« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

やんなっちゃった!

昨日は、birthdayケーキを焼いた。そして、花達も一週間経っていたので、生け直した。その時に、庭の連翹が綺麗だったので、花達の仲間に加えた。tulip 今朝、プラスチックゴミを出しに外に出て、今日の予定は、これで終わりかなと思っていた。何事も無く、静かに陽が沈もうとしていた。think お風呂に入る前に、オシッコしておこう。トイレで蓋を開けた。「ありゃーーーーsign03」 溜まり水が、いつもの水位に達していない。「これはsign02」 我が家のトイレは、詰まると水位が下がるのだ。 
十年位前、確か時期も同じ3月だったと記憶しているが、その時、テルッツは、インフルエンザで大熱を出して、寝込んでいた。日曜日の午後だった。用を足して流したら
ゴボゴボ音をだして、水が無くなっちゃって、びっくりした。普通、トイレが詰まると、水が、溢れそうになる筈だ。ワシは、首を傾げたよ。「何でやろ?」 家の外に廻って、トイレの下水管の二箇所ある蓋を開けてみた。 原因は一目瞭然だった。flair 汚い話、紙やら「チーウン君」やら詰まっていて、見るも無残な状態だった。
一生懸命棒で突いたり、バケツで20~30杯も水を運んで流したり、大変だった。coldsweats02sweat01 努力が報われて、堰を切った様に、だだーっと流れ始めてくれました。本当に良かった。熱に魘されているテルッツに説明しても解からないから、後日、元気になった時に、「大変だったんだぜー。」って、言っておいた。cryingsweat02down

以前の経験から今回の異変は、下水管に原因がある事が解かっていた。もう直ぐ暗くなってしまうというのに、やんなっちゃったなー。night でも、自分で出した物の始末だ、やるっきゃないでしょ。また、せっせとバケツで水運び、30杯位流したかなー?確かに詰まっているのは解かってるんだけど、今回はうんともすんとも言わないなー。洒落じゃ無いよ。think すっかり暗くなっちゃって、下水管の中見えないから、今日はこれ位にしといたらー。暗いのに突っついて、手に付いちゃったりしたら、涙が出ちゃう。止めとこ止めとこ。明日、朝一で、突っついてみよう。
テルッツと二人で、ひっそりと暮しているのに、何で自分の「チーウン君」に虐められなきゃいけないんだろ。
もしかして、地震でトイレの下水管に、何らかのダメージがあったのかも知れない。そうなると、厄介だ。crying ま、sunあした、突っついてみよ。服に跳ね上がらない様にしよ。pig   つづく。

インド悠久の彼方
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テルチャリ、今日は柴又だ。

チャリに乗る様になったのは、sun最近暖かくなって来たからだろう。そんな訳で、今日は柴又の実家へ。ま、実家に用があった訳ではなく、ワシのいつもの薬を貰いに、定期的にいつもの病院へ通っているからだ。陽気が好くなるということは、紫外線量が、増えるという事でもある。放射線量など全く気にならないけど、歳を重ねたお肌には、これは大問題だ。「ちゃんと、シ焼け止塗った?トシチャン。」 出かける前には、必ずチェックが入ったものだ。lovely
朝一で、出かけて、順番は三番目。ちょいと先の実家で、お茶でも飲みながら待っていれば、直ぐ診察時間が来る。地元の病院だから、知合いによく会う。ワシより歳を重ねていれば、其れなりに、ワシ以上問題も出て来るみたいだ。ガキの頃から面が割れている人に会うと、何となくばつが悪いや。bleahお互いお大事にって事になる。そして、お互い歳を取ったという事にもなる。sad
薬を貰って、実家に寄って、また、お茶飲んで、帰った。弟に、またアディダスジャージを貰った。母親から、お茶貰った。
家に着いた。そうだ、昨夜寝る前、冷蔵庫のチェックしたら、「ごーたまちゃん」(テルッツは卵をこう呼ぶ)の消費期限が間近に迫っていたので、今日はケーキcake作ってこましたろと思っていたのだった。早速作りました。ココアシフォンケーキ。何度も言うけど、テルッツ好みだから、甘いよ。お昼に、ちょいちょいと作っておいて、三時頃冷めたから、テルッツと二人で、御三時タイム。我が家の絶対のルール、最初の一切れは、テルッツのもの。テルッツにケーキナイフを待たせて、「好きな分、切りな。」って、言ってたんだ。そうすると、お約束の様に、ホールのケーキを十字に切って、「半分づつ、分けっこらね。今日ひとつ、あしたひとつづつ。何でい!あしたで、終わりかよ!ちえっつ。pout」ってな事を言う奴だった。
「悪いけど、テメエが居なくなっちゃってるから、ワシが切ったるわい!」 ちょっと淋しい、いや、無茶苦茶淋しいケーキカットが、続いている。でも、わしは、テルッツと違って、たった四切れにはしないよ。 「トシチャン、ケチケチだなー。」って、言われるかなー? 何か、雷の音がしてるなー。しみったれの切り方したからかなー?   つづく。

論理算命占

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テルチャリ復活。

sun朝一からチャリ磨きは、久し振りだ。世間は、お仕事モード、ワシは、テルッツが昔使用していたボロボロパジャマで、せっせとチャリ磨き。タイヤもパフパフでスカスカ。空気圧ゼロ。チェーンに油をくれて、ブレーキワイヤーにも油。庭で試乗して、これでOK。good
足立区にあるスーパーを目指した。普段の日なのに、道路は空いていた。ガソリンスタンドにも並んでいる車は居なかった。街は、普段通りになっていた。いつも安売りしている店なので混んでいるかと思ったら、そうでもなかった。ただし、お水の棚はすっからかん。何でかな?水道の水、問題無いのに。ま、ワシは、お水を買いに来た訳じゃ無い。この三日間、飲むヨーグルトを探してたんだ。eye この店にも無いとなると、他は期待出来ない。明日、メーカーに電話したろ。造ってるのかなー?pout
トマト買ったから、テルッツに出してあげよ。深炒り胡麻ドレッシングが、大好きだったから、ゆで卵も一緒に載せたろ。ゆで卵と愛称がぴったりだし。
家に着くと、テクテクとは別の疲れがあった。テルッツは、いつもこのチャリで走り廻っていたんだなー。pig     つづく。
Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳は、取りたくねなー!part4だったかな?

今日も、金町へてくてく。foot勿論、買物バッグをぶら提げて。moneybag買物が、メインじゃないけど。出かけた理由は、銀行へ行く事。bank
実は、先週、一本の電話と一通の封書が届いた。memo 「国民年金が、二ヶ月分未納です。」だって。あれー変だなーsign02、ワシの記憶では、確か通帳から自動引落しに手続きした筈。早速通帳を確認。なーんだ、エロ爺の勘違いだった。coldsweats01 手続きしたのは、国民健康保険の方だった。歳は、取りたくねーよ。 封書で届いた書類に必要事項を書き込んで、銀行へ向う事になった訳だ。銀行、みずほだから、例の自動の取引不備問題と給料日の後で、えらく混んで店の外まで人が並んじゃってるの。参った。ま、手続きが済んで良かった。good
帰りにまた、スーパーに寄った。昨日は、日曜日だったから混んでいたのだと思ったのだけど、月曜日の朝なのに、えらく混んでいた。開店前から並んじゃってるの。そんな事より、オシッコしたくてトイレに直行だ。toilet すっきりしてから、欲しい物の所へ行ってみた。あーあ、やっぱり無し。結局おトイレの用達だけで、帰っちゃった。今日、もしもレジで並んでいたら、昨日より時間が掛かったろう。多分40分位かな? やっぱり最近のニュース報道が、影響してるんだろう。
家までまた、てくてく戻り、shoe今度は近所の店へ、新しいパンも買えたし、並ばずにレジも済んだ。しかも、月曜日は、ポイント2倍の日。灯台下暗し。しかし、お店には、お水関係の商品は総て売り切れで、残っていなかった。ワシには、必要ないけど。pig
あしたは、テルッツのチャリを、久し振りに出してみよう。sunテルッツが、初めて入院する時から、ずーっと、動かしていなかった。15ヶ月ぶりだ。空気抜けてんだろうな。そういえば、タイヤの空気は、いつもワシが入れていたなー。「トシチャン、空気いれてくれい!」って、言われてたなー。お姫様だったから空気入れられなかったんだ。テルッツのチャリだ。「ちょいと、貸してくれい!」lovely   つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜の朝はどうじゃろか?

