« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

ズル剥けごちけ君。

いや~抜ける抜ける。毛の生え替り時季とはいえ物凄い。既に一頭分は抜けている。尻尾の生え際、ツ~ケ~周りは酷い。
以前の様なアレルギーじゃないから、痒がったり噛み潰したりしてないけど。
Ca3h0113_r
木漏れ日のテルッツのテーブル。お散歩がゆっくり回れると、どうしても寄ってしまう。
Ca3h0114_r
家に辿り着くと必ずこんな表情なのよ。
Ca3h0115_r
枝を咥えていれば、満足げな表情になる。
お散歩から帰って、ごちけはスヤスヤ。その間に部屋掃除を済ませた。拭き掃除も済ませ、ゆっくりとコーシーを飲んでいると、ごちけがオメザになりやした。
前足伸ばしてキュッキュ。後ろ足を片方づつ伸ばしてキュッキュ。仕上が、いつもの全身ブルブル攻撃。
これで、掃除はご破算だ。    つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マッ〇シェイクを冷凍庫に仕舞い忘れたら・・・・についての考察。

会社の帰り道、サラダ用の野菜が無かったので、パースーに寄った。キュウリが安くなって来たね~。トマトも豊富にあるね~。レタスは高いよ。でも購入。レタスの緑だけじゃ物足りないから、ルッコラとサンチュも買った。
ちゃんとしたサラダを出してやりたい、テルッツには。

パースーと同じ敷地内には、マッ〇がある。関西じゃマ〇ドなのよね。疲れているせいか甘い物が欲しくて、ついついフラフラと、ってか、中で並んでいた女子高生の生脚に誘われたってか、とにかくマッ〇に入って、シェイクを注文。Mサイズざんす。抹茶味は頼みませんん、バニラです。
これで、ごちけ君とふたりでペロペロ出来るじゃあ~りませんか、などとニタニタして家に着いた。
先ずは、テルッツも好きだったから、「ほんのちょっとだよ~、融けちゃうからね~。」とお断りをして、供えました。っと同時に下げちゃって、冷凍庫に。勿論風呂上りを待つ為よ。
しかし、仕事から我が家に帰って最初にする事を忘れ、って、風呂のスイッチを入れる事ね。それを忘れたもんだから、済ませる用事の順番が狂い、ついついうっかり冷凍庫のシェイクの存在を忘れてた。

話しは、この日の早朝に戻る。
目覚めると、携帯にメールが届いていた。夜の内に届くメールなんて、きっと不届きなメールにに違いないと思いながら、開いて見ると・・・・・・それは、仕事場の機械が一台壊れたとの事。これは痛い、痛すぎる。
連休中ですよ、連休中。どうやってお客様を捌くのか知らん。テンションがガタ落ちになりやした。
案の定、列が出来る程の混雑振り。「だから、連休はみなさん遊びに行きなはれっ!天気は好いし絶好よ。」などと、心の中で呟きながら・・・・・
この日、ワシは二組のお客様に、罵声を浴びせられました。内容は全く同じ、「壊れてんだったら先に言えっ!買っちまったじゃね~かよ~っ!返品だっ返品!」などと息巻かれやした。
疲れやしたよ、シ常に。
「帰りに買い物に寄った序に、マッ〇シェイクでも飲もうかな~?ごちけにも上げよっかな~。」
で、件の冷凍庫に仕舞い忘れ事件に発展したのよ。

凍ったシェイクは、堅い。ストローを刺したまま冷凍庫に在ったものだから、先ずは吸えない。第一、ストローは抜けるものの、かき混ぜられない。
現在、パフェスプーンで食べている。ごちけも同じスプーンのを舐めている。
これね~、どっかで食べた気がしたの。んで、気付きました。これは、某カップアイスの某「爽」ではないのか~?このシャギシャギッっとした触感は。
案外行ける、食べ始めはね。しかしね~、食べ終わる頃、底の部分に何やら白い色ではない部分が出て来たよ。食べてみてビックリ。エキスが固まったような、物凄く濃い味の部分でした。
試してみたい方は是非どうぞ。
本当は、ワシ、マッ〇よりバーガーキ〇グのシェイクの方が好きだった。一回日本から撤退して、返って来た時には、シェイクやってなかったよ~。ショックだった。
テルッツは、仮退院の帰り道、「バーキンに寄ってくれっ。」と言うほど、ワッパーが好きだった。その時はもう、撤退後再び返って来たお店だったけど。
因みにワシは、照り焼きワッパーが好きです。      つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すいやせん。更新らしい更新が出来やせん。

え~確か朝の散歩で写真を撮った様な気がしやすが、携帯をチェックする気にもなれません。眠たいの、シ常に。
仕事から帰って来るなり、ごちけ君の洗礼を受け、「遊んでくれよ~っ!」というリクエストに応え的な~で、眠たさに拍車が掛かる。
さりながら、遊んでやらなければ、ごちけの信頼を受けなくなってしまう。可愛らしい娘の要求に、応じない父親は居ない。
やれ洋服だのアクセサリーだの、そんな要求をされて居る訳じゃ無し、遊んでやるぐらいは、お安い御用なのじゃ。
でも眠い。      つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゴールデンウィークが始まりやしたぜ。

Ca3h0111_r
好いですね~。この感じが好いの。日向ならそよ風に吹かれて、居眠りしようが風邪なんか引きそうにない。このまま何時間でも歩いていたい、ごちけ君と。
Ca3h0112_r
上の写真の直ぐ足元には、ごちけ君が控えておるのよ。

