« 通販のCMを見ていると。 | トップページ | 今日は、土曜日。お花屋さんの日。 »

街に出る。今度は、本物の街。東京八重洲。

訳あって、八重洲に出かけた。ワシの仕事は、朝6:30に家を出る時から、夜10:30に帰って来るまで、ずーと車で過ごすので、何年も、切符を買って電車に乗っていなかった。今日、日本語が理解出来ない人間の様に、切符の自販機の前で立ち竦んでしまった。coldsweats02moneybag 切符一枚買うだけの事に、何であんなに時間が掛かるのか。情けない。weepとある習い事の為、手続上、人とお会いする運びになっていたのだ。暫くぶりに、人とお話をした。実に親切に、ワシのボヤキまで聴いて下さった。有難かった。テルッツの事も聴いて下さった。とにもかくにも、次の段取を決めて帰る事にした。pen
ビルから出て、ふと立ち止まって考えた。「待てよ!東京駅の向う側は、ワシが仕事をしていた、受持ち区域だ。大手町には、営業所サテライトもある。丁度昼休みだし、皆も集まっている。ちょいと覗いて見よう。」 それで、テクテクと。foot 八重洲から呉服橋交差点を左折、永代通りのガード抜けると、多少看板がすげ替えられて居る所もあったが、ほぼ以前と変り無く、行きかう人々の顔に見覚えがある様な。
営業所の前の通りに入ると、いるいる。bleahwinkbearingcatfacethinkdogpigおよそ一年のブランクがあったとはいえ、相変わらずのメンバーが、勢揃い。みんな、ワシに気が付くと、「いやー。久し振り。元気だった。」と、寄って来て、そしてまた、言い直す。「元気な訳、無いやな。あの愛妻家が、奥さんに先立たれちゃ。」 皆、知っている。ワシは此処で二十年働いていたんだ。ワシが、如何にテルッツを愛していたかを。heart04 「働いてるの?」「何時、戻ってくるの?」「僕もそろそろ引退だ、その時は君以外に引き継ぐのは嫌だなー。その時は、帰って来てよ。」そんな言葉をかけられた。
働きたくても働けない、そんな世知辛い世の中なのに、本当に有難い言葉だった。「今の腑抜けた状態では、事故を起したりミスもでるだろうから、もうちょっと立直ったら、その時に復帰させてくれる?」そう言って、午後の仕事に向う連中と別れた。
さあ、帰ろ、帰ろ。大手町の駅からなら、テルッツとワシの家がある駅まで乗り換え無しで一本だ。でもまた、切符を買うだけの事で、sweat01冷や汗をかく羽目になってしまった。 相変わらず、乗り継ぎ切符のボタンが解らない。   つづく。

Maru-Jan

|

« 通販のCMを見ていると。 | トップページ | 今日は、土曜日。お花屋さんの日。 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/39107505

この記事へのトラックバック一覧です: 街に出る。今度は、本物の街。東京八重洲。:

« 通販のCMを見ていると。 | トップページ | 今日は、土曜日。お花屋さんの日。 »