わり方、早起き出来た。gawk 昨日、スーパーのレジで年末の買物の時よりも、遥かに長く並んだ。sad 列のお尻に就いて、20分以上だった。朝、朝食を済ませて、house家の掃除、spa風呂の掃除、そしていつもの運動をして、run 9:50ぐらいだったので、金町のスーパーへてくてく歩いて出かけた。footせっかくお買物バッグを持って行ったのに、欲しい物は無かったのか無くなっていたのか、とにかく無し。期待はしていなかったので、まーしょうがない。think もしも、何か買っていたら、昨日よりもレジで並ぶ事になったであろう程、人が並んでいた。あれじゃ、レジに辿り着くまで、30分以上掛かるだろう。また、てくてく歩いて帰って来た。好い運動になった。最近、朝食後、運動して体重を量ると65Kgを切っている。いい感じだ。good
また、母親がやって来た。「てるちゃんの夢を見た。」とか言って、お土産ぶら提げて、お線香を上げに来た。いつものラーメンのセットと、またまた塩鮭だ。それと、キムチ。有難い。我が家には、テルッツの為にと戴いた、お煎餅やおかきの未開封の缶が、みっつもあったので、それらを全部開けて、テルッツの分だけ残して、あとは総て、持って帰って貰った。ワシの父親が、よれよれの年寄りの割りには、お煎餅をよく消費するそうだ。好かった。
震災に遭われた地域のニュースを見て、思う事があった。 ワシは、学生時代、大船渡の友人宅に泊めて頂いた事がある。駅からは、かなり坂を登った、高台にある家ではあったが、あれだけの大津波だ、大丈夫だろうか。また、この友人とは、あの消え去ってしまった、陸前高田の高田松原の海水浴場で泳いだ事がある。素晴らしく綺麗な海岸で、真夏だと言うのに海水温が17度ぐらいしか無かったのを記憶している。 テルッツと暮す様になってからは、田老、田野畑、北山崎、岩泉、宮古の浄土ヶ浜、吉里吉里、釜石、遠野、花巻など岩手を巡るたびをした。テルッツが、カンパネルラ田野畑駅の前で駅舎の看板を指差す写真や浄土ヶ浜の遊覧船で潮を吹く岩にびっくりしている様子の写真もある。田老の化け物の様な防潮堤も見た。テルッツとワシの心の中にあった、数え切れない綺麗な思い出が、今はもう本当に「思い出」になってしまった。
一日中暇で、ぼーっとしているワシに、出来る事は無いだろうか?しかし、まだ、テルッツを一人残して、旅に出る勇気が出てこない。とほほ。pig  つづく。

ヒンドゥー占星術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、出たよ。

いやー、風が強かった。びゅーびゅーだ。9:30の開店に合わせて出かけてみた。スーパーの前は、行列だ。日本人は、礼節の民だ。あれだけ人が並んでいて、後から入り口付近に集まった人々が、全く割り込もうともしない。立派だ。ま、とにかく、欲しい物は、野菜とパンだけ、それと、テルッツにフルーツでもあればOK。
暇だから、一通り廻って見た。皆、水が欲しいんだなー。皆それぞれ、電解水のボトルを持って来てるし、ミネラルウォーターに群がってるし、大変だ。
つい一週間前なら、ゆっくり品定めなど出来なかった。今日は、パンどれにしようかな?っと選んでた。牛乳もゆっくり見れた。野菜は、高目だった。
野菜炒めにして、味噌ラーメンにした。
今、メモを携帯して思いついた時に、「てるっつの可愛らしいところ」を、メモってる。夜になると、PCにまとめて溜めている。レポート用紙にすると五枚位になったかな。可愛らしいところを、思い出すのはとても辛い、crying辛いけど、ワシの前でどれ程可愛らしかったかを、書き溜めておきたい。一杯貯まったら、公開する前に、見たい人には、見せるよ。pig   つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、外へ。

今日は、金曜日。ワシの地区では、燃えるゴミの日。朝一で、角を曲がった処のゴミ置き場まで、ゴミをぶら提げててくてく。朝一番で、今日の予定が、総て終了してしまった。おわり。だから、ぼーっとしてました。 明日は、野菜でも買いに行こうかなー?どうせまだ、水は、売っていないんだろうなー。いつ、パンまつり再開するのかなー?お味噌溢して味噌ズボンにしちゃったし、やんなっちゃうなー。でも、まーいいや。洗えばいいんだし。最近陽が長くなって、出窓のマーガレット達も、元気になってきたし。  つづく。

ヒンドゥー占星術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一歩も外に出ず。

新聞を取りに玄関のドアを開けた以外、今日は、一歩も外に出ていない。今度は、外の世界で水騒ぎらしい。この家で暮しているのは、ワシひとりだけ。世間は大変だなー。
夕方、浄水器屋さんが
来た。震災前から来る予定になっていたのに、諸般の事情により遅れたようだ。ま、以前から、フットワークの切れ味は宜しくない会社なので、別段腹も立たない。テルッツの事を知っている営業マンなので、テルッツが亡くなった事をびっくりしていた。
しばらく、パンを買うのを控えよう。だって、シールが、付いていないから。pig  つづく。

Maru-Jan

| | コメント (1) | トラックバック (0)

五ヶ月かー。

テルッツが、永の旅に出てから五ヶ月が経ってしまった。weep今日は23日だwatch。お彼岸前から戴いていた花達が、沢山あるにはあるが、そろそろ弱ってきたし、テルッツの好きな色、好きな香りの物ばかりでは無いので、やはりテルッツを綺麗に飾って上げられるのは、ワシの仕事だ。そんな訳でいつもの「花恋」に、花達を買いに出かけた。moneybag 今日は、いつもテルッツの花を用意してくれる御姉様一人だけ、残りのお二方は卒業式や何やらで、お出かけらしい。お忙しいのは、結構な事である。
「さあ、どうしようかな?洋花が、いいでしょ?」などと言いながら、ワシにテルッツの好みを確認しつつ、ささっとまとめてくれた。またも、男の手で一握りの束になった。しかも、帰り際、おまけにチューリップを3本。綺麗なピンク。「包んであげる。」と言われたが、流石に申し訳なく、3本のチューリップは素手で握り締めた。pig
家に着いて、花を生ける騒ぎをしていると、ワシの弟と母親が、やって来た。23日だからだ。伯母もテルッツの好きだったお赤飯を持って来た。また、塩鮭がきた。相変わらずだ。お返しに、アップルパイ。これで、パイは総て無くなった。
祭壇を飾り直す間に、ちょいとテルッツに移動して貰う。その際に、少しの間だけ、テルッツを抱っこ出来る。テルッツだって、待っていたに違いない。三度の飯よりワシの抱っこが、好きだったからだ。
ワシの両腕の中で、「安心するんだー。」 必ず、そう言ってくれた。実は、両腕の中にテルッツを感じて、安心していたのはワシだったんだ。小さくなって、少し角ばってしまったけれど、両腕で包むと安心する。いけねー、いけねー。余り長く抱いていると、鼻水垂らして汚しちまう。
   つづく。

