« 正体を失くすぐらい泣いた夜。 | トップページ | 昨日書き忘れた事。 »

去年の昨日がお通夜なら、今日は?

何を言ったのかよく憶えていないけど、普通の喪主のご挨拶とは、違っていた筈だ。
テルッツがどんな人間で
如何にワシを愛していてくれているかを、言葉足らずではあったが一生懸命話したよ。

出棺の時が来た。蓋が閉じられる前、テルッツにKissをしたよ。「おやすみ。」の前は必ずKissをしていたからね。
今は、釘で閉じたりしないんだ。だから、斎場の荼毘に付される前にもう一度、お別れの機会が用意されたよ。
最後の最後は、ワシの番だ。もう一度Kiss、いや今度は、口づけを交わしたよ。これが、今生のお別れだ。この世に与えられた、テルッツの魂の器との最後の時だよ。
テルッツは、その唇で、この世に存在する一番温かくて柔らかくて優しいものと、凍える程冷たくて悲しいものを、教えてくれた。本当に、ありがとっつ。

何十分かして、呼ばれたよ。弟と箸を併せたよ。ワシが、百歳になったら、テルッツの骨を拾ってあげようと思っていたのに、四十年も早いじゃないか。
これが、テルッツの永遠の形なんだね。速く、同じ姿になりたいよ。

姿の変わったテルッツを、セレモニーセンターに連れて帰り、皆でお食事だ。もう、テルッツの御食事は、「陰膳」なんて言われちゃうんだね。

少しづつ、書き足した「てるっつの可愛らしいところ」を、このブログに載せてみようかな。近い記憶から辿ってみた。古い記憶は、なかなか思い出せなくてね。pig    つづく。

「teruttu_no_kawairasisa.doc」をダウンロード

占星説法



|

« 正体を失くすぐらい泣いた夜。 | トップページ | 昨日書き忘れた事。 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

読みましたよ~。今日は本当にありがとうございました。

投稿: ほしのっち | 2011年11月26日 (土) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/42696627

この記事へのトラックバック一覧です: 去年の昨日がお通夜なら、今日は?:

« 正体を失くすぐらい泣いた夜。 | トップページ | 昨日書き忘れた事。 »