この後、我が家に帰って、ごちけ君の毛を空いていたら、なんとっ!お座りしたまま気持ち好さそうに居眠り始めちゃった。可愛らしい。犬にも気候が好いのか知らん。

天気が好過ぎるのも考え物だ。仕事に向かう途中、高速の入り口に入りたいという気持ちが湧いてしまう。
後ろ髪を引かれる思いのまま仕事場に着くと、そこは現実の世界。ゴールデンウィークが始まれば、ワシ等にとっては、地獄の様な絵図が展開される。初日は左程でもなかったから、明日が怖いのよ。
お疲れちゃんのワシは、ごちけを抱いて夢の中・・・・・・・・・・・・つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膝の上のごちけ。

タイトル、司馬遼太郎をパクってませんぜ。
風が強かったものの好天でやした。午前と午後の散歩時間を合わせると、5時間半でした。
午前中の散歩は、まだカフェが開店していないのに、無理矢理行っちゃった。

Ca3h0107_r
テルッツのテーブルに寄れた。気持ちの好い空気になっていた。ごちけは、隣のテーブルに居たシュナウザーに気を盗られてばかり。
Ca3h0108_r
開店直後?のお店にはワシ等しかいない。
Ca3h0109_r
テーブルの上には、お洒落なワシにピッタリのお洒落なオレンジティーざんしょ。
Ca3h0110_r
膝の上にはごちけ君。ごちけの温かみを感じられる時間こそが、幸せな時間なのね。だから、お休みは素晴らしい。
ごちけ君の後頭部、心なしかすっきりしてる。ファーミネーターで空きまくったからね~。ツ~ケ~の辺りは、肌が見える程薄くなったよ。ペットショップに言わせれば、抜けてしまうような毛は、抜ける毛なので必要ないそうだ。

これもそれもあれも今ある物や幸せは、総てテルッツがくれたもの。勿論膝の上に居る奴も、テルッツがくれた。

お休みだから、ちゃ~んとご飯を作りましたよ。キーマカレイ。写真は無いです。ブルーチーズのピザを買って、その上に更にチーズを載せて焼き直して、ナン代りにして食べちゃった。
つづく。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シ~ト~はとりたくね~な~っ、気力までコントロールでけへんっ。

「よしっ、気合入れて行こか~っ!」ってな掛け声をあげて、力が振り絞れたのは過去の事。眠いという気配すら無く、いつのまにやら居眠りをしている。な~んて事が増えました。
仕事の時や運転中には、そんな事は全く無いけど。それにしても眠い。ごちけが寝ているのを見ると、羨ましくもあり、はたまたコイツの為に頑張ろうとも思う。
テルッツが、どんだけワシに楽をさせてくれていたか・・・・感謝感謝なのよ。

Ca3h0104_rCa3h0105_r
来ましたね~、眩しい光が。光の強さをはっきり感じる。この季節が大好きだ。
Ca3h0106_r
森の緑より、光の方が強い時季。まだ葉緑素が充分でない葉を透す光の森が大好きだ。
この先更に、お天道様が高くなれば、葉は日向と日陰をカッチリ線引きしてくれる。木陰よね。そうなると、挨拶に「暑い」の文字が入っちゃうのよね。
明日はお休み。カレイを作ろうと思う。お弁当が面倒臭くないの。カレイなら。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての早番を経験す。

早番たって、8時出勤なのよ。以前の商売の早番は6時出勤だったから、どうって事無いんだけど。
楽なのかと高を括っていたけれど、と~んでもない。忙しかった。
その早番が、来月はもっと増えるらしい、噂だけど。どうなることやら。
ごちけ君なんだけど、今日のこちらのお天気は最低で、風雨が強かったりパッタリだったりして、全くテンション上がらず。
今は、ワシの膝の上で蜷局を巻いている。
さっきテルッツに手を合わせて居る時に、居眠りして後ろに倒れちゃった。眠いです、シ常に。

寝ます。     つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テルッツ、御免チャイ。ケーキ貰い物ですよ。

珍しくケーキを頂いた。見た目と想像した味にギャップは全く無かった。「こんなもんだろ~な~。」という感じ。
自分で作ると、結構見た目もちがうけど、味も違ったりする。それが手作りなんだけど。
「テルッツ、御免チャイ。23日なのにお菓子作ってあげられなくって。」

今日のごちけ君。
ワシがお休みだった為、一日中ワシに付き纏い、其の為オシルネの時間が無く、現在爆睡中です。
あっ、否、23日だったから、お隣の伯母の所でお寿司を振舞われ、た~んと喰ったワシは、一時間ほどオシルネしたらしい。その間、ごちけ君はワシの上で寝ていたらしい。   つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明日は23日、何を作るか決めてない。

大残業でした。19:00上がりの筈が、20:30になってしまいました。トホホ。
これにより、総てが1.5時間後ろ倒しになりやした。併しながら、明日は23日だし、自分の病院へ行かなければならないやらで、4時起床でないと予定をクリア出来そうにないの。つまり、削られる時間は自ずと決まる。眠い。時間が欲しい。
そんな中でも、ごちけ君との触れ合いだけが、ワシの心を柔らかくしてくれる。ごちけの顔を見るなり、嫌な事など何処かへ吹っ飛んだ。

昨日のトカゲのカナちゃんは、今朝公園に戻してあげた。散歩に行く時にポケットに入れて行ったのよ。噛みつく程の勢いが戻ったので、大丈夫でしょ。枯葉の上に逃がしてあげたら、ごちけ君が、名残惜しそうに噛みつきたがってね~。
その後、家に帰っても、ごちけはトカゲのカナちゃんの居た場所を、いつまでもいつまでも気にするのだあった。ワシに「抱き上げてくれっ!」っていう表情をするし、態度もとる。ごちけは、抱き上げて欲しい時、ワシが手を回し易いように、右利きのワシの為に、右斜め前に身を投げ出すのよ。

Ca3h0101_r
久し振りにサクラに逢った。ボールの奪い合いが大好きなふたり。

限界が近付いたので、寝る事にします。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真冬の寒さに戻れば、ワシはモモヒキを引っ張り出せば、それでいいんだけど・・・・

