« Typhoon一過。 | トップページ | 洗車したら、猫が!? »

お彼岸の中日に思う。

あれから、11ヶ月か。think
テルッツは、「ひ」と「し」が旨く言えないんだよ。可愛らしい。お彼岸だけど、テルッツにかかれば、「おし岸」になっちゃう。お彼岸とは川の向う岸の事、つまりこの世の向う側、涅槃の世界だ。では、こちら側は?
こちら側は、「此岸」と言う。お此岸だ。つまり、テルッツは、向う岸とこちら側を区別する発音が出来なかった。それで、いいのよ。
今だって、向うと此方を区別出来ずに、ワシの傍にずーっと居るよ。confident

今日花恋に行った。混んでいた。そりゃそうだ、彼岸の中日、かきいれ時だ。いつもより開店時間が早かったみたいだ。ワシが顔を出した時、四人待ちの状態、お姉さん、ワシの順番になったら、腰掛けちゃった。それで、いいのよ。ワシは、全然急いでいない。ゆっくりと花達を、選んで貰った方が好い。
ススキが、入った。凄く秋を感じる。

我が家に着くと、「父親が来ていた。」と知らされる。柴又の草団子を預かってくれていた。ケーキ作ろうと思っていたけど、草団子は足が速いから、今日は団子を二人で戴く事にした。「御免ね、テルッツ。ケーキはあしただよー。」lovely

ニュースで宮古島の「まもる君」が、壊されたと知った。このての人形を見ると思い出す。
ワシは、仕事で都心部を走り回っていた。考えて見ると都心の道路は、工事だらけ、ビル工事があったって車線規制するし大変だ。特に夜になると、車線規制の主役が登場する。「安全太郎君」。ペラペラの人形で、ただただ腕を振っている奴だよ。
夜、車にテルッツを乗せて走っていると、時々、こいつに遭遇する。その時に、テルッツに名前を教えてあげた。「あれね、安全太郎君ってゆうんだよ。」 「へーっ」名前を覚えてくれた。
極偶に、本物のガードマンが規制している時があると、「あ、あれは、本物太郎君だね、トシチャン。」って、言うんだよ。 「本物太郎君」と言う響きが、おかしかった。えらく笑えた。
それ以来、街で見かける赤い規制棒を振っているガードマンを、「本物太郎君」って言うようになった。ワシもね。
いつまでも、少女のようだった。勿論、今も。pig

三大姓名判断

|

« Typhoon一過。 | トップページ | 洗車したら、猫が!? »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/41953808

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸の中日に思う。:

« Typhoon一過。 | トップページ | 洗車したら、猫が!? »