論理算命占

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ACのCMばかりだなー。

震災以降、テレビCMもすっかり自粛ムードで、ACのCMばかり目立っている。あのピアノのBGMが流れると、何となく淋しくなりテルッツに逢いたくなってしまう。
今、真剣に自分達のお墓の事を、考えている。色々、石材屋さんに物色して貰っている。ひとつ、候補が上がってきた。山梨甲府近郊の丘陵南斜面で、正面に富士山が見えるというロケーションだそうだ。見学に行こうかなー。
ただし、二人仲良くお墓に入るには、クリアしなければならない条件があるのだ。そこで、親戚の皆さんにご相談。今度、じっくりとお話しましょ。  つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンにヌリヌリ。

ワシが、ご幼少の砌、一説には悪ガキの頃、ワシの通っていた保育園は、柴又学習院と呼ばれ、これも一説には、悪ガキの巣窟との説もある、柴又八幡神社の裏手にある、、「しらさぎ保育園」であった。母親に手を引かれ、大人しく通っていたらしい。記憶が、定かでは無いのだ。確かな記憶、それは、当時から女の子に非常にもてた事。シ常に。それと、breadパン屋さんだ。八幡神社の正門鳥居の、通りを挟んだ前に、「伊藤パン」というお店があって、そこでよくパンを買って貰った。当時、洒落たパンなどはなく、コッペパンに切れ目を入れて、好きな塗物を塗って貰うとゆう代物だ。いちごジャム、マーガリン、ピーナッツバター、その頃はまだ、チョコクリームや小倉などは無く、増してや、それらの組合せなど、思いもよらぬものだった。小倉マーガリンやジャムマーガリンなどと言うものは、かなり大人になってから知ったのだ。第一、もし注文を二つ三つしたら、後ろから、後頭部目がけて平手打ちが、ビシッとかまされた。weep その時に、一番食べたい物を、じっくり考えて、ひとつ注文する。後で、後悔しないように。ワシは、十中八九ピーナッツマーガリンだ。そのお店の塗り方たるや、超営業ケチケチ塗り。パンのキメが判る程。パン屋が、塗るのだから、これが正しい塗り方だと思ってた。ガキの頃のワシには、それでも相当のご馳走だ。得体の知れぬ甘味料を使用されていようが、甘ければそれで好い。あの頃、サッカリンやズルチンといった甘味料が平気で使用されていた。高級品は、皆「全糖」と、商品名よりでかでかと表示してあった。 爺の領域に入った今でも、好きな物は、相変わらずピーナッツマーガリンのまま。今は、何処にでも、ベーカリーがある。テルッツと、パンをお気に入りのお店に買いに行くと、必ずテルッツは、「トシチャン、粒入りピーナッツ買わないの?」って言うんだ。
昨日、いつものバターが切れたので、買いに行った。我が家はずーっとチューブバター。テルッツは、パンを焼いてからではなく、パンに塗ってから焼く派だ。一番好きなのは、バターを塗ったその上にメープルシロップを塗るパターン。これを焼くとバターの油分でメープルの糖分がカリカリに焼けて、香ばしくて、とても美味しいのだ。でも、昨日買ったのは、いつものではなく、ソフトタイプの固形のバター入りマーガリン。何故かというと、チューブタイプは、少しお高目。経済的に量の多い物にしてみようと思ったからだ。それに、たまには、違うものでも食べてみようと思ったのだ。pig
早速、今朝試してみた。ケースからすくってパンに塗る時、不意に思い出した事があった。 それは、昔々、ワシ等が結婚して間もない頃、ちょっとしたお出かけで、サンドイッチを作って持って出かけた時、おかず味ばかりでは飽きるから、甘いものも挟んで持っていこうという事になり、ワシは、イチゴジャムをまかされた。お昼にサンド君達を開けて、いざ食べる時、「あれー!トシチャン、ジャムケチケチ過ぎる。」「こんな、薄っぺらな塗り方は、初めてだよー。トシチャンはにー。」 ワシは、幼かりし頃から薄っぺらなジャム塗りが身体に浸み込んでいて、これで好いのだと思っていた。「トシチャン、ジャムはね、食べてる途中で垂れる位塗らないと。もうトシチャンは、大人で、しっかり稼いでるんだから遠慮しないで、塗っていいんだよ。」目から鱗だった。 当時、テルッツは相当びっくりしたらしい。何故なら、その出来事以来、ワシが、塗物をする時は、「トシチャン、ケチケチは駄目でっせー。」って、優しく言ってくれる。lovely
久し振りに固形の塗物を、パンにヌリヌリしていたら、後ろから、「トシチャン、ケチケチ・・・・・・」って、聞こえた様な気がして泣けてきた。crying でも、メープルシロップは掛け忘れたりしない。テルッツの一番好きな味だから。good    つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また、頂き物が。

約30cm四方の角皿で焼いたアップルパイを、朝一で12等分に切り分けた。気取ったパティシエなら24等分とゆうところだが。ワシは、いつもテルッツに言われていたから、ケチケチ切ったりしない。最初の一切れは、勿論テルッツの一皿に。午前中に、テルッツのお友達が、線香を上げに来てくれて、しかも、マーガレットの鉢植とお菓子まで持って来て戴いた。そのお返しに、僅かではあるが、アップルパイを三つばかり貰って頂いた。昨日、叔母からデコポンを貰っていたので、お返しに二つ程。そして、御三時に、ワシがふたつ喰っちゃって、引き算をしてみると、残りは都合四つとゆう事になる。あんなにでかかったパイが、もう残り僅か。あしたも、喰うたろ。ワシの作るアップルパイは、テルッツの好みに合わせて甘い。お上品にお紅茶とゆうより、濃い目のコーヒーで、しかも、パイに生クリームを載せてこってりとさせてから、召し上がれ。じゅるる。smile
沢山あった林檎を変身させたのに、また、頂き物をしてフルーツも増えた。花達も増えた。お菓子も増えた。これも、テルッツの人柄なのだ。いいなー。ワシの時は、花が飾られるかなー?
午後、またまた、物流の御様子を見に、スーパーへ行ってみた。更に品数は増えていたけれど、牛乳は無かった。麺類が多少残って居たので、鉄板焼ソバを購入した。具材も買った。夕飯は、焼ソバだ。最初に、肉野菜炒めを作って、ある程度の量を、後のおかずの為にストックし、避けて置いた肉野菜炒めを、焼ソバの具材として使用する。
最初に、麺だけを、煙が出る程こんがり炒めてパリパリにして、桜海老、切りイカ、揚げ玉を入れて、後は、肉野菜炒めと合わせるだけ。ソースもこんがり。それを、ふんわり食パンに挟んで、更におたふくソースを掛けて食べちゃった。美味しいよ。
明日も、世間はお休みだ。ワシには、どうでも良い事だが。春の黄色い花達が大好きだったテルッツが、昔植えた連翹の花がようやく咲きそうだ。冬が寒かったので遅れてたんだ。テルッツの後ろの窓から好く見える。沈丁花の香りもテルッツの背中越しに入って来る。bud   つづく。

インド悠久の彼方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡丹餅が、来たーーー!

