« 人間の子供だってそうだけど・・・・ | トップページ | 本日のチュッタ~~~ッ! »

歳は取りたくね~な~っ!part7だったか8だったか?

先日58歳の誕生日に、このジーちゃん、免許証の更新に行ったと思いね~。予てより視力が落ちていたので、眼鏡無しの運転なんか出来ね~よ。そこで、検査官さんに「眼鏡使用でお願いします。」と言ったのよ。「先ずは、裸眼で検査します。」だっつ~のよ。
覗き込んだは好いが、「じぇ~じぇん見えません。」で、「じゃ、眼鏡して。」ってな訳でまたまた覗き込んだ。
見る見える・・・・・な訳きゃ~~~ね~よ。「右っ!」って言ったら、「えっ?」なんて言われちゃって、感を頼りに「下っ!」って言ったら、此れが当たって、「よしっOK。」で、ギリギリ通過よ。危ね~危ね~。
で、今、眼鏡無しで更新してるんだけど、これがPCのディスプレイが良く見えね~。この二週間ぐらいで、ガクッと視力が落ちたよ。ついこないだまで、こんな事は無かったもの。
ほんと、歳は取りたくね~な~。part7だったか8だったか?

試験場でのオマケの話。
8:30の受付開始だけど、列の後ろじゃ嫌だから、早く出掛けて8:00頃並んだ。ワシの前には、オッサンが一人。ま~オッサンよ。ワシよりオッサン。
黒のニット帽でジーンズ(オッサンはジーパンの方が好いかな?)。チェックの紺色のシャツに。此れもまたオッサン臭いダウンベスト。
ワシは、最中しか見えないけど、「こんな恰好は、死んでもしね~よっ!」と、心の中で思ったね~。
それがこのオッサン、ちょいと出て来た係官の説明の時に振り返ったと思いね~。何とっ!知った顔だった。
國村隼よ。古くは、難波金融道の浦切さん、新しくは剣客商売の田沼意次ね。ま~っ、オッサン。
その後、二時間もある講習を仲良く受けました。仲良くってね~、口をきいた訳じゃ~ありやせん。

本日のチュッタ~~~~~ッ!
腰の下から膝近くまである長~~~~~~い傷口の糸を半分だけ抜糸。傷口は綺麗。この分なら、後は残らないでしょ。ワシなんか、吉松に噛まれた傷が、一生残るのに。仔犬の自己修復力は凄いっ!
午後のお散歩の途中に寄ったので、ごしゅけ様も吉松も一緒。これがね~・・・・・吉松の悋気の炎が燃え上がる。
幼気な子が怪我をしていれば、誰でも労わりを込めて優しく抱き上げる。口で労わりの言葉を発するよりも、何より心も態度もそうなってしまう。それを感じてしまう勘の鋭い吉まっちゅ~~~っ。悲しいかな、犬には労わりの心が判別出来ない。本気で吠えまくっっちゃった。
結果、ジーちゃんに叱られる羽目に。
取り上げられて、母親と別れる事も無い、ワシと離れ離れになる事もなく、純正培養温室育ちの吉松は、ジーちゃんが命より大事。だからこそワシのお嫁さんになっているのだ。しょうがない。
二頭を待合室から連れ出し、外に繋いでワシだけ入った。とてもじゃね~が、ワシがチュッタを抱く姿なんざ~、金輪際見せられね~ってもんだぜ。
吉松が、興奮の余り気が変になっちまうわ~。

お散歩から帰り、綺麗にし、晩御飯を食べて、更新に苦戦するワシの足元の炬燵の中で寝ているごしゅけ様と吉松。暑くなると、時々布団から上半身だけ出して涼んでは、再び炬燵に入るを繰り返す。
寝る時間にワシに呼ばれて、ワシの隣に寝そべって、歳の差57歳の夫婦は、熱いくちづけと抱擁を重ねるのさ。
「ジーちゃん、歳なんだっから、身がもたね~よ。吉まっちゅっ。」と言ったって、益々熱い若い嫁。
「鼻の穴の中に、舌を突っ込むのは止めてくで~~っ!ジーちゃん、呼吸が出来ね~よ。死んじゃうよ~。」
吉松が、命懸けで愛してくれているのが分かるから、吉松の好きなようにさせている。ジーちゃんは、みんなを公平に、分け隔て無く、貧弱な命だけれど、その総てを懸けている。こんな命、幾らでもくれてやら~っ!お前たちならね。      つづく。

オマケ。好かった~~~、長い文章が飛ばされなくって。

|

« 人間の子供だってそうだけど・・・・ | トップページ | 本日のチュッタ~~~ッ! »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/58157004

この記事へのトラックバック一覧です: 歳は取りたくね~な~っ!part7だったか8だったか?:

« 人間の子供だってそうだけど・・・・ | トップページ | 本日のチュッタ~~~ッ! »