4月も下旬に入ろうかという時に、この寒さは一体なんじゃっ?昨夜は毛布を出した。そのお蔭か、温っく温くで寝られたよ。ごちけの寝姿を見よっ!
Ca3h0095_r
ま~た、ワシにオマタ向けて寝てやがった。これが朝の4時よ。

この後一旦ごちけを叩き起こし、朝飯やらテルッツに手を合わせるやら、一通りの用事を済ませて、冷たい雨の中ごちけ君のお散歩へ出掛けましたよ。本当、ガチで寒かった。思わず、洗って仕舞って置いたモモヒキを穿いてしまいました。
Ca3h0096_r
公園に着くと、早速チーの体。冷たい雨だろうが何だろうが、この仔達には関係無い。チーもしたいし、ポットンも落したい。雨で逢えないかと思っていたごちけのお友達にも逢え、ビチョビチョになりながらの駆けっことなりやした。
車に戻って後部ハッチを開けようとした時に、冷たい雫の落ちる水溜りの中に、見慣れた姿を発見。ピクリとも動かないトカゲ君(カナヘビ)でした。死んでいない事は、遠目で見ても一目瞭然。「はは~ん、寒くて動けないんだな~。」と思ったよ。
半袖で過ごせる初夏の日に、ごちけから逃げまくっていたトカゲ達、真冬の気候に戻るなんてよもや思ってもみなかっただろうにね。
Ca3h0097_r
車の荷台に摘み上げ、ごちけの序に拭いてやった。
Ca3h0098_r
ベチョベチョのごちけは、キャリアーの中に押し込んで、トカゲ君は助手席に載せてやった。
Ca3h0099_r
部屋を暖かくして、トカゲはごちけの攻撃範囲圏外のエアコンの配管の上に載せた。小一時間もするとチョロチョロ動ける様になりましたぜ。
Ca3h0100_r
元気になったトカゲを、ごちけに見せると、大興奮。動く物が滅法好きな奴だから、しかも公園でトカゲの臭いを覚えてしまったからよ。髙い処に居る事は、猟犬の感覚で分かっている。上ばかり気にするの。
実は、トカゲ君まだ居るよ。同じ場所に。下に降りたら、ごちけの餌食になっちゃうしね、ってか、ワシが仕事に出る時に、エアコン切っちゃうでしょ、12℃まで下がる室温で再び動けなくなっていた。
多分明日の朝までそこに居ると思う。寝る時に、再びエアコンのスイッチ切っちゃうし。   つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ファーミネーターって知っとる?

ごちけ君、昨日お注射よ。ワクチンちゃん。成犬は一年に一度ワクチンちゃんなんだって。普通は、3種混合か5種混合らしいんだけど、ごちけ君は8種混合よ。
どえりゃ~高いでかんわ~っ!
慶應義塾大学創設者の方は笑わないんだけど、この時ばかりはニッコニコで旅立たれるのさ~。
ま~、ごちけ君の為だから、延いてはワシの為だから。心が、一本の注射で丈夫になるなら、こんなに好い事はない。

ブリーダーさんに言われたよ、「アンダーコートを抜くと毛艶が好くなるよ。」ってね。そこで、道具が必要になってくるのね。で、買いました。「ファーミネーター」なるものを。
これがまた、お値段が張ってね~。
剃刀をぶっとくした様な、はたまたバリカンの様な、けったいな代物なんだけど、女流作家の草分けさんが、野口英世の手を引っ張って逃げて行っちゃった。
でも、これが見事にトリミングしてくれるのよ。面白い様に抜ける抜ける。やりまくって、ごちけ君サッパリ。痩せちゃった。風邪引かないかな~、心配だ。    つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あかんやろっ!

河川敷の野球場というのは、対角にホームベースを置いて向かい合って二面って~のが普通でしょ。フェアグラウンドとファールグラウンドの境はラインではっきりしてるけど、ファールグラウンドは、何処までがインプレーで何処までがボールデッドかはっきりしない。何故なら観客席が無いからね。
で、ホームランやファールボールをはっきりデッドする為の腰の高さぐらいの生け垣が、きっちり密集させてカチッと刈り込んである。とてもじゃないが、人が踏み込める代物じゃない。
そこで、ボールが此処に飛び込むと、ボールはデッド、人が捕りに入れないから、ロストボールとして、いつまでも其処に残る事になる。
ごちけ君は、これを探すのが大好きなのよ。探すというより、略確実に咥えて出てくる。
今日は、矢切の渡しでお散歩したので、ごちけ君の独壇場だった。
僅か十分間で、ロストボールを6個咥え出した。無茶苦茶しょっぱい小汚い物や、新品に近い物、色々あった。
それで遊べと言うのだから、ワシはすっかり肩が痛い。
Ca3h0092_r
これは、昨日のごちけ君。暖かくて初夏だった。
Ca3h0093_r
ごちけが咥えようとしているのは、嘗て蓮の花と呼ばれていた物のなれの果て。

Ca3h0094_r
今朝は、昨日と打って変わって寒かった。早朝は雨。二時間歩いた帰り、近所の共同菜園でふと見た光景。これは、あかんやろっ!
ハリウッド映画なら、これには必ず決まった台詞が付いている。    つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お散歩の時間についての考察。

更に緑色の種類が増え、一番好きな季節がピークを迎えようとしてるのね。するって~と、気温もそれに連れられ、いんや、気温が上がるから、緑が増す?ま~どうでもいいや。
本日は、11:00出勤だったので、お散歩はいつもより後ろ倒しにして、ゆっくり出掛けた。陽射しが、キツイのよ。UV対策はバッチリなんだけど、ごちけ君は家を出るなりハ~ハ~しちゃってる。お犬様には辛い季節がやって来る。
溜池の護岸は、アスファルトではなくコンクリートの舗装道になっていて、陽に当たると暑い暑い。この道の両脇から、食み出すほど草が伸びて来ている。するとごちけ君、やたらこの茂みに鼻を突っ込んでクンクンしてる。何でかな~?と思っていたら、理由が分かりました。
ごちけが、ゴソゴソしている所の道の先に、何やら見覚えのある姿かたちが。トカゲでした。
茂みから、危険を冒してまでコンクリートの路面に出て来るのは、ガラパゴスの海イグアナの体なのね。身体を温めていらっしゃる。
ごちけが近付くと、慌てて茂みに飛び込むものだから、ゴソゴソ音を出す。それが気になって、ごちけが鼻っ柱を突っ込むのね。
トカゲを見た。っという事は、いよいよ蛇も出るのだろうか。蜂は既に活動を開始している。我が家の薔薇に蕾が付いたから、例のお腹が黄色い奴らもやって来る。
気候は、ワシにとって問題無し。だがしかし、心配な事がひとつ。
昨日午後の散歩に出る時に、玄関先で絶命されていた大きなヤモリ様。我が家のヤモリだとすれば、我が家の守り神はどうなっちゃってるんでしょうか?
色々小動物を苛めて来たワシも、ヤモリは絶対に苛めなかったよ。家の守り神だと聴いていた。ヤモリがチョロチョロ御出座なされる家は、火事にならないとも聴いている。迷信でも構わんの。迷信だろうと、信じて大事にするわさ。でもね~、我が家の家守(ヤモリ)だったら困るじゃないの。      つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探すのは、ごちけ君の足元にした。

Ca3h0089_rCa3h0090_r
Ca3h0091_r
朝の散歩の途中で急に催して来たので、広場脇のおトイレに入る。その前から、ごちけ君は既に放してあった。
チョロチョロ出している後ろで、何やらゴソゴソ音がしていたけど、振り向く訳にもいかず放ったらかしにして置いた。
おトイレから出てごちけを見ると、ありゃら、ボールを咥えていたよ。あ~ね、これで遊んでくれって事ね。
暫く、ごちけに全力疾走させて、そろそろ疲れた頃、ごちけの足元を見てみると、あった。小さな幸せは、いつもごちけの足元にあるらしい。今回は、抜かずにおいた。まだ小さな四つの葉っぱが、まだまだ大きくなりそうだから。
写真で分かるかな~?最初の写真のボールの直ぐ右脇に拉げた形だけど、あるんです。三枚で普通なのに、四枚目が無理矢理生えてる訳だから、結構苦しい形になっちゃうのよ。
クローバーの生えている所に来れば、必ず目線を落として探してしまう。探すけどなかなか見つからない。昨日も親子連れの小さな女の子が母親に、「四葉のクローバーって、生えてる所って、決ってんの?」と質問していた。
母親は、「一生懸命探すしかないよ。なかなか無いから四葉のクローバーなんでしょ。」と答えていたよ。
ワシは、ごちけが休む場所を探せば好いんだよ。クウヮドリフォリオが無くっても、ごちけそのものが、今のワシには幸運なのよ。
その幸運を、ワシは毎日抱いて寝てるのさ。暑くなると、布団の冷えている所に移動しちゃうんだけど。       つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本来は、「ごちけ君、お散歩ショートカットでお願いします。」というタイトルの筈だったけど、書いた記事が飛んじゃった。ガックリ来て、更新出来ね~ぞっ!

Ca3h0088_r_2
ごちけ君、ハードスケジュールの後の体。お散歩は短縮させて頂いて、3時間掛けて、前回のリベンジに豊洲のパースーに行って来た。本来寝るべき時間に起きてたものだから、夜は、ワシの座椅子のの背もたれの後ろのソファーで、時々ワシの後頭部の匂いを嗅ぎながら、グッタリ横になっている。
本来書くべきことは、次回以降に致します。ガックリッ!   つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

結婚記念日に想う。

TDLが30周年なら、一年後輩のテルッツとワシは、29回目の結婚記念日じゃ。テルッツが居なくなって、三回目の一人の記念日よ。
思い起こせば昨年は、ごちけ君がやって来て15日目、そりゃ~もう大騒ぎだった。まだまだ躾にも至らないごちけ君、首輪をしていましたっけ。カステラ焼いて、ミミチを喰った。いっつも、ミミチしか喰ってない。
今回は、何もしてあげられなかった。御免チャイ、テルッツ。
Ca3h0082_r
ポプラの葉っぱも大分出た。
Ca3h0083_r
メタセコイアの森も、影が多く出来る様になったし、森の向こうの空が見えにくくなった。
Ca3h0085_r
中央広場の一角に、こいのぼりが。
Ca3h0086_r
このまま放って置けば鯉の尻尾は、確実にごちけ君の餌食になってしまう。公共の物に手を出せば、損害賠償の対象になっちまうでね~かっ。くわばらくわばら。

結婚記念日の朝に相応しい、気持ちの良い朝でした。
ワシには子供が居ないから分からないけど、小さな子供の服を洗濯し、物干しに挟む時、子供の服を、「可愛らしい。」って、お母さん達は思うのかしら?
ワシは、「可愛らしい」と思っちゃうのよ。ごちけ君の服をね。    つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日曜日は日曜日。とんでもないお客さんがっ・・・オテル・ド・ミ〇ニで「肉じゃが定食下さいな。」と言ったらどうなのよ的な。

