジーちゃんに傍に居て欲しいんだよ。

ごちけは、ワシのこころ。こころが生んだ吉松は、ワシの生甲斐。吉松が、ワシの事を頼りにし、好きである以上に、ワシは吉松を愛し頼っているんだよ。
57年間生きて汚れたこころも身体も、吉松の無垢に触れると洗われるんだよ。
ごちけを抱き、泣き、吉松を抱きしめて泣く。子供の頃に流した、無垢な涙が溢れるんだよ。
テルッツが傍に居て、泣かしてくれた様に。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡に行ってまいりやした。

東京東北部のはずれのはずれ、我が棲家から東京を横断し、神奈川方面に抜けるのは大変なのよ。名だたる渋滞の名所「箱崎」を経由しなければならないから。
ここはね、都心に入る関所みたいな所、東北、常磐、京葉、臨海方面からの車が、集中する場所なの。
平日の朝、此処を通過しようと思ったら、遅くても6時前には、通っておきたい。つまり、それより大分前に家を出なければならないのね。
昨日からのごちけの事情が事情だけに、ごちけの居る玄関で毛布に包まって寝やしたよ。ゲージから飛び出して来れば、「外へ・・・」の合図なので。
で、22:00頃消灯。寝ていると、ごちけが飛び出して来てね~・・・でも、外に行きたいのではなく、ワシの毛布に入りたかったのね。コワッパ共が寝てしまえば、ワシに甘えに来るのよ。
ごちけを抱き寄せて寝ていた心算の24:00過ぎ、何やら不穏な動きが。
頻りにオチリを気にして舐めるごちけ君。見れば、ちびってるのよ。可哀そうに。
「そんな事しなくて好いから、外に行こうっ。ごしゅけ。」と言っても、その行為を止めないの。
お漏らしはいけないと分かっているから、漏らせないのね。ごちけの気持ちがよく分かる。実に健気。
でも、お漏らしは防げず、ワシの毛布に「ビチッ」って出しちゃった。済まなそうなごちけを宥めて、外に連れ出し、思いっきり出させて上げました。
そんなこんながあった朝、静岡に向けて出発と相成りやした。
人の整腸剤を量を減らして上げて好いと聴いたので、それも効果があって、大分良くなりやした。
子供達の下の処理を、一手に引き受けているのだから、下痢になるのは当然なのよ。
静岡に向ったのは、コワッパ共の尻尾を切る為でした。生後なるべく早い方が負担にならないとの事、で、ブリーダーさんに託す事になったのよ。
なれた人は忽ちやってのける。ごちけのパイパイ傷つけない様に、子供達の爪を切り、尻尾を切り、弟に、「ちょっと尻尾押さえてて。」って軽く止血するだけよ。
速攻で完了し、ごちけの爪も切って貰った。子供達を爪で傷つけない為にね。
疲れました。暑かったから。真夏の様でした。
これで、成長過程で尻尾は自然と馴染んで、ごちけそっくりになりやしょう。     つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お休みでしたよ、お休みでしたっけ?

現在、20:39。ごちけ君は、いつもの通りワシの後ろで、気持ち好さげに寝ているよ。これが平穏な毎日の、いつもの夜だ。
忙しい合間をぬって、テルッツのお姉ちゃんと妹が家族を連れ立って来てくれた。折しも8月15日、お盆も送る日になっていた。
テルッツは、三人姉妹の真ん中だ。自分じゃ、「損だ損だ、真ん中は損だ。」と言っていたのを思い出す。そ~なのかな~?
午後の訪問と聴いていたので、午前中に用事を片付けた。お昼は、隣の伯母の所で、お盆集会の食事、それに伴いやって来た母親と弟、弟を運転手代りに使い、弟の車で、銀行廻り、買い物を済ませたよ。暑かった為に、ごちけ君は伯母の所でお留守番。
此処で、人が増えた中のごちけ君、居眠りも出来ず、えっ否、ちょっとしてたけど。入れ替わりにお線香を上げに来てくれた、お姉ちゃん達。またまた、人が増えた中のごちけ君、御接待に忙しく、居眠りも出来ず、否、一階に下ろしたら、寝てたわ~。
ワシとごちけのいつものお休みではないお休みは、慌ただしく過ぎて行ったのよ。
夕飯が終わり、後片付けをし、明日の準備をして、二階のエアコンを入れて、涼しくなった頃合いに、ごちけを連れて上がって来た。
「遊んでくれよ~っ。」と何かを咥えて来るごちけ君、今日はそれが無い。人疲れしちゃったのね。
それに、急に大人しくなってしまった。あれ程引っ掻き回すのが好きだったごちけ君。
知り合いの飼い主さんから、異口同音で「落ち着いちゃった。」と言われてる。皆、子供の頃からごちけ君を知っている方々なので。
確かに、言われてみれば、静かになったかな?夏バテかと思ってたよ。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

え~遅番です。直ぐにでも寝たいのですが、帰ってからする事は、いつもと同じ。

帰宅すると、22:00にもうちょい。これで、帰ってからのする事は、早番だろうが遅番だろうが、する事は一緒なのよ。だから、寝るのが遅くなっちまうんで~。
幸い今日は、伯母がごちけ君を、夜寝る前のチーに連れ出してくれていたので、その時間は省ける。有難い。ごちけ君、序にポットンもしたそうな。
明日も遅番なんで、朝の時間は余裕だけれど、起きるまでの時間が欲しい。陽が登ったら、ごちけには辛いので。
さっ、寝ましょ。短い時間だけれど、ごちけと一緒に眠れる幸せ。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

心と体 | 恋愛