« おや、数の子かー? | トップページ | 予想以上に寒かった。 »

午前の午睡にテルッツが。

午後、松戸に出掛けたよ。出掛けた人前では、涙を流していなかったけど、その前後は、ずーっと泣いてるのよ。
テルッツが夢に登場すれば、ボロボロになるって言ったでしょ。しかも今日は、声が付いていた。あの優しい声なのよ。
「大変だね、トシチャン?」そう言ってくれた。「ワシの旅立ちの時に羽織らせてくれ。」と頼んである、テルッツが病院で闘っていた時に着ていた、ピンクのギンガムチェックのパジャマ姿だったのよ。
いつでもいつでも、毎日毎日テルッツの声が聴きたかった。危篤に陥る前から、約一年と一ヶ月聴く事が出来なかった、あの優しい声だった。たとえ現実の声ではなかろうと、テルッツにしか呼べない「トシチャン」を聴く事が出来たのよ。

夢から泣きながら覚める時、頭の中を過ぎった事があった。それをぼやーっとしか見えないノートに、忘れない内に書き殴ったのよ。出掛けて帰って来て、それを見たらグッチャグチャでよく読めないのよ。改めて整理してまた書いてみよ。

寒いというのに、また頭を削ったよ。テルッツに髪を刈上げて貰う時が、一番好きだったから。超ヤスリ頭になっちゃった。髪の毛邪魔だ。そう言うと、同年代の薄い方に申し訳ないけど。バリカンの音を聞くと、テルッツの声を思い出せるからね。
でもまーしかし異様だよ。パンツ一丁で、新聞紙広げて四つん這いになって頭をガリガリ。小豆洗いが小豆をシャキシャキ研いでいるより、火車が魂を餅に入れて搗いているよりずーっと。

とにかく、ボロボロにしてくれてありがとっつ。pig      つづく。

|

« おや、数の子かー? | トップページ | 予想以上に寒かった。 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/43219179

この記事へのトラックバック一覧です: 午前の午睡にテルッツが。:

« おや、数の子かー? | トップページ | 予想以上に寒かった。 »