そりゃ~人間が創ったマシンには、コンピュータ制御で立体だろうが平面だろうが、素材を選ばずレーザーでカットしてしまう物もあるわさ。
だがね、ワシの仕事場はアナログの上に「超」を付けてちょうだいな。目で見て目盛を合わせて。「このぐらいかな~?」ってな仕事なの。I guess・・・の世界なの。何でも出来ると思っちゃいけないの。
とんでもない要求をされても、只々困ってしまって「ワンワンワワンッ。」なの。
自分で何かを創るというのは、とてもとても楽しい。素材から形あるものを創り出していく工程が堪らない。ワシ等は、そのお手伝いのほんの一部を担っているだけ。何でもかんでもお手伝いしたら、それはもう「創造」を逸脱しちゃってる。だったら、出来合いの製品を「買えっ!」。
昨今、う~ん、ちょっと前だったか、「山ガール」なんて流行ったよね。流行ってんのかな~?
今は、「工作女子」でしょうな。クラフトの世界から、ほんのちょっと材料を大きくすれば、何でも出来る。ドールハウスが創れるのなら、実寸の家具の方が簡単だ。
ドライバーをチマチマ手で回すより、インパクトドライバーの振動を味わうと癖になる。70ミリもある螺子が一瞬で木材に喰い込んで行くのよ。
そういう女子は、要求も簡単明瞭、大胆だ。それに引き替え今のオッサン達の細々とした要求は何だっ!
やれ、「まけろ。」だの、何だのと。ストローぐらいの細いウ〇チしかした事ね~んだろ、ツ~ケ~のナ~ア~がちっちぇ~から。
ま~しかし、ずぶの素人さんは、ひっくり返る様な質問と要求をしてくるわ~。でも、それが、ワシを鍛えてくれてんだけどね。ありがとしゃ~ん。
此処までボヤキ。

ごちけ君の話。隣の伯母も、ワシの両親も居ない。旅行に行っちゃった。ごちけを拉致しに来る人たちが居ないので、ごちけ君寂しそう。
しかし、昼間、弟が我が家に来て、ごちけの世話をして、逆に夕飯喰って帰って行った。明日もらしいぞ。
可愛い可愛いごちけ君が、お世話になったんだから、飯ぐらいね~。ワシが話したカフェに行ったらしい。ごちけの面が割れているから、ワシの地元でも、声を掛けられたとの事。ごちけ君、近隣では有名になってきたのか?
そうじゃない、ごちけは誰でもお友達なの。誰にでも尻尾を振って、嬉しそうに近づいて行くから、皆に可愛がられるの。それだけ。「ごすけ」という名前がインパクトあるらしく、直ぐに覚えてくれるしね。
何でも好いの、頭に「ご」の字が付いていれば、呼ぶと直ぐに振り向くから。「ごしゅ~」「ごす~」「ごっちゃん」「ご~」「ごしけ」「ごしゅけ~」色んな人に色んな呼び方されている。それら総てが、自分である事を認識しているごちけ君。好い仔好い仔。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日無題、しかし、ごちけ君が。

休みは知っているし、お仕事の日も判断できている。ごちけ君は、頭が良い。ワシが仕事の時は、端っから諦めている。「ちっ!仕事に行っちまうのかよ。」と言わんばかりに、不貞寝してる。
ブリーダーさんは、「ごすけは、甘えん坊。」と言っていたが、その通りかも知れない。昨日休みだったので、ワシに付き纏っていたから、今日の朝はその余韻で、ワシの足元ばかりに居たのよ。で、仕事に出掛けるワシの靴履きを邪魔してた。
暫く無かった行動だ。よっぽどワシと離れたくないらしい。これじゃ~仕事に出掛けられないので、伯母に預けちゃった。
夕方我が家に帰るのが、楽しみになる筈だ。ごちけとの時間は、心と身体が一緒に居る時間、人で居られる時間、人間の心を持てる時間、ワシがワシを取り戻す時間。   つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お休みはありがて~っち。でも、ポットンは拾えるけど、ペッチョリは拾えね~ちっ!

一途な性格らしいワシは、一つの物を徹底的に掘り下げる傾向か?気に入った物を、飽きるまで続けるのね。
ってか、お弁当のおかずは作り置きだから、2~3日続くのが当たり前。美味いと思ったお菓子は、「もう喰いたくね~っ!」と発するまでは続けちゃう。
テルッツに至っては、まだ愛しきれていないので、只管愛し続ける心算。
同じく、ごちけにも没頭している。ごちけには、テルッツが一杯詰まったワシの心を預けちゃった。
お休みは、そんなワシの心にリードを付けて、遊ばせている。心が自由に走り回り、遊んでいるんだら、癒されない訳が無い。
自由にチーをして自由にポットンをする。朝なんか二回もしちゃってね~。さっぱりよ。夕方は、ポットンではなくペッチョリだった。三回も。心は何故か湿り気味。

今日は、朝の散歩を終えてから、ごちけを実家に預けて、久し振りに都会に出た。豊洲。ウォーターフロントの町。ビックリするほど高いビルが増えていた。自分で仕事をしている時は、毎日通っていたのにね~。
東京に、一軒しかないパースーがあるのよ、豊洲には。
これもまた、この店にしかないヨーグルトを買いに行ったんだけど、見事欠品。空振りに終わりましたとさ。めでたしめでたし。って、そんなわきゃ~ね~だろ~っ!
メーカーに問い合わせて、この店に置いてあるって聞いて行ったのに。久し振りにボヤいたぜ。
ヨーグルトには拘りが在る。美味いと思ったら、距離を問わず買に行く。今は、これがワシの一途の対象になっている。

夕御飯は、クリームシチューにした。ルーを買わずに自分で、ベシャメルソースを作ってね。小麦粉使っちゃうと、ごちけが食べられないので、米粉で作りました。
Ca3h0081_r
懐かしい小学校の給食みたいだ。揚げパンならもっと好かったな~。
ジ〇ロックコンテナにシチューを詰めながら、「そうか~、三日間クリームシチューなんだな~。」と、改めて思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

朝からポットン無しのごちけ君。ピ~ベンか~?

