« 名前が出てこない。 | トップページ | 空振ったままでは、情けない。 »

空振り!

おかずが無いので、スーパーへ。moneybag 今日は、金町まで歩いて行った。shoe ちょいと欲しい物が在ったので、在るかなー?とは思いつつ、てくてくと向った。お店まで、運動を兼ねて、大股の難波歩き(武士の歩き方)で片道20分。run お店に入って、汗ばむ毛糸の帽子を外し、真っ先にお目当ての物の処へ。「なんでい!ねーのかよ。」がっくりだ。pig ま、しょうがねっち、改めて他のお店で買えばよい。20分も歩いて来たのに、手ぶらで帰るのも癪だし、おかずになりそうな物でも物色して帰ろう。eye 野菜売場、鮮魚売場、精肉売場、一通り周って、カートに入った物が無い。なるほど、「トシチャン、何が食べたい?言ってくれよー。言ってくれれば、考えなくていいから楽でんねん。lovely」そう言っていたテルッツの気持ちが良く分かる。特に今日は、何を作ろうか決めかねていたので、商品棚の前で頭を抱えるオッサンになってしまった。shadow こうなったら特売品でと、先程目を着けていたお肉のコーナーで牛肉を。これで、牛丼だ。テルッツの大好きな牛丼は、長ネギを使う、すき焼き風のもの。実は、テルッツは、数ある巷の牛丼屋さんで、牛丼という物を食べた事がない。shineお嬢様?なのだ。 二人が知り合ってから、「牛丼は、ワシが学生だった頃、シ常に財布が厚い時だけに食べられたもの。dollar金の無い時は、新宿のション横(小便横丁)で、得体の知れない定食しか食えなかった。」と、昔話を聞かせていた。するとテルッツは、「牛丼って、美味しいの?」実に素朴な質問を投げかけてくる。「ああ、旨いよ。でも、テルッツの顎の力では、お肉を噛み切れないと思う。」そういうと、「そっかあ、堅てーのか?」と、納得するのだ。だから当家では、牛丼はすき焼き風、テルッツが、楽に噛み切れる程度のお肉を使用となった。
先般、甥っ子達が来た時は、肉じゃがに高級霜降牛だったけど、今日は、ぐっとランクを下げて、お買い得OZビーフで。テルッツ、許してね。でも、ワシは、腕がいいから美味しいよ。sign03
「テルッツは、汁ダクでね。」「トシチャン、汁ダクってなんやねん?」「それはねー、おつゆをいっぱい掛けるって、事だよー。」「そう!?んじゃ、テルは、それだ。ショリショリ出来るぐらい汁掛けてー。」  初めて当家のメニューに牛丼が登場した時、それが、テルッツの牛丼デビューであった。fuji   つづく。

Maru-Jan

|

« 名前が出てこない。 | トップページ | 空振ったままでは、情けない。 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/38963733

この記事へのトラックバック一覧です: 空振り!:

« 名前が出てこない。 | トップページ | 空振ったままでは、情けない。 »