今朝、先日の血液検査の結果を聞きに、病院へ行った。ワシの実家は、病院の100m先にある。顔を出すと、牡丹餅が出来ているとの事、帰りに貰ってこ。
結果は、多少の問題はあるものの、心配な数値は無いそうだ。要は、年齢の問題なのだ。帰りに寄ったら、ちゃんと照美さんと書いて置いてあった。
帰りに、ちょいと距離があるので車でしか行けないスーパーに寄って見た。いつものようにとは言えないが、欲しい物は手に入った。それにしても、ガソリンを求める車の渋滞は酷い。環七に溢れてた。
家に帰って、真っ先にテルッツに上げた。ふたつ。五つ貰った内のふたつ。餡子がケチケチしているときっと怒るので、たっぷり塗ったくった。 色々戴き物がある。果物やらなにやら、煎餅などは日持ちがするが、果物はそうそう置いたままではいけない。テルッツを思って下さる大切な気持ちが込められている物達なのだから、仇や疎かに出来ない。パパイヤの一つ二つなら伯母たち配って終わり。だけど林檎が多くて。そこで、林檎たちは、アップルパイに変身させたろ。美味しいよ。ワシの作るアップルパイは甘いよ。夕方、御飯の前に焼き上がった。家中が、好い香りだ。今、冷ましている。
19:00前に大きな地震、直ぐ二階に駆け上がってテルッツの周りの花達を、倒れない様に押さえた。 それにしても、地震が多い。   つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

在りました。

今日は、いよいよ牛乳が無くなりそうなので、朝の開店を狙って買物に出かけた。いつもの様にとはいかないが、其れなりに、商品が並んでいた。パンも買った。しかし、「ふんわり」6枚切りを買ったのに、シールはどうしたんだ!「ヤマザキ」の野郎、パンまつりどうなってるんでい!積んであったパン、全部確認したんだぜー。ま、興奮してもしょうがない。震災に遭われた方々の事を思えば、我慢我慢。
せっかく、朝一でスーパーに来たのだから、晩のおかずもこうたろ。久し振りに生姜焼にしてこましたろ。生姜焼きのタレが浸み込んだ千切りキャベツが、大好きだったテルッツに喰わせたろ。
そうだ、報告。テルッツと、永のお別れをした時に69Kgあった体重が、今64Kg台になった。空腹時なら63Kg台までになった。好かった。自分では、鏡を見てもさほど変わっていないように思えるが。
あした、血液検査の結果を聞きにゆこう。そして、いつもの飲むヨーグルトを、買いにゆこう。あるかなー?
あした、「牡丹餅、出来たよー。」というTELLが、あるだろうか。   つづく。

論理算命占

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、金町へ。

未だ物資を補給出来ず。なので、本日は金町のイトーヨーカ堂へ向った。全然期待はしていないけど。案の定、何も無い。「いらっしゃいませー。」の声だけは、威勢が良い。結局、カートを押して場内一周して直ぐ出て来た。テルッツが居たなら、「役立たず!」って言うに決まってる。それにしても、何でこんなに物が無いのか?牛乳無しでは、流石のワシでも、オールブランは食えないぞ。テルッツは、殆んどのシリアルを、牛乳無しでポリポリ食べられたけど、このオールブランだけは汁気が無いと食べられなかった。因みに、我が家では、オールブランを「牛餌」と呼んでいた。メーカーさん、御免なさい。でも二人は、味を捨てて、次の日の朝の為だけに、嫌々だけど食べていたんだ。
牛乳明日で終る。困ったなー。
昨夜は、夕飯の時から、いや昼間からやたら泣いていた。crying12時に布団に入って1時間また泣いた。今日も、やたら泣いている。weep何故だろう?牛乳とパンが、買えないからかなー?   つづく。

ヒンドゥー占星術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も無い!

突然、相撲部屋を始めたかの様に、或は、いきなり育ち盛りの子供が数十人出来た家族の様に、いろいろ買い漁って行く輩が、沢山居る。今日も、スーパーの棚に欲しいものが無かった。ワシは、テルッツの朝御飯の為に、毎朝パンが一枚あれば良いのだ。しかも、消費期限を気にすれば、一遍に三枚ぐらいしか買えない。大抵、食パンの消費期限は3日位。それなのに、パンをごそっと買って行く輩の気が知れない。菓子パンも無いのだ。 こうゆう奴等に限って、普段自分の子供たちが、菓子パンコーナーの前で、「買ってーーー!」と言うのを、五月蝿そうにしているのだ。麺類にしても、然り。カレーやシチューのルーも無い。牛乳も無い。得体の知れない普段は買えない高い物まで無い。
レジで、質問をしてみた。「入荷が無いんでしょうか?」 すると答は、「朝、入荷しましたが、皆様、開店前から並ばれて、商品は直ぐ売り切れました。」
頭を抱えてしまった。こんなに浅はかな輩ばかりなのかと。
先の震災で被災された方々の、その秩序ある行動と忍耐力に敬意を表する。自分ならあれ程の落着きある姿勢を取れるだろうか?と。
世界の人々も、被災されたにも係らず、冷静で秩序を重んじる姿勢に称賛を寄せている。なのになぜ、住む家を流された訳でも無い、家族と生き別れた訳でも無い、ましてや、最愛の人の、冷たくなった泥だらけの身体に取り縋る事も無いこの東京の人間が、あせり、物を奪い合う様に買いだめに走るのか?この姿を、世界の人々が見たなら、どう思うのか?この姿を、被災された現地の方々が見たなら、どう思うのか?恥ずかしいとは、思わないのか?同じ日本人が、困っているんだ。遠い国の事ではない。隣の家で、親が帰って来ず、飯も食えずに泣き叫ぶ子供が居るんだぞ!それを尻目に、晩飯の買物に出かけるのか?
これらの買い占められた数々の物が、現地でお困りの方々への支援に廻るのなら、それならば、決して恥ずべき事では無いのだが。ワシの思い過ごしであって欲しい。  つづく。

新釈インド星読ミ占


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう、彼岸かー?

抗生剤を、4日間飲んだ。膀胱君のチェックに、病院へ出かけた。hospital 一番だった。オシッコのチェックもあった。 「カップに取ったあと、全部出し切って下さい。その後直ぐ超音波検査します。」との事。エコー画像に問題は無し。残尿は極々僅か。前立腺も大きい訳では無い。ついでに、腎臓の画像も見てみると、左右ともまるで問題無し。「一応、血液の状態も見ときましょう。」と言う事で、採血。テルッツは、この「採血」の事を、「チートリ」と称していた。 採血された日は、「チートリてるみ」と自分の事を呼んでいた。眉間にしわを寄せて、下唇をムっとして、脱脂綿を押さえながら「参っちゃったなー。ほんまによー。」と、言っていた。可愛らしかった。
もう直ぐ、お彼岸だ。そんな訳で、ご丁寧に花を送って下さる方がいらっしゃる。ダンボールで届いた。開けてみた。予想以上に沢山の花たちが、旨く詰め込まれていた。こりゃーテルッツだけでは、多過ぎる。届いた花を持って来てくれた母親にも分けて、伯母二人にも分けた。都合四軒で、花たちを分けた。
テルッツの周りは、花だらけ。可愛い可愛い花たちに囲まれて、一番可愛らしいのがテルッツだ。お後は、牡丹餅が添えられるだけ。それも、週末に母親が持ってくる。delicious餡子の色で甘さの度合いを見極める、angryしみったれた砂糖の使い方を許さないテルッツにとって、母親が作る牡丹餅は、お彼岸の時期の朝飯代わりなっていた。大好きだった。lovely自分の好きな物は、小さな口をめいっぱい大きく開けて、「パクッ」っと食べるのだ。 そんなテルッツを見ているのが、ワシには、二人の間の慎ましやかな幸せのひとつだった。ワシが、ニコニコ見ていると、必ず返って来る言葉「何、見てくれてんねんsign02」。でも、テルッツだって嬉しそう。きっと、少しは幸せを感じていたに違いない。  つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買物の筈が。