9時出社の割には、比較的余裕があった朝のお散歩。公園に着いて車から出すと、目指すはチーする場所。その後は、ポットンと相成る訳だが、今日はしなかった。何で?
白いタンポポ付近で腰を丸めるんだけど、最近はどうも気に入らないらしい。
ならば、森の奥で秘かにやらかすか~っ。やっぱりしない。困った。
余裕があったはずだが、それものうなった。仕方なく帰る事にした。
お弁当を詰め終えて、出勤時間までの間に、もう一度近所に連れ出した。だが、これも駄目。諦めて仕事に向ったのよ。夕方、伯母が連れ出した時もしなかったそうな。一日してないのね。
で、このブログを更新する前に、お風呂上りで寒いけど、行ってみた。漸く、腰を丸めてくれました。好かった。
出す物出さないと、吹出物とか出来ちゃうよ、ごちけ君。
ツ~ケ~のナ~ア~を洗ってさっぱりしたごちけは、ナ~ア~からフローラルの香りを漂わせている。好い仔好い仔。

そうそう、朝の散歩で白タンポポに綿毛が出来ていたので、ごちけが喰っちまう前に頂いた。
暇な時に、鉢植えに播いてみよ。繫殖力は弱いと聞いたが。    つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ごちけ君、やきもちなの?

女心に鈍感なオッサンと、ピッチピチの若い姉ちゃんの同居ってね~。主従関係で、相思相愛の恋愛関係でもある。
王様と若い侍女の関係の様な、夫婦善哉の様な、ロミオとジュリエットの様な、それでいて肉体関係は全く無いという、世にも不思議な関係のごちけ君とワシ。
一年間一つ屋根の下に暮らして来て、昨日初めて気が付いた。
ごちけも「やきもち」を焼くんだな~ってね。今まで、余所の子を好い仔好い仔していても、我関せずってな涼しい顔で居てね~、傍らの草を喰ったりしていたのよ。
「ごちけっ!ノー!」って言ってもなかなか止めない時の方が多かった。何でも直ぐに言う事を聴く子なのにね。
ワシは、ごちけが甘えん坊だとは思っていなかったんだけど、先日ブリーダーさんが「ごすけは、甘えん坊だね~。」って言うので、そうなのかな~と聞き流していた。
でも、昨日、ミニチュアダックスの子がワシに跳び付いてヨシヨシされていた時、急に草を喰いだしたのね、そこではたと気が付いた。
フレンドリーなごちけ君、他の子に「やめてくれよ。」とも言えず、はたまた、吠える訳にもいかない。ワシに他の子が可愛がられているのを見ていられないんじゃないかって思ったの。そこで、ごちけを抱き寄せて、「大丈夫だよ~、ごしゅけ~。好い仔好い仔。」って言ったら、草を喰うの止めた。
考えてみれば、犬は正直だ。嘘を付けない。文句を言わない。ってか、言えない。ましてや、ごちけ君、ワシをず~っと独り占めにしていたんだから、焼かない訳が無かったのね。
ワシが、全然気が付かなかったのね。
王様は、益々従順な小娘を愛するようになりましたとさ。めでたしめでたし。

「ごちけ君、ブログを更新中のワシの膝の上で、寝ながら肛門腺の芳しい香りを放つのは、止めて下さいな。さっきお風呂で、ツ~ケ~のナ~ア~を絞ったばかりでしょ。絞ってる時、済まなそうな顔してたじゃないの。」
それでも、嫌な顔一つしないで、ナ~ア~を拭く王様でした。    つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっぱりお休みは楽しいのよ。

Ca3h0077_r
Ca3h0078_r
先日届いたオニューのタンクトップを着せて、お散歩に出掛けた。休みは余裕があるので、どうしてもテルッツのテーブルに寄ってしまう。メタセコイアの葉がもっと大きくなれば、このテーブルに心地の良い影を落とす。そしたら、オニギリ持って、また泣きに来よう。
朝は、3時間ブラブラした。ダラダラごちけと歩いていた訳じゃないよ。ごちけ君には、ちゃ~んと運動して貰いました。お友達と広場で逢ったから、三頭入り混じっての、全力疾走。ボストンテリアは、非常に足が速いから、ごちけと充分に遊んでくれる。助かるわ~。
その後、公園の別のブロックで、またまたお友達と遭遇、ってか、ごちけだけがお友達と思っているだけなんだけど。ま~飼い主さんが頗る付の美人ママさん(松雪泰子系)だから、ワシが舌出してハーハー言っちゃってる状態なんだけど。

Ca3h0079_r_2Ca3h0080_r_2
風も無い穏やかな日でした。奥さんと立ち話で30分ぐらい使ったか?ごちけが、ママになる予定の事とかね。結局今日は、朝と午後の散歩を合わせて5時間半だった。
ソメイヨシノが花枝の色に変わる頃、八重桜に主役をわたす。白いタンポポは、早朝開いていないので、陽が登ってから写真をまた撮りに行った。聴く処に因れば、関西方面に在るとの事、この公園でもワシが知っているのは、この一箇所だけ。

そうそう、口下手なワシが、人とお話し出来るのは、ごちけがどんな人でも近づいて行って、直ぐに打解けるからよ。
ごちけは、遊んでほしければ、誰の命令も聴く。

八重桜が終わる頃、主役が緑になる。何とも言えない、陽の光を透す綺麗な緑。新緑の季節が一番好きだった、テルッツ。ワシも同じ。草団子や道明寺の葉っぱの方が、花よりも好きだ。     つづく。




| | コメント (1) | トラックバック (0)

時間下さいな。

お弁当を、仕出し屋さんのにすれば、朝のお弁当を詰める時間が短縮出来る。が、朝の9時頃に運び込まれるお弁当を、2時や3時になって食べるのは、抵抗がある。9時に運び込むのだから、早朝に作ってんのよね。う~~ん。
ごちけのお散歩を短縮すれば、20~30分時間が出来る。が、それでは、一番大切なパートナーからの信頼を失くす。ごちけ君のお蔭で、辛うじて人間性を保っているのだから。
では、テルッツに南無する時間を短縮すればどうなのよ?これは、駄目だっ!テルッツに対する一途な愛の証。
ワシの心を支えているのはごちけ君。その心の中は、テルッツで一杯。
結果、睡眠時間の短縮に行きついてしまう。ってか、必然的にそうならざるを得ない。あ~。
無駄な時間は無い筈なのにな~。
何か上手い方法はないものか。今現在も既に24時にならんとしているのよ。これで、明朝4時に起きられるだろうか。
お休みの日の時間は、総てそのスタートに掛かっている。寝坊したら、ごちけとの楽しい時間が、減ってしまう。
明日の予定。掃除、洗濯、ごちけとのお散歩、買い出し、お弁当のおかず作り。何処かにオシル寝の時間を差し込めないだろうか。     つづく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ごちけは、スーパーボールが好き好き。

散々探していたスーパーボールが、意外な所で見つかった。ごちけの遠足で立ち寄った、海老名SAのガチャガチャよ。
以前公園で拾った物は、小さくてごちけが呑み込みそうだった。今度のは、ワシが指で掴んで、ごちけと引っ張り合いが出来るくらいの大きさよ。
考えてみれば、スーパーボールを思い切り地面に叩きつける事が出来る場所って無いよね。公園の駐車場は、ワシらが行く早朝は一部しか解放してないの、で、車が入っていないだだっ広い駐車スペースで思い切りボールを投げられんの。ごちけ君、全力疾走の巻。
話しはこれで終わらない。このスーパーボールを、ワシが帰って一頻り歓迎してくれた後、ボールを咥えて足元にやって来る。
ワシね~、お弁当箱洗ったり、お米磨いだり、色々仕事あんのよ。構って上げられないの。でもね~、ここで遊んであげないと、信頼を失っちゃうでしょ、だから遊んじゃうんだな~。
結局、ごちけと過ごす時間が堪んないのよね。
ごしゅけ~の愛を一身に受けたいのよ。    つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

現実に、って、いつも現実なんだけど。仕事に戻れば忙しい。

ごちけは、いいな~。この家には、ごちけの寝床が幾つもある。ワシが居る直ぐ傍の寝床で寝る。或いはワシの膝の上で寝る。
遠足から帰って来て、チカレタのか我が家で熟睡の境地。
そう言えば、寝てしまえば朝まで分からないごちけとワシ。しかし、ペンションでは弟のトイレで起き、ワシが何となく目が覚めると、ごちけも起きていた。そうなのね、ショバが変われば落ち着かないのね。
ワシの布団では、お腹を見せて爆睡だ。
それにしても眠い。仕事が再開すると、超眠い。まっ、仕事が夢の中で、現実がごちけと遊ぶ事なんだから好いのか~。

台風の様な雨では、ごちけと思い切り遊べない。ごちけ君は、全力疾走してなんぼの犬。それが走れないのでは、欲求不満気味。
だからワシも欲求不満気味。ごちけと遊んでいる時は、な~んの考えない、頭の中が空っぽなのよ。何ですって、いつも空っぽだって~、まっ、そうとも言える。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごちけ君、遠足の後は。

遠足の続き。
Ca3h0055_r
なんせごちけ君が一緒だし、故郷へ錦を飾った主役はごちけ君なんだから、ごちけと一緒に入れるお店じゃないと飯が喰えん。
そこで、ブリーダーさんに教えて頂いた静岡は用宗漁港前のSarry’s Cafeというお店に行きましたよ。
室内は無理だけど、外のデッキはペットOK。
Ca3h0053_r
デッキで寛ぐ?否、オドオドするごちけ君。
Ca3h0054_r
手摺の隙間から外ばかり覗くので、外に回ってみて写真を撮ってみた。
Ca3h0056_r
昼飯後、車を置かせて貰ったので、用宗漁港を散策。岸壁の下に何やら発見した御様子。
Ca3h0057_r
雨上がりの由比PA。此処であの富士山を見た。
Ca3h0058_r
富士山をバックに、の心算。丁度尻尾に隠れちゃった。
Ca3h0073_r
本日のごちけ。朝8時に家を出て・・・・
Ca3h0074_r
まだ枝垂桜が残ってた。
Ca3h0075_r
Ca3h0076_r
ワシは、タンポポは黄色だと思ってるし、そうだよね?なのに白いタンポポなの。

朝8時に家を出て、返って来たのが11時。3時間歩いたわ~。ごちけ君ヘロヘロ。午後も2時間歩いた。なのに、ごちけ君今現在までポットン無し。便秘か~?    つづく。

追伸。今ワシの脇で死んだように寝てるけど、「オナラすんな~っ!えれ~臭いぞっ!年頃の女の子なのにっ!」
あ~、ポットンそのものの香り。














| | コメント (3) | トラックバック (0)

サスペンスのオチが、ポットンかよっ!

写真は一杯あるので、一遍には載せられそうもないから、掲載に値するものを検討します。
で、本日の早朝の話。
5時に起床。旅先だからといって、ごちけがいつものルーティーンを変更してくれる訳じゃ無し。お散歩へ出掛けた。
伊豆高原の朝は清清しい。前日の雨が汚れを総て流してくれた。空まで。
高台から伊豆諸島を眺めるのではなく、海の音を聴きながら潮風に吹かれながら打ち寄せる波の音を聴きながら、ごちけと共に在りたかった。
ペンションから海に至るまで、ず~っと下り。楽なもんだ。
テレビなどでお馴染みの、あの有名な吊橋ではなく、実はもう一つある吊橋に行ってみたかった。
Ca3h0060_r
吊橋直ぐ手前にある案内板。朝日に照らされ始めたよ。
Ca3h0061_r
で、吊橋ね。何の躊躇いも無く渡り始めたごちけ君。犬は高所が駄目なはずなのでは?
Ca3h0062_r
漸く自分の居る場所に気付いたごちけ君。この後、ワシが橋を揺らしたので、ビビりまくった。
Ca3h0066_r
やはりお天道様の御登場は、有難い。

ペンションを出て間もなく、道端で腰を丸めたごちけ君、一本とは言えない様な物をひとつ落した。「ポットンッ」かな?「コロンッ」かな~?
その後、伊豆高原の駅を見て、更に海を目指して下る。二人で吊橋を渡り、また渡り直して引き返し、断崖の淵を歩く。すると崖っぷちでまた腰を丸めた。ポットンを拾うのが命がけになるとは思わなんだ。
船越英一朗が、二時間掛けて犯人を追及し、崖っぷちで追い詰めるというベタな結末が、「ポットン」に変わっちまったって事よ。

帰り道が、総て登りだと気付いたのは、ポットン袋の口を縛った後だった。1時間半、休みにしては短いお散歩時間でやした。朝飯まで、まだ1時間半あるじゃないの。    つづく。

Ca3h0063_r
島影は五つ確認出来やした。特に伊豆大島は、家並みまで見えやした。

Ca3h0068_r
お世話になったペンションのオーナー夫妻と弟。どうもありがとうございました。
Ca3h0070_r












| | コメント (1) | トラックバック (0)

第一報のその後。

第一報の後、夕飯喰った。沖縄風のペンションで、「沖縄出身なんですか?」と尋ねたら、「ただの沖縄好きです。武蔵小山出身蒲田育ち。」との答えが。
夕御飯は、「タコライス」でした。美味かった。シ常に。
初めての場所に落ち着かないごちけ君。部屋の隅々まで確認を怠らない。食堂もごちけ連れOKなので、一緒に飯の運びとあいなったのよ。
勿論、テルッツも一緒に連れて来た。ごちけの里帰りに、「名付け親」が付いて来ない方がおかしいよ。
ごちけの運命を決めたのは、テルッツなんだから。
ブリーダーさんとは、ごちけの交配の事で相談したのよ。順調なら7月に女の子になるから、その時にとの事で決まった。上手く事が運べば、ごちけは9月頃母親になる。
将来に、ってか、将来という言葉さえワシには必要なかったのに、ごちけがワシに、またまた夢を与えてくれた。
お婿さんも見て来たよ。   つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の空から、第一報。

いつもと変わらず4時起きね。これが雨だったんだわ~。これから長旅だから、するものしとかないとね~。で、雨と風の中真っ暗な公園に向う。ごちけ君、前も後ろもスッキリ快調。
さ~、長旅に出発だ。実家に弟を拾いに向かい、一路、ごちけ君の生まれ故郷静岡へ。
東名高速を西へゴーッ。ごちけ君休憩やら自分たちの朝飯やらで、サービスエリアに寄りつつの旅、結構時間が掛かりますぜ。
写真を撮りつつだったけど、マイクロSDカードのアダプターを忘れてしまったので、PC持って来たのに取り込めず。無念。ってか、ワシぼけなす。
オマケに、免許証を忘れて来てしまったようだ。落した訳じゃないのは、分かってる。多分キッチンのテーブルの上に在ると思う。あ~~あっ。
詳しい御報告は、我が家に帰ってからにします。取敢えず第一報。
事故に遭わず、無事に宿に到着致しやした。
ず~~っと雨っぷりだったけど、昼下がりにお天道様が現れた。丁度伊豆の山を越えて、大室山近くから相模湾が見えました。伊豆大島の家並みが見える程くっきりでした。
これから夕御飯なので、またね。    つづく。

追伸。 免許証は、バッグの片隅に入ってました。歳は取りたくね~な~。part7だったか8。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お休み頂きました。さてどうする?

4月のシフト表を貰ったのが、う~ん確か29日だったかな~。それを見てびっくりじゃ。3~5日までお休みになってました。いきなりお休み貰ってもと思ったが、前々から頭の片隅にあった「ごちけ君の里帰り」を敢行する事にした。
ブリーダーさんとの約束もとった。日帰りでは厳しいから、宿泊先も押さえた。急な事でも何とかなるもんだ。
そんなごちけ君は、知ってか知らずかもう寝てる。勝手にワシに、ボール遊びを強要し、納得し土砂降りの雨の中チーをしに行き、寝た。
明日はごちけの生まれた、ブリーダーさんへ行って、ごちけの親戚筋と再会するんだな~。どんな再開になるんだろ?
人間なら、「いや~久し振りっ!おおっ肥ったんじゃね~か~?」とか、「お前髪が薄くなったな~。」とかね。
ごちけは、故郷へ錦を飾れるのでしょうか?ってか、ごちけ君、立身出世はしてないよ。   つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ごちけ君、旅に出る。かっ?

昨夜、ペットとお泊り出来る宿なるものを検索したのよ。色々おまんねんな~。ま~、リゾート地が主なんだけど。
三日間のお休みをいきなり頂いたって、な~んも予定出来ないでしょ、それで駄目もとで当たってみた。大丈夫らしい。
伊豆高原のペンションがとれやした。これで、少しは現実離れ出来るんかい?出来ないでしょう、ごちけが居る以上何処へ行っても現実だわな。
でも、どんなに素晴らしい所へ行ったとしても、ごちけ抜きでは何も感じないでしょ。今や、ワシの心総てを担当しているのだから。
どんな旅になるのやら。あした仕事で、明後日行ってきます。   つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »