« 話題無し。part2 | トップページ | お天道様と牡丹餅は有難いについての考察。 »

ごちけの轍を踏む。

縁あって、ごちけが我が家にやって来て、目出度く公園お散歩debutした時は、奇しくも今日の様な風の強い日だったのを憶えている。
池は波立ち、護岸に水が跳ね上がっていた。
子供だったごちけは、波を生き物の様に吠えまくり、飛び掛かろうとしては腰が引けていた。
吉松は、ごちけのDNAを確実に受け継いでいるんだな~。♀だけが受け継ぐミトコンドリアDNAはそっくり受け継がれたんだな~。
Ca3h0428_r_2 波に吠えまくる吉松。その動きその吠え方その気の強さ、総てごちけそっくり。
Ca3h0429_r吉松を見て、何かが甦ったのか、腰を引きつつも波を攻撃しようとするごちけ。


五人兄妹の中で、一番優しい吉松。只、順位争いを経験しているので、その闘争心たるや、半端無い。昨日も今日もくめと本気の喧嘩で、一歩も引こうとしない。

ワシの膝の上がごちけより大好きな・・・・・・・あれっ!ごんが来たっ。

では、ごんと遊ばせるのでこの辺で。    つづく。

|

« 話題無し。part2 | トップページ | お天道様と牡丹餅は有難いについての考察。 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/55424008

この記事へのトラックバック一覧です: ごちけの轍を踏む。:

« 話題無し。part2 | トップページ | お天道様と牡丹餅は有難いについての考察。 »