« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

FCバルセロナの崩壊とごすけの花見。

ごしゅけ様達のお友達に、久し振りに遭遇。「家の吉之助は、ボール遊びしないから・・・」と言われ、サッカーボールを頂いた。新品。ブランニュー。
これはこれは、ごしゅけ様の大好物。ワシが小脇に抱えるや否や、「蹴ってくで~~っ!」の表情。何を置いても広場に急ごうとする。
リードを外し「待てっ!」の姿勢を勝手にする。蹴りましたね~、ガツンっとね。
日頃、ボールに興味を示さない吉松でさえ、追いかけた。当然チュッタも。キャンキャン言っちゃってね~。い~~~や、ガルガルかな?

Ca3h0645_r
たったの15分追いかけただけなのに、この始末。サッカーを始めた少年が、高校のクラブまで、リフティングの練習で使い続けたとしても、此処までは痛まないぜ。
可愛そうなFCバルセロナ。満足げなチュッタ。
ボールは困難だけど、尊い犠牲のお蔭で、チュッタに「待てっ!」の意味を分からせる事が出来やした。

Ca3h0646_r
桜を鑑賞し何を思う?ごしゅけ様。お前の背中は、大きい。将に肝っ玉母さんなのよ。   つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二週間ぶりにPCの蓋を開けた・・・・

Ca3h0638_r
仕事から帰宅して、玄関を開ければ・・・・

Ca3h0636_r

Ca3h0637_rワシは、毎日掃除する。

Ca3h0639_r
お休みは、おやすみよ。

Ca3h0640_r
吉松の熱い口づけを見よ。

Ca3h0641_r

Ca3h0642_r

Ca3h0643_r

Ca3h0644_r二週間振りにPCの蓋を開けた。もう桜も咲いたんだな~。帰宅しても明るいよ。早ければね。ここんとこ残業続きで、帰ったら寝るって~生活よ。ひとり欠員で更に残業はつづく。
つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ついに吉松越えっ!

「チュッタ、おまえ~重て~~な~。」
「んじゃ~量ってみっか~?」
「ありゃりゃっ、6kg越えてんぞ~。」
骨格も越えて体重まで超えた。正直、ごすけさんより身体は長い、脚が長いので、背も高い。子供だと分かるのは、その動き、その声。
やはり一番好きなのは、ジーちゃんの手を噛む事。チュッタに訊いてみた。「チュッタ~、お前、ワシを幸せにしにきたのか手を咬みに来たのか、どっちだよ~?」ってね。
返事はしなかったが、只管ワシの手を咬み続けた。

Ca3h0635_r

Ca3h0632_r

Ca3h0633_r

Ca3h0634_r
霧の朝は晴れて暑くなる。その通り。初夏でしたね~。
五頭を引くのに、ヒーヒー言っちゃってたが、チュッタが大きくなった為、普段の三頭でも大変だ。其の為、リードを持った儘の撮影が困難よ。     つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた預かっちゃいました。

Ca3h0627_r

Ca3h0628_r

Ca3h0629_r

Ca3h0630_r

Ca3h0631_r
ワシの膝の上でめる為には、抽選に勝たねばならない。うそ。一番甘えん坊が載るのです。
この時のオシルネでテルッツの夢を見た。相変わらず可愛らしかった。目覚めた時に泣かなかった。初めてだ。この子達が、泣かせてくれないのだ。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金が来たっ!part3。えっ!ごんも。

Ca3h0615_r_2
毎度お馴染みの体。テレビの地上デジタルケーブルを完全に食い千切られてしまったので、現在衛星放送しか見られません。

Ca3h0616_r
昨日、朝のお散歩で、ごんママ金ママに遭った。で、預かる事に。お散歩から帰って来た玄関の図。

Ca3h0617_r朝食後の御寛ぎの図。頭に乗るなっつ~~の。チュッタっ!

Ca3h0618_rだから、頭に乗るなっつ~~のっ!

Ca3h0619_r_3御寛ぎの後、近所のアンジュのお家へ出掛けたよ。

Ca3h0620_r収集つかず。

Ca3h0621_r柴又に出掛けたね~。ベランダで寛いだのは、ワシ。

Ca3h0622_r帝釈天参道を、例に因って闊歩した後、矢切の渡しに。収集つかず。

Ca3h0623_rリードがロープになっちまう。収集つかず。

Ca3h0624_rその夜、金を返し、ごんママを待っている図。

Ca3h0625_r
5頭のジャック、否、くめも含めて6頭のジャックをこうなるまで疲れさせるのは大変だ。一番クタクタなのはジーちゃんなのよ。
この画が欲しくって、一生懸命一緒に遊ぶ。この画に、不幸の欠片も無い。幸せの時。
今晩も、3頭ではあるが、同じ画になってます。
この子達がくれた幸せ。テルッツが、未だに送り続けてくれている幸せ。
此の世に、幸せに涙出来る人って、何人ぐらい居るんだろうか?     つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »