« 一周忌が近付けば近付くほど、何故か泣けてくる。 | トップページ | ロイヒつぼ膏の思い出。 »

代表戦が在ったから、更新が遅くなっちまった。

テルッツの一番好きな花は、マーガレットなのよ。しかるに、亡くなったのは秋、マーガレットが無くて困ったよ。セレモニーセンターの社長が、黄色の花をかき集めてくれて、祭壇を飾ったのよ。
葬儀が終わり、我が家に祭壇が出来て、テルッツを迎えて、ペッコリ落着いて、「色々お世話になりました。」の段になった時、社長がイエローエンジェルの苗木を一杯くれたのよ。bud
「この時季、奥様の好きなマーガレットが無いので、これを庭に植えてあげて下さい。黄色の可愛らしい花が付きますよ。」ってね。
告別式の翌早朝、目が覚めてしまったから、ノコノコ庭に出て苗木を植えた。半分は、義姉ちゃんにあげて、半分植えた。
秋の花だ。今、庭で一杯花を付けている。ワシの腿の高さぐらいに成長してね。bud

テルッツの湯呑みやマグカップは、マーガレット模様なのよ。特に湯呑みは、洋風で、ワシと色違いでお揃いなのよ。でも、これをデザインした人は、知らなかったのかなー?未だ、マーガレットには、「青色」は出てきていないの。テルッツのは、黄色。ワシのは、青。
これから先、品種改良が進んで、「青色か水色」とにかく水色系が出来たら、それを、ワシの「御印」にして欲しい。think

これから建て様としているワシ達のお墓は、芝生の真中に石のプレートを置くだけの簡素な物にしようと思ってるのよ。
もし許されるのならば、そのプレートの周りに、マーガレットを植えて貰いたいと、次の世代に、頼んであるの。白とピンクと黄色のマーガレットは、テルッツの為に、水色のマーガレットが出来たなら、ワシの為に。
プレートに刻む文字も、ワシの頭の中には、構想が出来つつある。

春と秋に実を付ける、庭のフランボワーズが、復活したよ。去年は、二人で入院していたから手入れが出来ず、ヨレヨレになっちゃった。なんとか、春に新芽を出した一本の枝を育てて、この間から実をつけ始めた。
まだまだ、お鍋に一杯収穫出来るまでには程遠いけど、順調なら、来春にはフランボワーズソースが出来るほど、収穫が可能になりそうだ。
そうしたら、テルッツが一番好きなケーキが焼ける。スフレタイプのベイクドチーズケーキ。それに、庭で生ったフランボワーズで真紅のソースを作って、たっぷり掛けて食べるのよ。
テルッツは、この薫り最高の真紅のソースを、飲めるぐらいたっぷり掛けて食べるのよ。ニコニコでね。

今日夕方のニュースで、ケーキの新商品の売れ筋は、奥様方の厳しい目で決まるというコーナーがあってね、一本のロールケーキを何切れにすれば好いか?なんてやってたけれど、我が家のルールは、出来上がったケーキを前に、テルッツにケーキナイフを渡して、「さあ、お好きなだけどうぞ。」だったから、ケーキの大きさを気にする事って無かったなー。

クリスマスに一つ、お正月に二つ、その後直ぐ来る1月7日生まれのテルッツの誕生日に一つ、二週間で四つ作るのよ。後は、てるっつが、「ケーキ食べたい!」といった時。みーんな、テルッツの為だもんね。lovely
今、何か作るのは、毎月23日よ。pig      つづく。

占星説法

|

« 一周忌が近付けば近付くほど、何故か泣けてくる。 | トップページ | ロイヒつぼ膏の思い出。 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/42452259

この記事へのトラックバック一覧です: 代表戦が在ったから、更新が遅くなっちまった。:

« 一周忌が近付けば近付くほど、何故か泣けてくる。 | トップページ | ロイヒつぼ膏の思い出。 »