「パン」bread
「チューブマーガリン」
「牛乳」
「野菜」
「お風呂用石鹸」
「バスマジックリン」
「単三電池」
「お顔のクリーム」
以上の物を買う事。penmemoそう書いたメモを、ポケットに納めて買物に出た。すっかり、世間の事に疎くなっているワシには、てゆうか、世間の事など、どうでもよくなっているワシには、震災後の社会の動きが、全く読めていなかった。
てくてくと、出かけた。foot途中の総合ドラッグ店「月曜ポイント5倍DAY」と、ある。なかなかの盛況だ。でも、ワシは、ここでは買わない。しかし、幾らポイント5倍と言ったって月曜日にしては混み過ぎだ。変だなー。sign02
目的のスーパーに着くと、「ありゃー。」 これも、月曜日にしてはcarrvcar駐車場が、一杯だ。「なんでやろ?」 買物を済ませて出てゆくお客さん達の会話を、聞くとは無しに聴いてみると、「何にも無いよ。」 ワシは、小首を傾げてまた、「なんでやろ?」think
入口を入って、納得した。「何も無い。」 こんな光景は、初めてだ。テルッツにも見せて上げたかった。ワシの手を引いて店中を嗅ぎ回るだろう。dog戌年だから。そうして子供の様なキラキラした瞳で、「不思議獣」と言うだろう。嬉しそうに。大変な事態になっているのに。coldsweats01
「パン」全く無し。「牛乳」低脂肪の不味い薄っぺらのしか無し。「野菜」高い物しか残って無し。「チューブマーガリン」パンが、無いので買う気が失せる。 結局、半切りキャベツひとつのみ購入。お粗末。
他の物は、別の店で買うか?また、てくてく。foot この日二度目の「ありゃー!」。何でこんなに混んどるの? 聡明なるワシは、気が付いた。「そうか、物流がやられているんだ。」「地震でか?」 流石、元運送業界。三軒目で早くも、事態の深刻さに気が付いたのだ。テルッツなら、「流石sign02トシチャン、頭良いねー。馬鹿野郎sign03」見事なボケツッコミを入れていただろう。
「牛乳、牛乳っと。」店の奥へ。「何ー!お一人様二点まで。尻の穴がちっちぇーんだよ。こんな得体の知れない不味そうな牛乳がかよsign01」「ワシは、メグミルク濃い味しか、飲まねーんでい。ふざけるなsign03
とは言え、牛乳が無いと、テルッツの朝御飯のシリアルが出せない。胡散臭い牛乳だけど、買ったるわいsign01あしたの朝不味かったら、石ぶつけに行こう。runpig
夜、或る事が気になって、行き付けのスタンドにtelephoneTELLした。やっぱり駄目か。ガソリンも灯油もねちsign03 寒いじゃねーかー。これで停電になったら、炬燵どうすんの?
「独居エロ爺、ひっそりと凍死」 なんて、新聞の見出しが出たらどうするんでい。

尚、電池は総て売り切れでい。   つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被害の程。

納戸の洋服箪笥や整理箪笥の引出が飛び出して、バランスを失って倒れ掛かったり、食器棚の据わりの悪い物が倒れたり、ボヘミアガラスの花瓶がお釈迦に鳴ったり、極め付は、テルッツの両脇を飾る花たちが倒れて水浸し。
地震発生時は1Fに居た為、暴れるテレビを押さえ込み、しかも、自身が座っていたキャスター付きの椅子にも踏ん張っての大騒ぎで、2Fのテルッツの下でかばって上げられなかった。揺れが落着いて真っ先にテルッツの処に駆け上がったのだった。run
割れたガラスを片付けるのは、結構大変だった。熱も有り、ふらふらだったので、薬を飲む為に食後休んでいた時の出来事だったのだ。
今日、被害のあった花たちの為に、追加の花を母親が、持って来てくれた。「てるちゃんの花だよ。」と言って。相も変わらず、塩鮭もぶら提げて来た。早速焼いた。これがなんと、過去経験した事が無い位の、超しょっぱさであった。
「こりゃー、強烈だぜー。かーちゃん。しょっぺいやー!」happy02
「どれどれ、あら本当だしょっぱいや。でも、味は好い。」bleah
あのしょっぱさで、味が判断出来るとは、年の功というかすっかり味覚が弱ったというか。ま、大したもんだ。隣の伯母からも、ホタテ御飯を貰った。みんな、テルッツの大好きな物ばかり。いいなー、テルッツは。lovely
買物に行かなくて済むワシにとっても好い事だ。助かるなー。
熱もすっかり下がったので、後は、尿道関連の違和感、平たく言えば、オシッコの出が好くなればいいのだが。   つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怖い!

生前、テルッツがワシに語っていた一番怖かった話。「トシチャーン、東海村の臨界事故、わしは、あれが一番怖かったでー。coldsweats02 ほんまによー。」 もし、テルッツが生きていたなら、今日の原発爆発事故を見て、一番怖かった事が入れ替わっていただろう。多分、「二人で、逃げようぜー。お弁当持ってさ。lovely」と、言ったに違いない。
今日、2日ぶりにお風呂を戴きました。さっぱりした。
そうそう、その前に、訪問客があった。「石材屋さん」、言わずと知れた、ワシ等のお墓の相談だ。テルッツを、送り出す時に大変お世話になったセレモニーセンターの美人担当者さんの紹介で来て貰った。
テルッツが、元気一杯の時、「二人には子供が居ないし、さりとて藤田本家の菩提寺の墓にも入れない、それじゃどうする?」 よくこんな話をしていた。
「どうしよう。トシチャン。heart04」 
「んじゃさー、海に返してもらう?一緒の入物に入れてもらってさー。」
「でもさー、いったい誰に頼むねん?」
「タクに頼むか?」(タクとは、姪っ子の息子。ワシ等の孫世代だ。)
「まだ、子供だぜー。トシチャン。sad
「だって、ワシ等は百まで長生きするんだぜー。百になったワシが、九十九のテルッツのオシメの世話をするんだよー。オマタ拭き拭きするんだぜー。」
「キャッ!、エロ爺!」
「とにかく、タクに豪華客船の旅チケットを、渡すと言って丸め込んじゃえば、いいんじゃないの?」
「そうか、そうだね。トシチャン。lovely
「そうだよ。だって、コーやジュンやシゲが、ワシ等より長生きするとは限らないだろ。」
こんな、話をしてたんだ。 最近までは、この通りにしようと思っていた。でも、不意に、ワシ達二人の魂の入物に、「さよなら」と言う行為が、散骨で終るのも少し淋しい感じがして、これは、ワシがだらしないからなのだが、お墓を揃えるという目的さえあれば、仕事をする為の励みになるのではないか?そう思えて来た。そこで、石材屋さんの登場となった訳だ。
人は、希望通り生まれる事は出来ない。まして、希望通り死ぬ事も出来ない。「自殺」それは、希望通りの「死」では無い。たとえ自分の命でも、その命を奪う行為が許される訳が無い。生命を奪う輩が、慎ましく生き慎ましく逝く者と同様に成仏出来る筈が無い。道理に合わない。愛する者の為に一生懸命に生き、笑顔で長生きし、最後は、愛する者達に迷惑を掛けずに、ころっと死にたい。そう思う。
だから、せめて永の眠りの形だけは、生きている内に、準備万端整えて置こうと思ったのだ。
テルッツとワシの魂を委ねたこの身体達を、「希望通り葬ってくれる事」を、委ねる人材を確保しなければ。   つづく。

ヒンドゥー占星術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり。

昨夜、調子が悪かったので11時前に寝床に就いた。AM2:00目が覚めた時熱を測ったら38.5度、AM4:30に目が覚めた時38.1度、朝6:00に目が覚めた時は37.7度だった。でも、風邪ではない感じ。どうゆう訳か、目覚める度にオシッコがしたくてトイレに行くのだが、いつものように「ジョーー」っと出ないのだ。力んでみても「チョロチョロ」しか出ない。嫌んなっちゃう。それで、朝一病院へ。やはり風邪ではないようだ。風邪をひいたなら、上気道に炎症が出る筈なのに、喉も鼻も至って快調。オシッコの検査して、目視で異常無し。たぶん、オシッコが出にくいのは、膀胱の内側か前立腺に炎症があるとの事。週末にかけて抗生剤と抗炎症剤を飲んで。週明けに膀胱の超音波検査をする予定になった。参った。もし、テルッツが居たなら無茶苦茶心配するだろう。「トシチャン、心配だよ。わし。」って言って。
あーあ、これも、歳は取りたくねーなー!の一つなのだろう。今や、病気など全く怖くはないが、こうゆう地味に身体をコツコツ突く様な病気は勘弁してもらいたい。
なんと、今晩は大好きなお風呂無し。風邪なら入っちまうのだが、無理はすまい。熱があったて、テルッツのお世話はワシにしか出来ないのだから。  つづく。

エル・クアトロの星座カラノ約束

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱?

ゆうべ、いや、昼間からsweat02水仕事をしている時に、嫌ーな感じがしていたんだ。sad皮膚で感じる水の感触が、いつもと違う。妙に敏感な感じ。極め付けは、シャワーを浴びた時、体中ピリピリ。まさかとは思ったが、いつものように勤行して、ブログを更新して、その時キーボードを打つ指が、やけに冷えるのよ。ワシは、テルッツの行火代わりを出来るほど体温には自信があるのだ。常時36.5度、この4年間熱など出した事など無い。
ま、外も寒いんだから、冷えるのはしょうがねち。gawkそう思って、寝る仕度をして、テルッツに「オヤスミ」を言って、寝床に飛び込んだ。そうしたらなんと、ブルブル震え出しちゃって、sad布団の冷たい所に身体が触れるたび、また、ブルブル。布団に入っちゃうと、熱を測るの面倒で、朝にしよしよ。大した事ねーだろ。そのまま、寝ちゃいました。
朝、気が付くと、膝から下が汗をかいていた。頭を動かすと、強烈な頭痛を覚えた。「ありゃー!これは、風邪か?」 テルッツが、使っていたデジタル体温計をお借りして、ちょいと測ってみた。37.5度。大した事は無い。こんな時、テルッツが居たなら、「トシチャン、会社やすみな!」絶対こう言うだろう。ワシも、決まって「ダイジョブ、心配いらないよーん。」って、言って来た。しかし、頭痛は耐えがたく、朝食後、お薬を飲んだ。この薬は、滅法効く。熱まで下がっちゃう。しかし、薬が、廻るまで2時間位掛かった。おかげで、朝の運動総てキャンセル。大人しくしてた。
昼間明るい内は、薬が効いていたのか、まずまずの調子だったのだが、夕飯の支度をする頃からまた、嫌ーな感じになってきた。ワシは、三度の飯より風呂が好き。だから、お風呂を強行した。やっぱりお肌が、超ーピリピリ。昨夜より酷い。勤行を上げている時もブルブル。部屋の温度設定を、2度程上げて炬燵にすっぽり。今、今日の分のブログ更新中、手首から先が、冷たい事冷たい事。寒い。
また、体温を測ってみた。今晩、37.9度。まだ、大した事は無い。テルッツは、39度以上の熱と戦いながら、ワシのことを心配してくれていたのだから。  つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛ガニのしぶき。

我が家の住人は、生きているワシと綿入半纏を着て襟巻きをしているテルッツだけ。省エネを心掛けているので、暖房はちょいと押さえぎみだ。要は、部屋が寒いのだ。ワシは、部屋着として昼間洋服の時は、ダウンベスト。夜、spaお風呂上りのパジャマの時は、フリースで裏地キルティング加工のブルゾン、これは、外着として防寒用になる位の物をなのだが、それらを着込んでいるのだ。
昨夜の晩御飯の時はダウンベストだったのだが、毛ガニの足を「ぽき」っとした時に、お汁が「、「ぴっ」っと右肩に飛んできた。もし、テルッツが居たなら「トシチャン、何にしてくれてんだよー。ダウンは、洗えねち!臭くなるでー!」そう言うに決まってる。ワシも、言う事は決まってる、「誰の為に剥いてんねん?てめーはよー。heart04lovely」 そしてまた、帰って来る言葉はきっとこうだ。「とっつ。bleahトシチャン、ありがとっつ。heart01heart02
肩の辺りが、ちょいと臭い。cancerカニ汁は、透明だから染みは目立たないけど。ま、いいや。何年も着てきて薄汚れているから、そろそろお役御免だろう。
きのうの夕飯は、豪華だったなー。でも、いつも、返事の返ってこない会話をしながら、ワシが、テルッツの返事の部分の台詞を代返したりして食べているのに、肝心の、唯一台詞を発せられるワシが、毛ガニを啜っていては、会話も何もあったもんじゃない。 擬音しか聞こえてこないB級のスプラッタ映画の様だった。「バキッ!」「ボキッ!」「ジュルジュル」「ズルズル」「ペロペロ」そして、泣き声。最低だ。  つづく。

Maru-Jan

P.S. 「テルッツの闘病日記」は、いま少し時間が掛かりそうです。何故なら、テルッツの日記には、自分の事を心配する以上に、ワシの事を心配し、思いやる優しい気持ちが溢れていて、とてもまともに、行を追えないのです。もう少しワシの気持ちが強くなれたら、そして、日記を読む事が可能になれば進めてゆきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テルッツは、御ヒー様?

昼、習い事の準備の為、また八重洲に居た。pencil書類の記入に絶対必要な老眼鏡eyeを忘れて、四苦八苦してしまった。サインをした。pen 「これが、社会復帰へのきっかけになると好いですね。」事情を知る美人担当者の暖かい言葉だ。「いきなり、ハードな仕事に復帰するより、こうゆう形で、世間に出てこられた方が、好いかもしれませんよ。」これもまた、有難いアドバイスと言える。good
自分でも考えた。心療内科で悩みや不安を訴えるより、いや、待てよ。ワシには、悩みや不安など無いのだ。あるのは、テルッツを救ってあげられなかった自責の念と押さえようの無い心の底から込上げる悲しみだ。crying だから、厳しいノルマに追われることの無い習い事から、とっかかるのが好いのではないだろうか。
くだんの、手続き中に携帯が鳴った。見れば、御幼少の頃からのご学友、一説には悪ガキの頃からの悪ダチとも言う、つまりは、ダチからのTELである。このご学友のお父上お母上、平たく言えば、おやっさんとお袋さんには、ワシはまったく頭が上がらないのだ。今はもうお二方とも亡くなられているのだが、なんと、テルッツとワシの媒酌人をして頂いた、ますます頭の上がらない方たちなのだ。しかも、ワシは、独身時代、4年間も飯を喰わして戴いた。更に頭が、上がらない。このダチの家で、麻雀をしている時に、ワシ等のうしろで、コックリコックリしていたのが、sleepy他ならぬテルッツだ。だから、テルッツだって頭が上がらなかった。 「おい、テルミ。」とか呼ばれて。テルッツを、「テルミ」と呼ぶのは、テルッツのおとうちゃん以外で、このお人だけだった。
「今、家に居るのか?」
「いや、八重洲に居るよ。」
「例の、習い事ってやつか?」 
ブログを、チェックされているので、お見通しなのだ。築地の市場で働いているので、帰りに拾ってやるとの事、願ったり叶ったりである。車の助手席に乗るのは、考えてみればテルッツとの悲しいお別れの時、黒いキャデラックに同乗した以来になるのか。とにかく、ご学友も、いいオッサンになっての親父二人の帰り道であった。用事を済ませられる地元まで、乗せて貰った。どうも有り難う。しかも、築地ならではのお土産付き。なんとsign03毛ガニ2杯。cancer 豪華sign03
家に着いて、テルッツにご報告。「ただいま、テルッツ。なんと毛ガニ貰っちゃった!晩飯は、毛ガニだぜ、毛ガニ。」
さあ、飯、飯。テルッツは、蟹も海老も好き。ただし、自分の前に、お箸で食べられる様になったものを食べる。魚も好き。ただし、切身でも皮と血合いを取り除いたもの。丸ごとの魚、例えば、秋刀魚や鰯など、当家では、高級魚は出ない。干物にしてもだ。寄せ鍋の熱い海老の殻を剥き、カニの足の堅い殻を剥き、秋刀魚の身をほぐして、鰯の頭と苦い腸を取り除き、中骨の気にならない尻尾寄りの綺麗な身を取り分けて、鯵の開きは、中骨付き側の骨の裏側の一番美味しい所を、鰻の蒲焼に至っては、尻尾側の一枚を皮を取り除いて、皮は、ワシ。ワシはと言えば、これはもう、魚の骨格見本が出来るぐらい、上手に食べられる。子供の頃、お行儀が悪いと、箸のシッペが飛んできたから。なんせ、お上品な育ちだったから。食べ物を残そうものなら、次の食事は無いと知れ。sign02
とにかく、ワシは、飯の時、何でもテルッツが食べ易い様に、「はい、どうぞ。」と、直ぐにお箸で食べられる様にしていたのだ。しかも、お毒見役までやっていた。「うん、これは、テルッツが、好きな味だよーん。大丈夫、食べな。」などと言って。まるで、「御ヒー様」のようだった。でも、全然面倒くさい事など無かった。ワシは、テルッツのお世話が、大好きだった。その代わり、柑橘類の皮は、全部テルッツが剥いてくれた。「ビタミンC採らなきゃ駄目だよ。トシチャン!」 あとは、楊枝で食べられる様にしてくれた。 
入院中は、何もかも全部、くだものも総て、ワシが食べ易い様にしていた。嬉しくもあり、何とも言えぬお世話だった。どんな些細な事でも、「ありがとっつ。トシチャン。」と、言ってくれた。「テルッツ、ワシに有難うと言うなよ。とっつで十分でしょ。なんか、有難うは、よそよそしいよ。ワシには、とっつだよ。」二人には、二人だけの言葉がいい。二人だけのいつもの言葉。  「愛してる。」が、言葉より先に、Kissの様に。
毛ガニ、大変美味しゅう御座いました。テルッツもきっと喜んでいるでしょう。どうも有り難う。 殻を剥きながら、「お姫様」になった、テルッツを思い出し、涙が出てきた。crying 祭壇に向かい、あの濃厚な毛ガニの味噌を甲羅ごと啜り、「ズルズル」。そして、鼻水を啜り、「ズルズル」。pigsweat02   つづく。

ヒンドゥー占星術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い時は、いつも。

昨日は、財布を忘れるほど穏やかな日和だったのに、今日は、寒い。気が付けば、雨が雪snowに変わっていた。さむーsign03
「テルッツは、雪が好きなのだ。」  もしも、プー太郎であるこのワシのとなりに、テルッツが居たとしたら、きっとこう言う。「寒いやんかいさー。でも、好かった。トシチャンが、居てくれて。今晩、抱っこして寝て貰おうっとに!」 いつも、ワシの腕枕に抱かれて寝ているくせに、特別寒い日は、念を押す。可愛らしい。
周囲の大反対を押し切って、無理矢理一緒に暮らし始めた頃は、普通の布団一組しかなかったから、抱き合って眠るしかなかったのだ。それから25年、heart04もうこの格好でないと、眠れない。旅先で、お泊りに行った妹の家で、布団を二組敷かれても、必ずワシの布団に這入り込んでくる。今でこそ、ダブルの布団になってはいるが、その全面を使用して寝た事などない。いつも、身体を寄せ合って、そして、腕枕で。貧乏所帯の時の癖は、直す事など出来ないし、直したくも無い。この先もずーーっとだったのに。sad
先に、テルッツがいつもの自分の位置に着き、ワシが、部屋の明かりを消して自分の位置に。テルッツが頭を乗せた枕と肩の間に、ワシの左腕をするするっと差し込むと、くるっと向こう向きになって、腕を差し込む時に託しあがったパジャマの左腕の袖口を、自分の頭を持ち上げぎみにして、手首の処までずりずり直してくれて、そうして、背中を、ワシの胸とお腹に押し付ける。足はとゆうと、電気行火(テルッツは、炬燵と言う)が、ちゃんと入っているのに、ワシの両ふくらはぎに挟んで、「ううーー、ありがてち、ありがてち。温ったけち。トシチャンは、本当に温ったけっち。」 そうして、右腕で、優しくテルッツを包めば、いつの間にやら寝息を立てているのだ。sleepy
今、大きな布団にワシ一人、ただし左腕は、テルッツの枕の処へ伸ばしてる。淡い望みだが、いつの日か、この左腕にあの重みが、帰って来ることを夢見てる。confident  つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた、やってもた!

今日は、然程寒くない朝だ。陽射しも有難い。sun 今の時季の朝、テルッツの背後の窓の障子を開けると、テルッツに陽が当たる。本人は、紫外線アレルギーだったので、普段から日傘を手放せなかった。でも、この季節、暖かな陽の光を感じて欲しかった。思わず、また、膝の上に抱き寄せた。陽に当たった、テルッツの背中が、温かくて、気持ち好かった。涙が、流れた。weep
いつもの様に、朝御飯を、一緒に食べて、bud花たちに水をやり、ステップで30分汗も流した。sweat01 「春のパンまつり」のシールは、30点を越えている。頑張ってるよ。しかし、ダイエットをしながらのシール集めは、なかなか進まない。bread 食パンなら、一食一枚、現在三食主食がパンといった生活だ。2日で一斤のペースとゆう事だ。でも、テルッツの夕食には、必ず炊き立ての御飯は出している。heart04
明日からのパンが無い。買いに行かねば。花粉を除けば、こよなく気持ちの好い日和だ。さ、出かけましょ。玄関の鍵の確認もOK。てくてく歩いて15分位のスーパーへ向う。途中、散歩中のチワワに吠えられる。何故かワシは、あらゆる犬から吠えられる。dog大抵の犬は、ワシに脅えている。ワシが近づくと、飼い主を引き摺って逃げるのだ。ワシがまだ、御幼少の砌、一説には悪ガキだった頃、近所には野良犬やら飼い犬やら、鎖も着けずに街角にウロウロしていた。(45年も前の話) そいつらを、棒っきれを振り回し追っかけて、旨く餌で釣った犬共を、江戸川に叩き込んで、溺れそうな犬に、石をぶつけて遊んでいた。そのオーラが、未だに放たれているのだろうか?dog犬たちには、天敵の臭いがするのだろうか?ま、いいや。
家から10分程歩いた所に、家庭菜園として、何十区画も貸し出している畑がある。流石に、好い日和と思ったのは、ワシだけでは無い様だ。結構な人数の人達が、思い思いに作業をしている。日向ぼっこをしている爺まで居た。
その先には、もうスーパーの看板も見えるのだ。「みんな、やってる、やってる。」などと独り言を言いながら、通り過ぎ様として、首に掛かった携帯のストラップの先のポケットを確認し、カーゴパンツの両脇のポケットに、何気なく手をやると、「アイヤーsign03また、やっちまっていsign03」 完全なる丸腰。これじゃー買物なんぞ出来る訳無し。トホホ。差し詰め「歳は取りたくねーな。part4]と、言うところだろうが、此処まで来ると、「ボケナス。頭脳崩壊序曲part1」の方が、はまるかも?
今来た路を、帰る事の情けなさ。家に着いて、テルッツに、「やっちまったぜー。」と報告し、免許、ワシの財布、生活代の財布の3点セットをポケットに押し込んで、再び鍵の確認をして、またてくてく。   つづく。

インド悠久の彼方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、土曜日。お花屋さんの日。

相変わらず、血圧は問題無し。風邪もひかず、健康だ。何故、元気なのだろう?不思議だ。毎日毎日、あれだけ泣いているのに、身体に異常が無い。メンタル的には、かなりきつい。down
花恋に着いた。bud「いつも、自分で生けてるの?」と、訊かれた。「奥さんに、話しかけながら?」
「はい。おっさんが、crying涙流して鼻水たらして遺骨に向って、ぶつぶつ言いながら、花を生けてます。傍から見れば超変なおじさんかな?」そうしてこうも言われた。
「初めて店に来た時よりも、大分表情が好くなった。表情が豊かになった。」と。「時間が、解決してくれるかな?いや、何年経っても、悲しみを忘れられないかしら?」「そうね、貴方ほど奥さんを愛していた人は、忘れられないわ。」
「それなら、テルッツの花を、買い忘れるようになれば、立直ったと言えるかな?」
「そんなの、駄目よ。絶対駄目。花だけは、買いにこなくちゃ。」
ワシの手には、男の手でも指が回らない程の太い束が、握られていた。テルッツの話をしてる間に、いつのまにやらオマケが、増えていたのだ。有難い。
家に帰ったワシは、祭壇の古い花たちを片付けて、テルッツの遺骨を移動して、ついでにりも掃除してさっぱりさせた。花を交換する時は、テルッツを抱っこするチャンスなので、思いっきり抱っこした。lovelyheart04heart02 テルッツを膝の上に載せて、周知の通り、変なおじさんに変身した。  つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街に出る。今度は、本物の街。東京八重洲。

訳あって、八重洲に出かけた。ワシの仕事は、朝6:30に家を出る時から、夜10:30に帰って来るまで、ずーと車で過ごすので、何年も、切符を買って電車に乗っていなかった。今日、日本語が理解出来ない人間の様に、切符の自販機の前で立ち竦んでしまった。coldsweats02moneybag 切符一枚買うだけの事に、何であんなに時間が掛かるのか。情けない。weepとある習い事の為、手続上、人とお会いする運びになっていたのだ。暫くぶりに、人とお話をした。実に親切に、ワシのボヤキまで聴いて下さった。有難かった。テルッツの事も聴いて下さった。とにもかくにも、次の段取を決めて帰る事にした。pen
ビルから出て、ふと立ち止まって考えた。「待てよ!東京駅の向う側は、ワシが仕事をしていた、受持ち区域だ。大手町には、営業所サテライトもある。丁度昼休みだし、皆も集まっている。ちょいと覗いて見よう。」 それで、テクテクと。foot 八重洲から呉服橋交差点を左折、永代通りのガード抜けると、多少看板がすげ替えられて居る所もあったが、ほぼ以前と変り無く、行きかう人々の顔に見覚えがある様な。
営業所の前の通りに入ると、いるいる。bleahwinkbearingcatfacethinkdogpigおよそ一年のブランクがあったとはいえ、相変わらずのメンバーが、勢揃い。みんな、ワシに気が付くと、「いやー。久し振り。元気だった。」と、寄って来て、そしてまた、言い直す。「元気な訳、無いやな。あの愛妻家が、奥さんに先立たれちゃ。」 皆、知っている。ワシは此処で二十年働いていたんだ。ワシが、如何にテルッツを愛していたかを。heart04 「働いてるの?」「何時、戻ってくるの?」「僕もそろそろ引退だ、その時は君以外に引き継ぐのは嫌だなー。その時は、帰って来てよ。」そんな言葉をかけられた。
働きたくても働けない、そんな世知辛い世の中なのに、本当に有難い言葉だった。「今の腑抜けた状態では、事故を起したりミスもでるだろうから、もうちょっと立直ったら、その時に復帰させてくれる?」そう言って、午後の仕事に向う連中と別れた。
さあ、帰ろ、帰ろ。大手町の駅からなら、テルッツとワシの家がある駅まで乗り換え無しで一本だ。でもまた、切符を買うだけの事で、sweat01冷や汗をかく羽目になってしまった。 相変わらず、乗り継ぎ切符のボタンが解らない。   つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通販のCMを見ていると。

通販のCMを見ていると、いろいろ思い出す。thinkパッチワークを勉強するキットや、高機能ミシンが、コンパクトで安いからとか。
テルッツは、通販好きだった。送られてくる通販のカタログ達のいろいろなページが、ドッグイヤーになっていた。だが、その折られたページのマークされた品々を勝手に注文する事は無い。「トシチャン、こんなのどうでい。可愛らしい?」 決して喉から手が出る程欲しいと物では無いが、ワシがデートに連れて行けないウィンドーショッピング代わりなのだ。特に服などは、「テルに、似合うかな?」と、相談される。似合わない時は、「テルッツの、色じゃ無いなー。pig」と。好さげな時は、「テルッツは、可愛いねー。heart04」と、言ってきた。
そんなテルッツが、大失敗した事がある。ドールハウスを完成させる部品キットが、毎月送られてくるという、有りがちなものだ。それが、ある月を境に送られてくる筈の物が、まったく送られて来なくなって・・・・。
「トシチャン、何か変だsign02」「会社に電話したら、倒産したって言うんだぜ。テル、騙されたのかなー?」「御免ね。トシチャン、お金無駄にしちゃったよー。」そう言いながら、泣きまくった。cryingdown 聴けば、ある程度のお金を前払いしていたようだ。何度も何度も「御免ね。御免ね。」と言う。「テルッツ、そんなに気にしなくていいんだよ。ぜんぜん謝る事なんてないのに。」
それから暫く、事あるごとに「トシチャン、御免ね。weep」って言ってた。可哀想に。ワシが、テルッツのすることで、腹を立てたり、駄目と言ったりする事など無いのに。
この事があってから、テルッツは、通販に少し慎重になってしまった。だから、欲しいものがある時は、「トシチャン、欲しいものがあったら頼みな。ええでー。ついでに、テルも頼もうかなー?heart02」 ちょいと微妙に遠慮がちかな?  つづく。

Maru-Jan                          



sign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テルッツの床屋さん、ワシの美容室。

テルッツに、hairsalon刈上げツンツン頭にして貰っていたのとは逆に、ワシが、テルッツの髪を染めていた。テルッツは、30代から白髪があった。若白髪というやつだ。プロに染めてもらうと、結構な出費だ。そこで、「ワシが、染めてやるよsign02」って言ったら、「トシチャン、出来るの?」だって。ワシは、独り者の頃、実家の母親の髪を染めていた。「お手のもんよ。まかせな。」 ただし、テルッツの髪は、当時、腰の辺りまである長い髪だったので、結構大変だった。bleah市販の髪染剤は、2本必要だった。
ワシの刈上げをする時とはまったく逆で、テルッツが、上半身裸になって、だって染めた後では、T-シャツを脱げないから。それで、東京都推奨ゴミ袋を頭から被って、オデコやミミチにクリームを塗って、「ほんじゃ、お願いします。」と言って、椅子に腰掛ける。昔は、髪染め剤ってみんな、鼻にツーンと来る臭いがして長い髪を染めるのはきつかった。でも、ワシは、手馴れていたから、ちょいちょいとすませて、「テルッツ、はい終わり。今から15分待っててねー。」 テルッツは、15分じっと待ってて、その後は、お風呂場に飛び込む。旨く染まっているかどうかは、お風呂のあと、髪をブローしてみないと分からない。でも、失敗は無いよ。
「トシチャン、トッツ。ありがとっつ。heart04happy01」 いつも、こう言ってくれた。 鏡の前で、ブローしながら、ブラシで髪を梳かすテルッツの姿は、何とも言えず艶っぽかったなー。lovelyでもそのあと、こっちを見て、両肩をすぼめ肩をちょこっとあげて、ピースサインをすると、可愛らしかったなー。heart04
ワシは、テルッツに刈上げて貰うのが、大好きな時間だったけれど、テルッツは、如何だったのだろう?   つづく。

エル・クアトロの星座カラノ約束

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ACL

ACLの名古屋グランパスを見ていると、お粗末過ぎてブログを書く気が萎えてしまいました。情けない。テルッツだったら、もっとコテンパンに言うぞ。  つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »