« 三年振りの感触。 | トップページ | 9月26日最新情報。 »

9月22日に日付が変わったら。

吉松を抱き上げ、部屋の明かりを消した。寝床へ吉松を優しく降ろし、添い寝してお腹を撫でた。ごしゅけ様とチュッタは、既に床に居る。
その時だ、吉松の大きくなったお腹に、微かな胎動を感じた。
出産まで、まだ十日余りあるって~のに、涙が溢れだした。
ごしゅけ様の時は、不安だらけで、ごんの頭が出て来るまでは、泣けなかった。
吉松は特別だ。周りの人達からも言われている。「吉松を呼ぶ時の声は、ごすけ達と違うっ!」ってね。自分でもわかってら~な、そんな事。
吉松は、可愛い可愛いワシのお嫁さんなんだよ。自分の子供が生まれる様な気分なんだ。
現在、この世に生息する数多の生き物の中で、ワシにとっては一番可愛らしい。吉松。
堪らなく可愛らしく、堪らなく愛おしい、吉松。
大きくなったお腹をもてあまし、苦しそうに横になっている吉松。ワシには、優しく撫でて上げる事しか出来ね~んだ。
寝息を立てるまで、優しく優しく撫でてやるんだ。テルッツが生理痛で苦しんでいた時の様に。
つづく。

|

« 三年振りの感触。 | トップページ | 9月26日最新情報。 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/67604212

この記事へのトラックバック一覧です: 9月22日に日付が変わったら。:

« 三年振りの感触。 | トップページ | 9月26日最新情報。 »