« この二日間の出来事。 | トップページ | 今年のブログ今年の内に。 »

この間思い当って、今日また思ったこと。

この年の瀬に、何を考えているのやら、御目出度いおっさんなのよ。

先ず、今日の事。 昨日から炊いていた御揚げさんは、朝になって冷える時にじっくりと味が浸み込んだ。これなら美味しいお稲荷さんが出来ますよ。
暮れの花屋さんは、死ぬほど忙しい。花恋さんもまったく同じ筈。さもあらば、ご飯を食べる余裕も無いんじゃないの?そこで、「お稲荷さん」と、なったのよ。久し振りにご飯を一杯炊きました。パックに入れて割り箸も付けて、すぐ食べられる様に持って行った。勿論、予約してあった花を取りによ。
花恋さん、アルバイトの人とか増えてて、大変な騒ぎだった。御稼ぎね。またオマケ貰っちゃった。お正月用の切り花のアレンジされたもの。水引つき。テルッツの前は、正月風景になった。どうもありがとう。

午後からは、正月の御持たせ用のお菓子作りなの。カステラ、チョコレートパウンドケーキ、アップルパイを二個、そして明日また、ひとつ焼く予定だ。一杯作っても人が集まれば、一切れづつになっちゃうのよ。作るの丸一日、食べるの一瞬。

この間から、ひとつ考え方を変えた。魂の事。 人の中に宿るものだと思っていたが、180度考え方を変えてみた。
魂は、人の想像も着かない程途轍もなく大きいもので、その中に人が棲んでいると。
細胞の中のDNAのように、分裂の度に繰り返し再生し、また再生するんじゃないかと。魂は永遠の存在なのだから、その中の人もまた、永遠に命を繰り返すのでは?
ましてやテルッツとワシの、欠陥だらけでくっ付いていないと、一つの魂として存在出来ない魂となれば、常に一緒に繰り返す。同じ場所、同じ時間で。

今、テルッツの実家から、テルッツが亡くなった後で頂いた、テルッツが東京に引っ越してきた直後の色あせた写真がある。お河童頭で可愛らしい写真だよ。
ワシは、この肉体が朽ち果てた時、初めてテルッツに、メモを渡そうと決心した時に帰るものだと思っていたんだけど、もしも自由に時間を選べるのなら、この写真に写っている東京に来たばかりのテルッツに、メモを渡しに行きたいのよ。
「テルッツ、将来ワシのお嫁さんになるんだよ。」って、書いて。
そうすれば、喩え52歳までしか生きられないテルッツだったとしても、今回の命より約20年長く一緒にいられるしね。

不思議な男の子が、目の前に現れて、「これ!」と言って、メモを渡されたとしても、魂を共有している二人にとって、怪しいとは思われないだろう。
テルッツも、「この人のお嫁さんになる。」と、確信してくれるよ。

自分に都合の好い様に、色々考えたのよ。この年の瀬に。pig     つづく。

|

« この二日間の出来事。 | トップページ | 今年のブログ今年の内に。 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/43565513

この記事へのトラックバック一覧です: この間思い当って、今日また思ったこと。:

« この二日間の出来事。 | トップページ | 今年のブログ今年の内に。 »