« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

西瓜を喰らう。

Ca3h0513_r

Ca3h0514_r

Ca3h0515_r
尾花沢西瓜が届きやした。結構前に頼んで置いたんだよ。梅雨明けのカ~~~ッと暑い日に来ましたよ。でかくて重たい。箱から出してみたら、ボールと勘違いして絡もうとしたんだけど、重たくてどうにもならず、只々舐め回すのみ。
一晩冷やした西瓜を喰らう。その甘さにクリビッツっ!皮の近くまで甘かったので、それをごちけ達に上げたら、ペロペロいつまでも舐めてやした。
御裾分けしたから、残りは僅か。net通販も割とバカにならんのよ。
但し、一度頼むと、次から次へと商品を紹介してくるんだな~。どれもこれも旨そうで。新たなブランド西瓜が紹介されてたな~、6000円の西瓜は買えんぞ。

久々の本日の吉まっちゅ~~~っ!
ピークで御座います。女の子がね。ワシのパンツは血まみれです。シーツも枕もですぜ。動きまくって寝るからよ。
しかし、何とも言えず可愛らしい。丁度受胎可能日に当たっているのか、何処で教わって来たのやら、男の子を焦らす仕草をする様になった。
ジーちゃん涙涙。
吉松にも子供を取ろうと考えました。母親になる喜びを知って貰いたい。
ごちけ様は、今日避妊手術受ける検査に行って参りやした。検査料16000円。痛い。
手術費用50000円弱。痛い。
ごちけ様は、その使命を十二分に発揮してくれた。もう苦しい思いはさせたくない。後はこのお父さんと静かに暮らして行くんだよ。そして、ごちけ婆ちゃんになるんだよ。
最高の五頭を生んでくれた。ワシは、これ以上のジャックに未だお目にかかったことは無い。
ごちけの五頭の子供達は、ジャックのイメージを変える子なのだ。

別冊。今朝一緒に遊んで居たラブの小春がごちけの玩具の「ピッピちゃん」を誤って飲み込んでしまいました。病院で一緒になり、吐く薬を注射されても吐けず、結局内視鏡で取り除けました。好かった。ごちけの玩具だけに心配でした。
こちらも費用が心配ですよ。     つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日。

Ca3h0508_r_2

Ca3h0509_r_2日の出が、僅かづつ遅くなってまいりました。

Ca3h0510_r_3

Ca3h0511_r_2

Ca3h0512_r_2ビショビショの吉松。黒ラブのクレア、小春、ちっちぇ~のが金。
23日でしたから、ケーキじゃないよ、カステラだよ。ミートソースが食べたかったのさ。   つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての経験なんだよね、吉まっちゅ~~~っ!かったるいんだね。

いつもと違う吉まっちゅ~~~っ。かったるそうだ、シ常に。ワシが帰宅して燥ぐけど、長続きしない。食欲はある。相変わらずごしゅけ様はお世話する。しかし、お世話が間に合わず、色々汚れてしまう。人間でいう所の「二日目」?。
可哀そうに自分の身体で何が起こっているのかを知らない吉松。
ごちけのお世話もワシがした。入院中のテルッツのお世話だってワシがした。
吉松のお世話ぐらい、ワシには軽いもんよ。
何とお世話の楽しい事かっ!拭き拭き。     つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆高原より画像データが送られて参りました。

おトイレを覗きに来る吉松。風呂を覗きに来る吉松。誘えば入る吉松。ワシの行動に必ず付いて回る吉松。それら総てに、保護者として付いているごちけ様。
これがワシの休日だ。

数日前に送られてきた画像データを整理する時間がやっと出来たので掲載します。
赤は御存じごしゅけ様、ピンクが吉松、白はくめ、青がごんです。Img301_r

Img303_r_2

Img304_r

Img305_r

Img306_r

Img307

Img302_r_2
この吉松のオマタを拭いてあげるのが、ジーちゃんの楽しみなのよ。超~~~~っ可愛らしんだな~。

オマケ。画像の中でミントグリーンパンツを穿いている奴がワシじゃっ。    つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

稚子を見に行く。

6月23日、甥っ子のところに子供が生まれた。女の子なのに名前は、「ごすけ」。嘘です。
「柑菜」といいます。

Ca3h0506_r人間の稚子を見るのは初めてのごちけ様と吉松。その匂い、その動き、その声、総てに興味を持った様子。

Ca3h0507_rワシは、この子を抱きたかったんだよ~。でも、抱き上げた瞬間に、吉松の攻撃対象になっちまうんで遠慮した。

益々血っ血~が出る様になった吉松。ワシの服も汚れるけど、全然気にならん。可愛らしい。
吉松は、ちょいと変わっていて、ワシの歯を舐めるのよ。而も念入りに。此処まではくめもそう。吉松はその先に、鼻の穴に舌を入れる。これが好きなんだな~。
ごちけ様も吉松もオマタを綺麗にしてからワシを舐めるんだな~。
特に吉松は、ワシを倒してワシに載って、舐めるんだな~。ジーちゃん、吉松に逆らえないんだな~。     つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その後の吉まっちゅ~~~っ!と、素晴らしい母親。

ごちけ様が女の子の時に、吉まっちゅ~~~っは何が起こっているやら分からなかった。子供だったからだ。
此処に来て吉松に来るものが来て、その母親は・・・・・・
これがなんと実に素晴らしいっ!当のごちけ様は、布団と言わずシーツと言わず床やラグに至るまで、タラタラと跡が付いている。ワシがティッシュを持って追いかけていた。
いよいよ量の増えて来た吉松だが、一緒に寝ている布団が汚れていない。勿論床もラグも汚れていない。
ごちけと吉松は常に近くに居る。近くに居る母親であればこそ、本人より先に臭いを察知し舐めてお世話するのだ。寝ていて気が付かない吉松のオマタの世話を甲斐甲斐しくしているのだ。素晴しい母親振り。甘えっ放しの吉松。それを見て涙ぐむワシ。
何度でも言う。この世は女で出来上がっている。女無しの世界などあり得ない。性を持つ生物であれば、例外は無い。女の情の暖かさ。本当に素晴らしい。
男の力の無さ、役立たずさをつくづく感じてしまう。
ワシも例外なく情けない独り者のエロジーちゃん。あ~~~。ごちけ様と吉松無しでは、生きていけない。只々、手を合わせるのだ。特に吉松のオマタに。     つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついにやって参りました、デカした吉松。

来そうな雰囲気は充分だったのよ、吉まっちゅ~~~っ。漸く女の子になりやした。
お買い物の途中、車の中でワシの紺と白のボーダーのポロシャツの白い部分が汚れてたので、吉松のオマタを確認してみると・・・・・プックリと大きくなったオマタの先っちょがカバカバになっていた。
可愛らしいっ!吉まっちゅ~~~っ!
その前から気にはなっていたんだよ。ごちけ様もね。盛んに吉松のオマタをお世話していたから。
ジーちゃん嬉しいよ。ワシが好いお婿さんを探してやる。吉松は、絶対優しいママになれる。兄妹の中で、一番優しい舐め方をするんだよ。
その吉松は、ワシの足元で眠っている。ワシが動けばついて来る。なるべく動かない様にしているよ。
一日ワシに付き合って、疲れちゃったんだ。
ごしゅけ様は、好いバーチャンに成れそうだ。

今日はワシの病院だったので、実家に寄った。朝のお散歩でバテてしまったごしゅけ様と吉松は我が家に寝かせて置いて、一人でくめを抱きに行った。
くめが、此れがまた好い仔。コイツも舐める。一時間でも舐め続ける。好い母親になれる。ごしゅけ様は、本当に好い子達を産んでくれた。
ごしゅけ教教祖の様になっている。テルッツに手を合わせると同時に、ごしゅけ様にも手を合わせている。     つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

現在、吉松のオマタを観察中。ひょっとして~?

待ち草臥れて、半ば怒っちゃって、噛んだりして暴れた後、本当に草臥れて、ワシの横で倒れている吉松。
無抵抗でされるがままの吉松を、大股開きにして、まじまじとオマタを観察してみると・・・・
なんとな~く、プックリして来たぞ。女の子の前の様な気がする。
ごちけ様で何度も経験しているし、くめもそうだった。女の子に敏感なジーちゃん。
吉松に来るものが来れば、大人になる。大人になれば、ジーちゃんのお嫁さんになれる。いっしっしっ。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉松未だ大人になれず。しかし、チョーカーを外す。

赤いチョーカーが良く似合う吉まっちゅ~~~っ。トレードマークになっていた。
リードをグイグイ引っ張る事が少なくなって来たので、チョーカーを外そうかな?と思っていた。
ごちけ様と吉松の御飯のふりかけを買に行った序に、ごちけ様と同じ赤いハーネスを買って来た。
思えば、ごちけ様は、チョーカーを外したのはもっと早かった気がする。ごちけ様のお散歩訓練たるや、厳しかった。シ常に。
働いていなかったワシは、一日中暇だった為、略24時間躾が出来た。物覚えの早かったごちけ様は、同じ事を4~5回繰り返せば、直ぐに理解してくれた。チョーカーを外すと同時に、ゲージも取り払ったよ。我が家の中を、自由に動き回る事を許可されたのよ。

ふりかけだけを買おうと思っていたのに、結局オヤツやらをどっと買い込んでしまった。買い物から帰り、午後のお散歩で早速ハーネスdebutとなりやした。
このお散歩は、2時過ぎに家を出て、返って来たのが5時前だった。玄関に入るや、倒れ込むごちけ様と吉松。
脚を洗って、御飯を食べさせて(ふりかけがかかってます。)、「上に行きなっ。」と言ったら、二階に上がって寝ちゃったよ。
今も更新中のワシの傍で、横向きに倒れたままじゃ。
台風が来るので、貴重なお散歩だった。
ごちけ様と吉松が草臥れて寝ている姿が、ワシにとって一番和む瞬間。ワシの方がかなり草臥れてるんだよ。でもそれは、身体だけが草臥れているだけ。何とも言えぬ眠気に襲われてくる。何の不安も蟠りも無い、静かな眠気。
布団に入り、朝方吉松に舐められるまで、夢の中にいるんだよ。これでこそ休日というもんだ。     つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

晴れ間があったので、現場検証。

Ca3h0503_rこのこんもりとしたブッシュが、ウサギの生息しているところ。
公園に足を踏み入れた瞬間から、この親子は此処を目差す。
足下が比較的良くなっていたので、現場検証に行ってみた。やっぱり、ウサギの気配を感じてか、興奮する事仕切り。
現場を確認して、一応納得したのか、この後お休みで一杯のBBQ広場の人達に弄って貰った。遊びも納得。
ごちけ様、「この子は頭が良いんですね。」の一言に、御満悦。     つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くめを抱きたかったんだよ。

くめを抱きたくって、実家に行った。弟が丁度出掛ける時で、出掛けた後、くめと二人っきりでいた。その間、ず~~~~っとワシの口を舐めていた。時々自分のオマタを手入れしながら、ワシの口も舐めるといった具合だ。
弟のバイクの音がするまでの小一時間、ず~~~~っと舐めていた。
くめは、頭が良い。シ常に良い。幼かった頃から、ゲージを抜け出す事が出来たのは、くめだけだった。細身で身体能力が非常に高い。それでいて可愛らしい。頭蓋骨の形が、ごちけ君に一番似ている。ただ、嬉チーをしちゃうんだな~。

Ca3h0500_r柴又の土手下には、山田洋二ミュージアムと寅さん記念館が向かい合って建っている。

Ca3h0501_rその何方にも入れない二人。
Ca3h0502_r雨上がりでグチャグチャの土手を見つめる二人。
そろそろ、吉松のチョーカーを止めにしようかと思う。debut当時と比べれば、大分落ち着いて散歩が出来る様になったからね。
くめを抱いた後は、疑り深い古女房になっちまうんだな~これが。クンクン嗅ぎ回るんだよ、ワシの身体を。逆毛立てて吠えたりもする。でも、お嫁さんにしたい。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと来た来たやっと来た。連休じゃ~っ!

連休じゃ。お掃除じゃ。家中ごちけ様と吉まっちゅ~~~っの毛だらけ。大分落ち着いて来たとはいえ、其処彼処でブルブルってやっちゃうから、毛が舞うの。而も、抱いちゃうでしょ、ごちけ様と吉まっちゅ~~~をね。服も毛だらけよ。
お休みったって、する事が一杯あるんで、それれを熟すと終わり。時間下さいな。
時間が無いのは、ごちけ様と吉まっちゅ~~に割いているからで、それはそれで問題は無い。ついついふたりと遊んでしまうから、時間が無い。
遊び疲れて、ワシより先に寝てしまう。その姿を見れば、ワシのこころは、充実感で一杯になる。
腹を出して寝ているごちけ様のビーチクを触りでもすりゃ~、更に和むってもんで~。

お休みの間、更新出来るような内容に恵まれれば好いのだが。

このジーちゃん、またまた美人さんとお知り合いになりやした。ってか、このエロジジイは、綺麗な人にしか声を掛けんのよ。
ブログも動画も見てくれたそうな。有難い事で御座います。     つづく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

とにかく時間無し。

時間くれ~~~~っ!

Ca3h0499_r実に久し振りに朝日を拝めました。
梅雨時に有難かった。以上。     つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »