« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

また、飛沫(しぶき)になっちゃった。

「あっsign03」 
「どしたsign02テルッツ。」
「ちょっと、ここだけ薄くなっちゃった。御免ね、トシチャン。coldsweats01
バリカンで、ワシの頭を刈上げる時、大抵一回は、失敗しちゃう。いつもの会話だ。
「大丈夫。goodワシの頭なんて誰も見やしないんだから。それに2~3日したら、髪なんか伸びるよ。大丈夫だっち。」 なんだかんだ言っても、さっぱりまとめてくれる。でも、仕上がるまで、最低一時間はかかる。パンツ一丁で、穴を開けた90Lの東京都推奨ゴミ袋を頭から被り、木の椅子に腰掛けてじっとしている。テルッツはというと30Lのトッテ付きゴミ袋を立てに裂いて、そのトッテを首に結んでエプロンの代わりにして、バリカンを握る。その時間が、ワシは、堪らなく好きだった。夫の頭を右に左に上に下に傾けて、何度も何度も、頭を撫で付けて、そうして、刈上げを触りながら、「気持ちいい。heart04」と言い、顎を押さえて、左右の髪の長さを確認し、「ハイ、終わり。」と、言われるまでの、その時間。そして、お風呂に直行するその時間。
ワシは、hairsalon夫婦で床屋さんをしているその二人の姿を、不幸にして見る事は出来なかったが、tvテレビのCMで床屋さんをしているの夫婦が、ワシ等はこうなのかな?と、思わせた。床屋さんをして貰っている時って、なんか最高のコミュニケーションの様な気がしてた。
最後に、ワシの髪をさっぱりさせてくれたのは、テルッツが最後に入院する一ヶ月前、ちょっと調子が好かったときに、「やってやろうか?トシチャン。heart02」って、言ってくれたので、「んじゃ、遠慮なく。悪いね、病気なのに。」そう言って、やって貰った。
今日、前の伯母の家で集会があった。珍客も在り、果物など戴いた。線香も上げて戴いた。そして、night夜、思い立ったように、自分でバリカンをかけた。髪を片付けて、即お風呂へ。また、泡が立たなくなり、飛沫だけが、パッパと飛び、あっと言う間に洗髪は終了した。crying   つづく。

ヒンドゥー占星術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お好み・・・・・・・焼?

一人暮しとゆうものは、こんなものなのか?家の中house総てを専有しているのに、居場所が無い。テルッツの傍に座って居れば良さそうなものだが、テルッツを前にしていると、あれこれ思い出されて堪らなくなってくる。そうかと言って、家を離れるのは、これはこれで、長く離れると呼吸困難に陥りそうで怖い。ジレンマである。
テルッツを、助けてあげられなかったワシは、テルッツに、「助けてください。」とは、口が裂けても言えないのだ。仕事とは言え、テルッツを一人ぼっちにしていたワシは、「テルッツ、淋しいよ!」とも、絶対口に出来ない。そろそろ、ワシにもカウンセリングが必要なのか・・・・・・?pigcrying とりあえず、夕飯は、山芋入りの生地で、焼ソバこってり盛りの豚玉、テルッツの大好きなお好み焼か?  つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か好い事ないだろか?

花を代えてから10日、ヨレった花とまだ大丈夫の花を選り分けて、生け直した。tulip ついでと言ってはなんだが、祭壇の掃除もした。久しぶりに、テルッツを抱き締めた。頬を、スリスリした。なんかよかった。花も飾りなおし祭壇もさっぱりしたので、テルッツを定位置に戻そうとして、なかなか戻せず、また、抱き締めた。なんかよかった。
小さな子供が、お気に入りのぬいぐるみを離せないように、ワシもテルッツの傍から離れられないのだ。きっとそうだ。pig  つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オシルネ。

テルッツに、24時間付添うようになってから、ゴロンと横になってオシルネしていない。仕事をしていた時は、お昼休みに、車のシートで寝やすいようにテルッツが作ってくれた枕で、必ずオシルネしていた。sleepy
今日、お昼御飯を食べた後、無性に眠たくなった。しかも、シ常に横になりたくなった。今日に限って、畳の上で横になりたいと思った。我が家には、畳の部屋が、テルッツの居る部屋しかないので、テルッツの下でクッションを枕に寝た。
僅か、30分余ではあったが、夢を見た。ワシの誕生日の朝以来、久しぶりにテルッツの夢を見た。confident
二人連れ立って、街に出た。勿論、手を繋いで。ブティックの前でショウウィンドウに写る二人の姿を見ると、テルッツは、何故かパジャマ姿、かぶって来た筈の帽子が、テルッツの頭から無くなっている。二人で一生懸命捜しまくっている。すると、テルッツが、「退院したばかりだから、疲れちゃうよ。トシチャンheart04」そう言いながら、ちょろっとよろけた。「危ないよ。テルッツ、無理しちゃ。」 ワシは、入院中にいつもそうしていた様に、テルッツの両の脇の下を優しく支えて言った。少し痩せた、テルッツのあばら骨の感触が、この手に残った。忘れられないいつものテルッツの感触。その時、ワシは、時間が戻ったのかと思った。嬉しかった。でも、夢から覚めてしまった。ワシの手には、鮮烈にあの感触だけが残っていた。
それから、今この時まで、泣けて泣けてしょうがない。cryingcryingcryingcryingcryingキーボードを打つこの手に、テルッツのあばら骨の隙間の柔らかい肌の温かさに触れている、ワシの指の感触が、今も残っている。
テルッツの夢は、いっぱい見たい。が、夢のあとは嫌だ。「テルッツに、早く会いたい。」そんな気持ちが、押さえ切れなくなる。「そうか!だからテルッツは、あんまり夢に出てこ無いんだ。」勝手にそう解釈するしかない。
この世で最後に目を閉じる時まで、例え、親の顔を忘れようとも、テルッツの総ての感触は、髪の先から指の先まで忘れる事は無い。あの涙も。あの声も。絶対に。    つづく。

ヒンドゥー占星術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電球が!

「めんどくせなー。」「寝ようとしてたのになー。」「しょうがないか。」 寝る前のおトイレは、面倒くさい。シ常に。夜中に催して、おトイレに行くのは更に面倒だ。 だから、ゆっくり眠れる様に、布団に入る前に用足ししようと、階段の照明のスイッチを入れた。「ありゃー!」annoy フラッシュのように光ったら、真っ暗になっちゃった。「なんで、こんな時に切れるかなー。もう。」 我が家では、依然として裸電球が、幅を利かしている所があるのだ。確か玄関の棚に、flair電球のストックがあったはずだ。こんな時間に電球を交換しなきゃいけねーのかよ。でも、階段が、暗いのは危ない。シ常に。馴れていたテルッツでさえ、二回ほど落ちている。階段の電球交換は、危険なので、「もし、ワシが居ない時に切れても、テルッツは、絶対一人でやったら駄目だよ。」と、言っていた。なんせ、階段の一番上の縁ぎりぎりに椅子を置いてその上に立って階段方向に身を乗り出して交換しなければならないのだ。 二人が普通の生活をしていた頃、仕事から帰ってくると、玄関の鍵を開けたテルッツが、「お帰り。heart04」と、言う前に「トシチャン、階段の電気きれたやんかいさー。sad」と言って、暗くなっていた事が、何回もあった。可愛らしい顔で、困ってた。
さあさあ、交換しましょ。「あいやーsign03」 箱に入っていた電球、二つとも、明らかにワシの筆跡で、黒マジックのバッテンが書いてあった。参っちゃったなー。明日、買いに行こう。こう度々、切れては堪らない。あしたは、LED電球flairこうてこましたろ。

結局、何だかんだで、炬燵で暖まっていたワシの足も、おトイレに行くこの騒ぎで、すっかり冷えてもた。「ほーら、やっぱり面倒くせー事になっちまった。」  
だから、寝る前のおトイレは、やなんだよー。    つづく。

Maru-Jan crying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4ヶ月かー!?

テルッツは、人の耳earを「みみち」と言う。麻雀の時聴牌ると、捨牌を横に倒して1000点棒を場に、ぽーんと投げて高らかに宣言する言葉は? これも、「みみち」。ear ワシ等が、昔やっていた麻雀の変な言葉を、憶えてしまったからだ。
「トシチャン、みみちに変態毛が、生えてるでー。みみちの穴の所に黒くて長い毛がありまっせー。こういうのが、生えるって事は、エロ爺になったって証拠やでー。lovely」 もしも、テルッツが、あの有名な童話を語ると、「王様のみみちは、ロバのみみち。」に、なってしまう。
この文章を書きながら、両のみみちearの穴の周りを、指先で探っているのだ。テルッツは、ワシがオジン臭くなるのを嫌がった。シ常に。だから、よくチェックしてくれていた。今、右のみみちで一本取れた。良かった。coldsweats01 
話は変って。午前中、花恋に行った。くだんの切花延命剤を、買いにいったのだ。そしたら、ワシは、目にするのが初めての薔薇があった。eyeアイボリーの花弁の縁がスカイブルーなのだ。思わず、御姉様に尋ねた。だって、完璧なブルーの薔薇は、この世に未だ存在していない筈だ。sign03 しかも、綺麗なパープルの物も在り、びっくりした。すると、輸入物で、何か特殊な方法で染めた物のようだ。余にも綺麗な色とグラデーション。感心していると、「一本、あげる。」だって。こっちは、延命剤一つしか買ってないのに、ほんと、有難い。happy01「どれにする?」と、訊かれたので、「んじゃ、ピンクのを。」と、言った。前の話と違う色を要求しちゃった。だって、ショッキングピンクのグラデーションが素晴らしかったから。御姉様ずっこけそうだった。
家に帰り、早速テルッツの処へ。それと同時にテルッツに訊いてみた。「こんなに、貰ってばかりじゃ、悪いよね?テルッツ。カステラ持って行こうかな?大したもんじゃないけど。いいかい?」テルッツが、「だめ」と言う訳がない。heart04 伯母二人とワシの母親にも上げちゃってるので、残りが少なくて一杯差上げられないが、勘弁して貰おう。shine
あれから五回目の23日だから、ワシの父親も、線香を上げに来てくれた。用事も済ませ夕飯も済ませ、夕方再び花恋へ。今度はちゃんと、いつもの御三人の御姉様が、お揃いだった。丁重にお礼を申し上げ、帰ろうとしたのだが、なんと!また、「おまけ」を貰っちゃいました。bud チョコレートコスモスともう一品、しかも包装まで。「チョコレートの匂いがするのよ。」 それを聞いて、またびっくり。sign02 家に持ち帰り花瓶に生けて、鼻を近づけてみた。微かに、カカオの様な香りが、感じられた。good それにしても、絵にならない。坊主頭のおっさんが、花の香りを嗅いでいるのは。pig
四角い型で、カステラを焼けば、当然4枚のみみちearが発生する。3本に本体を分けて配って残りが、テルッツの。あしたから、ワシの御三時は、カステラみみちear。でも、これがなかなか、本体より香ばしくて、結構いけるのだ。本体には、お茶。みみちには、コーシー。我が家の流儀。   つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空振ったままでは、情けない。

昨日、欲しかった物が無くて空振りに終った為、本日、お隣の足立区まで、車で足を伸ばした。この店で空振った事は、ここ2~3年で、一度きりだ。それも、売り切れと言う事で、必ず、仕入れはしているとの事。因みに、欲しかった物とは、「日清ヨークの飲むヨーグルトいちご味」。テルッツ曰く、「ゴーイチ君」。shine
ま、ともかく欲しい物は、手に入った。で、その帰り道、何か忘れ物が無いか考えながら、車を走らせていると、はっと、気が付いた。そうだ、切花の延命剤が、もう直ぐ無くなってしまう。幸い、家に着くまでの間に一軒、日曜大工のお店があって、そこのガーデンコーナーなら、花に関する物なら何でもある。tulip それで、ちょいちょいと、寄ってみた。「ありゃ!これ、家で使ってるのとちゃうやんけ!確か前に買ったの此処だと思ってたんだけど。」 そうなのだ。ワシの記憶違い。今、気に入って使っている延命剤は、別の処で購入したものだった。お粗末。
まあいいや、明日は、23日。テルッツの命日だし、bud花恋(いつものお花屋さん)へ行って、延命剤こうてこましたろ。多分、此処で買ったのだ。
今日、ワシの母親が、「あした、来られないから、今日来たよ。」と言って、花やら漬物やらお茶やら佃煮やら持って来てくれた。例によって、塩鮭の切身もくれた。早速焼いて、味見をすると、これがなかなか、しょっぱかった。これぞ、テルッツの好きな味。しかし、しょっぱい鮭を口に運ぶと、病院の食事を食べる時とは別人の様に、美味しそうにしょっぱい塩鮭のriceball御握りを、パクっと食べるテルッツの可愛らしい姿が思い出されて・・・・・crying。ワシのお目目が、しょっぱくなる。
とにかく、貰った花は飾った。其の他の物も冷蔵庫に仕舞った。明日は、花は買わなくてもいいだろう。カステラも焼いたし、欲しい物も買えた。また、豆御飯を炊いてみよう。こないだよりも、春が近いし。   つづく。

新釈インド星読ミ占

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空振り!

おかずが無いので、スーパーへ。moneybag 今日は、金町まで歩いて行った。shoe ちょいと欲しい物が在ったので、在るかなー?とは思いつつ、てくてくと向った。お店まで、運動を兼ねて、大股の難波歩き(武士の歩き方)で片道20分。run お店に入って、汗ばむ毛糸の帽子を外し、真っ先にお目当ての物の処へ。「なんでい!ねーのかよ。」がっくりだ。pig ま、しょうがねっち、改めて他のお店で買えばよい。20分も歩いて来たのに、手ぶらで帰るのも癪だし、おかずになりそうな物でも物色して帰ろう。eye 野菜売場、鮮魚売場、精肉売場、一通り周って、カートに入った物が無い。なるほど、「トシチャン、何が食べたい?言ってくれよー。言ってくれれば、考えなくていいから楽でんねん。lovely」そう言っていたテルッツの気持ちが良く分かる。特に今日は、何を作ろうか決めかねていたので、商品棚の前で頭を抱えるオッサンになってしまった。shadow こうなったら特売品でと、先程目を着けていたお肉のコーナーで牛肉を。これで、牛丼だ。テルッツの大好きな牛丼は、長ネギを使う、すき焼き風のもの。実は、テルッツは、数ある巷の牛丼屋さんで、牛丼という物を食べた事がない。shineお嬢様?なのだ。 二人が知り合ってから、「牛丼は、ワシが学生だった頃、シ常に財布が厚い時だけに食べられたもの。dollar金の無い時は、新宿のション横(小便横丁)で、得体の知れない定食しか食えなかった。」と、昔話を聞かせていた。するとテルッツは、「牛丼って、美味しいの?」実に素朴な質問を投げかけてくる。「ああ、旨いよ。でも、テルッツの顎の力では、お肉を噛み切れないと思う。」そういうと、「そっかあ、堅てーのか?」と、納得するのだ。だから当家では、牛丼はすき焼き風、テルッツが、楽に噛み切れる程度のお肉を使用となった。
先般、甥っ子達が来た時は、肉じゃがに高級霜降牛だったけど、今日は、ぐっとランクを下げて、お買い得OZビーフで。テルッツ、許してね。でも、ワシは、腕がいいから美味しいよ。sign03
「テルッツは、汁ダクでね。」「トシチャン、汁ダクってなんやねん?」「それはねー、おつゆをいっぱい掛けるって、事だよー。」「そう!?んじゃ、テルは、それだ。ショリショリ出来るぐらい汁掛けてー。」  初めて当家のメニューに牛丼が登場した時、それが、テルッツの牛丼デビューであった。fuji   つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前が出てこない。

土日に録画しておいた、映画やドラマを見た。テルッツは、ワシのタレント名鑑の様なもの。二人並んで映画とか見てる時、「こいつ、誰だっけ?」って、ワシが訊くと、「何回、訊いてんねん!もう、トシチャンは、人の顔全然覚えようとしないんだから。」いつもの会話だ。coldsweats01  ワシは、ONupとOFFdownは、完全に切り替える。休みの日は、極力携帯を持たない。sleepy「トシチャンは、仕事の時は眉毛がきりっとしてるけど、angry テルの前だと、でれっとしてる。lovely」これも、いつも言われていた事。仕事でミスはしないが、good家ではボケナス。shockテルッツが、そうさせてくれていた。heart02 テルッツは、この世のあらゆるストレスから開放してくれる、ワシにとって最高の血の通った暖かく柔らかなリラックスマシンなのだ。heart04 なんとも浮世離れした、世俗を忘れさせてくれる存在なのだ。だから、毎日仕事を早く済ませて、一分でも一秒でも早く家に帰って、テルッツの顔を見たかった。そして、テルッツの傍でボーっとしていたかった。think
そんなことで、昔の俳優さんの名前は直ぐに出るのに、最近のタレントさんの名前は、直ぐ出ない。だから、今、テレビの中の人達の名前が、分からず仕舞い。出演者の字幕スーパーが出るけど、眼鏡を捜してる間に消えちゃうし。 勿論、隣に教えてくれる人も、もう居ない。  涙。   つづく。

インド悠久の彼方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンツ!?

pigテルッツだったら、「もう、こんなの棄てろよー。新しいの買っちまうし。sign02」って言うだろう。自分の物は我慢しても、ワシには色々着せ替えさせててくれた。言わばワシは、テルッツの着せ替え人形の様なものだ。テルッツがNGを出したら、ワシは、着る事が出来ない。crying
今、ワシの穿いているパンツ(インナー)、何年前に買っただろうか。それが、ちょいとオマタが擦り切れそうになっていた。要は、ヨレヨレと言う事。そこで、香里奈の処へ電話して、発注してお取り寄せ。今日、到着。早速洗濯して穿こう。テルッツもワシも以外とお肌がデリケート、ピカピカの新品は着られない。特に肌着は、きっちり洗わないと、カイカイになっちゃう。sun
ワシのPCの前で六枚のパンツが、ファンヒーターに煽られて、ゆらゆら揺れている。こんな時、テルッツだったら、何て言うだろう。きっと、「イイナー!トシチャン、アタラシパンツ。テルパンツも買ってくれい。smile」と、言うに違いない。  つづく。

ヒンドゥー占星術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟹缶あったの忘れてた!

滅多に開けない流し台の引出しに、入れておいたのが間違いだった。sign02 高級な蟹缶があるのを、すっかり忘れてしまっていた。sad この間、甥っ子達が来た時に、思い出していれば、もう一品、高級なおかずを作ってあげられたのに。失敗。pig
なので今日、cancer かに玉ちゃんを作った。テルッツが、大好きなのだ。ちょいと甘めの甘酢餡。本当に好き。一緒に入院している間に、3~4回食事で出たかなあ。その時は、ちゃんと御飯を食べていた。実に可愛らしい。
ただし、蟹はあるけど、そのほかの具材が無いので、お使いに。moneybag ついでに野菜も買って、お肉も買って、野菜炒め。テルッツは、ワシが作るお醤油味の野菜炒めも大好きなのだ。
二人で、夕飯を作っていた頃、「テルッツ、出来たよーん。」と、テーブルの上に載せると、ワシが知らぬ間に自分の箸だけ出して、別の物を作っているワシの顔を悪戯な表情で見ながら、「勝手に、食ってんの。」なんて言って、ぺっこり座って食べていた。憎めない奴だ。heart04   つづく。

エル・クアトロの星座カラノ約束

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子を貰う。

此処暫く、泡で頭を洗えない。OXY付けて、お湯付けて、ゴシゴシしても、しぶきになって、飛んじゃう。時短節約には、もって来いだ、坊主頭は。が、今日、泡立った。そろそろバリカンかけましょう、ということかな?  
お昼に、隣の叔母様から、新潟のお菓子を頂いた。ゆべしみたいな、もっちりしてる物。美味しかった。テルッツの好きな和菓子は、みたらしだんご、栗蒸し羊羹、ういろう、すあま、などなど。共通してる事は、もっちり感。京都の三色団子も好きだ。まったく正反対の食感だけど、金沢の落雁、これも好き。たまに、スーパーにやって来る地方の物産展で売られているお菓子は、必ずチェックの対象だった。 「トシチャン、あれ見てみん。旨そやでー。lovely」そういう時は、ワシの「買いな、テルッツ。」を、待っているのだ。 失敗して、冴えないお菓子を買ってしまっても、大丈夫。尻拭いは、ワシがすると決まっているから。   つづく。

論理算命占

| | コメント (0) | トラックバック (1)

確定申告済ませちゃった。よかった。ほっとした。

「トシチャン、今日、行って来たよーん。lovely」「とっつ。テルッツ。happy01」 毎年、確定申告には、テルッツに行って貰っていた。税務署は平日しか開いてないし、ワシが、地元に戻って提出しには行けない。いくら個人事業主と言ったって、我社は、超ーー零細、ハイテクでもないから、e-TAXは無理。そこで、「テルッツ、お願いします。coldsweats01」という事になるのだ。
以前にも書いたけど、領収書まとめは手伝ってくれる。それからの計算や書類整理はワシ、申告書を書き上げて、いよいよ明日、提出するぞという前の晩に、テルッツ製作の「申告に必要な物リスト」を出して、ひとつづつ、二人で指差呼称して、点検チェック。 テルッツが、「OK-っ!」と言えば、本当にOK。なんせテルッツは、内容の事が解らないから、事前によーく揃えておかないと。memopencil
申告の日、ワシが帰宅すると前記の言葉だ。「トシチャン、今日、行って来たよーん。やんなっちゃったよー、もう。すんごく混んでた。crying要領の悪い奴がいるしさー、申告書ちゃんと書いてない奴もいるんだぜー。angryプリプリ。poutもー、えらいえらい!」「ありがとっつ、heart04んで、お金大丈夫だった?」「だいじょぶ、トシチャンの計算通りさ。直ぐに銀行で振り込んで来た。安く済んでよかったね、トシチャンdollarheart02。」
去年、テルッツは、入院していたし、ワシは行けないから、申告は郵便で送っちゃった。今年、初めて確定申告に行った。テルッツが、「混んでるよー!」とは言っていたが、聞きしに勝る混み。車を駐車場に入れる為に待ち、申告書を出すので、ぞろぞろ、にょろにょろと並ぶとゆう有様。ほんと、えらいえらい。sweat01
ワシも帰り道、銀行に寄って、所得税を振り込んで来た。これで、御国に対する義務を果たした。お後は、住民税だ。やんなっちゃう。  ま、いっーかっ。お花屋さんへ行こう、テルッツの花の方が、大事大事。そこで、いつもの「花恋」へ。御姉様三人が、優しく迎えてくれる、とても陽当りの好い、有難いお店なのだ。 いつものように、「三千円で、お願いします。」と言えば、それですべてOK。お任せした後、何気なく足元を見るとsun、陽当りの好い店頭に、黄色のマーガレットの鉢植が、一つだけ残っていた。「黄色のマーガレット、あるじゃん?」bud「そうなの。いつ来られるか分からなかったけど、お話聞いていたから、仕入れてたのよ。」 流石、ちゃんと憶えてくれていたんだ。テルッツは、黄色のマーガレットが一番好きな花だという事を。「でもね、それが、最後のひとつなの。ちょこっとくたびれてきたから、安くしておく。」 また、おまけしてくれるんだ。moneybag 有難い。清算を済ませて帰るワシの手には、黄色のマーガレットの鉢植と、三千円分の花束と、おまけに貰ったパープルのスイトピーの小さな花束、その上更に貰ったファーストレディー(淡いピンクのスイトピー)の小さな花束が握られていた。 本当に、本当に有難う御座いました。また、行くよーん。sign03heart01
家に着いて、花たちを生けた。crying 泣きながら、花たちを生けるエロ爺を、想像出来ますか? 座敷に正座して、花鋏を握り、鼻水を垂らしながら、花を生けている54歳の坊主頭のオッサンを。    つづく。

論理算命占

| | コメント (0) | トラックバック (0)

挫ける。

snow 夜から積もり始めていたので、嫌ーな予感がしていた。朝、あーあ、やっぱり。昨夜、「テルッツ、明日、税務署へ行ってくるよーん。」って、言ってから寝た。でも、朝、窓の外を見て、「テルッツ、今日挫け。」と、言ってしまった。朝飯を済ませてから、いつもの運動をして、今日は雪堀り。ワシは、雪かきとは言わない。「雪堀り」snow車庫から道路まで、10m以上あるので、雪が積もると結構大変。さ、やりましょ、やりましょ。ワシは、ルーツが新潟にあるので、雪堀りの遺伝情報は、身体の奥深くにあるようだ。ちょいちょいと(実は、ひーひー)、片付けて、暖ったかくしておいた部屋で休憩。すると、もう次の仕事は、考えられなくなっちゃった。よーし、明日、明日。  
テルッツが元気だった頃は、雪が降ろうが、槍が降ろうが、熱が出ようが、「んじゃ、行ってくんねー。」って言って、「気を付けてねheart02、トシチャン。」と言う、寂しげな表情despairのテルッツを残して、仕事に出かけたものだ。今、テルッツの遺骨から、離れられない。出かけても、次の食事までには帰りたい。すっかり心が、弱っちくなってしまった。早く、やる気を取戻さないと。   つづく。

Maru-Jan  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、バレンタインデーでい。

毎年、「テルッツ、チョコレートはいらないよー。」と、言っていた。happy01 ワシの仕事のお得意様で、結構な数を頂けるので、勿論義理チョコだけど。持って帰ってきたそれらを、消費してくれるのが、テルッツの役目だった。二人で食べても、のちの体重に影響が出るぐらいあった。sad大体、こ洒落た一粒一粒個包装されたもので、先ず、チョコレート評論家に変身したテルッツが、一口かじる。そして、「トシチャン、これ食べな。あげる。」そう言って、ワシに渡す物は、自分がいまいち気に入らないか、嫌いな味の物。pig「美味しいよ、トシチャン。」って、言った時は、「んじゃ、テルッツが全部食べな。」と、ワシが言う。するとテルッツは決まって、「駄目だよ。分けっこらしないと。テルだけ死んだらどうするんでい!」と、言うのだ。  一通り味見が終ると、大抵、包が同じなら、同じ味だから、ばらばらっと、テーブルの上に撒き、ささっと分けて、「これ、トシチャンのオヤツね。」って、ビニール袋に入れて、渡してくれる。優しい奴なのだ。でも、自分の好きな味は、しっかり押さえてある。本当に、屈託が無い。bleah毎年の事だから、いつも同じ結末になる。いつもの、テルッツの台詞、笑顔が見たいから、いつもチョコレートを、自慢げに持って帰ってきたのだ。
一ヵ月後に来るホワイトデーに、手作りのお菓子cakeをワシが返すのを知っているテルッツだから、「何、作って貰おうかなっと?」早くも、ホワイトデーに期待するのだ。「ちょ、ちょっと待って、テルッツ、テルッツにはチョコ貰ってな・・・・weep」 「ええやん。heart04」 またまた、憎めない。テルッツも、ワシに同じ台詞を言わせていたんだ。   つづく。
P.S. 今年は、保険屋さんが、営業用義理チョコくれました。どうも有り難う。

インド悠久の彼方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落花生を買いました。

lovely「チーウン君が、3本出た!つるんと出たでー。」トイレから出てきたテルッツが言う。お通じの調子が好い時は、いつもこんな感じ。「トシチャン、お豆食べてるからだね。やっぱ、お豆は利くわー。」good テルッツの言う「お豆」とは、殻付落花生の事なのだ。しかも、銘柄にこだわりがある。千葉八街の半立という品種だ。これが、なかなかいける。普通の落花生よりちょいと見てくれが悪いのだが、えらく旨いのだ。毎年、秋が深まった11月の終わりに、他の品種より遅れて新豆が店に並ぶ。それを、二人で買いに出かけるのだ。去年、新豆が店に並ぶ前に、テルッツは逝ってしまった。それで今日、取り寄せた。オマケに、カリー味のお豆が付いていた。テルッツの前の、チョコレートが入っている入物に、そのオマケも入れた。
これで、当分の間、ワシも便通に悩みが無くなるはずだ。confident    つづく。

Maru-Jan

| | コメント (1) | トラックバック (0)

テルッツの闘病記録を書こうと・・・

テルッツの病気が発覚してから何とか自分の手で日記を残せるまで、そして、ワシと一緒に二十四時間供に過ごした最後の六ヶ月、その戦いの記録をまとめようと資料を見直している。が、しかし、テルッツの辛さ、苦しさ、ワシの事ばかり心配する優しさ、それらを正直に綴ったテルッツの肉筆に触れると、一字一字読み進む事が、今はまだ、この泣き虫のエロ爺にはとてもとても辛く、文章にすることが、なかなか出来ない。辛くても、苦しくても、痛くても弱音を吐かず頑張った、あのテルッツの優しい顔が、文章の端々に現れる。
いつ、ワシの心が、戦いの記録を書けるようになるのだろうか。
ワシが、操作するPCのマウスに、そーっと後ろから、あの柔らかな手を添えてくれて、「がんばれよ!トシチャン。」と、言ってくれるだろうか。
早く、平常心を取り戻し、頑張らねば。    つづく。

マヤ占星術 リズミック・コード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、・・・・

起きたら雪、完全に篭りを決めて、一歩も外に出ず。従って、書く事も全く無し。ただ、生きている事の報告のみ。  つづく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一発勝負の模擬テストで、合格点。

お勉強中の模擬テストを、二回分トライしてみたら、二回とも合格点が取れました。流石、伊達に歳を取ってねー。 重ねた歳が、役に立つ事もあるんでー。ただし、滅多にない。これから先は、頭の中に残る微かな知識では、乗越えられないだろう。さ、勉強、勉強。  テルッツは、質問マシンだった。だから、いつも的確に答られるよう緊張していた。何でもよく訊いてきたなー。 今は、すっかり腑抜状態になっちまった。そんな自分に、喝を入れる勉強なのだ。  
久しぶりに、御飯を炊いた。テルッツには、やっぱり炊き立ての御飯の湯気が、よく似合う。湯気の隣のフォトフレームの中に居るテルッツは、微笑んでばかりだ。それを、眺めるワシは、泣いてばかりいる。crying   つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣くと血圧が、上がるのか?

いやーー、泣いた泣いた。crying昨夜もよく泣いた。crying今朝も泣いた。crying 泣くと血圧は、上がるのかなー?鼻血が、出まくるのだ。鼻のかみ過ぎかなー?テルッツが、「泣くなよー。トシチャン。」って、言っているような気がしてまた泣けてくる。crying まったく、締りの無いエロ爺だ。  話は変わって、今日、book 本屋さんへ行って、お勉強の為の本を、数冊買った。これからは、ちょこっとづつお勉強しよ。pencil bread パンだけの生活も、既に5日、ちょっとだけ御飯が食べたくなって来た。riceballテルッツにも、炊き立ての御飯を出して上げたいし。塩鮭を、また貰っているし。  ただし、お稲荷さんは、涙を誘うのでNGだ。テルッツもワシも大好きなんだけど。  つづく。

新釈インド星読ミ占

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お稲荷さんを、貰う。

暮に、苦労して細かく切った伸餅の端が、おかきになって帰ってきた。母親が作ったのだ。お稲荷さんも一緒に貰った。「テルちゃんにあげてね。」との事。家に帰り、早速供えた。「テルッツ、大好きなお稲荷さんだよー。・・・・・」  今日は、もう書く事が無い。   つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳は、取りたくねーなー。part3

保険屋さんが、来た。memo 今日は、二人。営業所の所長も、一緒だった。複雑な事は、なんとも説明できないが、といかくワシの病歴や年齢が、保険料に大きく影響しているのだ。down 保険に入るという行為は、ワシの思いと大きく矛盾している。何故ならワシは、一分でも一秒でも早く、テルッツの処へ遊びに行きたいのだ。だから、老後の事など真剣に考えられない。しかも、保険料が、かなりあがる。moneybagup やだなー、プー太郎に払えるかなー?でも、サインはした。pen これで、もしもワシに何かが起きたとしても、周りの人に迷惑を掛けないで済む何項目かの懸案の一つが、無くなった。よーし!次の懸案を解決するぞ。可及的速やかに、事を運ぼう。run 長生きをすれば、それだけ問題が増えていくだけだ。 保険屋さん、テルッツに線香をあげてくれて、どうも有難う。   つづく。

Maru-Jan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テルッツは、おまけが好き。

スーパーでは、もう当たり前の様になっているポイント、moneybag 主婦であるテルッツが、これを活用しない訳が無い。いわゆる、割引やオマケといった類である。lovely テルッツは、特に「オマケ」という言葉に弱い。スーパーに一緒に買物に行く時、カートを押しながら気が付くとテルッツが、いなくなっている事が、ときどきある。こんな時、捜しに行く所は、大抵お菓子売場か、お飲み物売場。子供達に混じってごそごそ動いているのが、テルッツだ。何をしているかといえば、お菓子や清涼飲料水のキャップに付いているオマケの品定めをしているのである。shineメーカーのキャンペーン期間中に、商品の側にオマケの全種類が写っているポスターが、貼られている事があるが、そんな時は、それで自分の気にいった物を見つけて、目当ての商品の中からその気にいったオマケを穿くり出して、商品棚をグチャグチャに荒らすのだ。ワシが傍に居れば、「トシチャン、ちょっとこれ持っててねー。」と言いながら、一つ二つと確保する。「なー、テルッツ、好きなの買ってもいいんだけど、それを飲んだり喰ったりするのは、いっつもワシじゃん?・・・・」 「そうだよ。協力しろよ。あと、ひとつが、なかなか見つからねーんでー。」 そんな感じ。    オマケの中でも好きだったのは、「春のパン祭り」。bread これは、点数を集めれば必ずオマケの皿が貰えるという代物だ。free 言わば、努力が報われるオマケ。ただ、消費するパンの殆んどはワシ。朝飯に二枚、御三時用にピーナッツバター(ワシの好物)を塗ったくった二枚を、お弁当と一緒に持っていく。美味しそうな菓子パンで、一点づつ集めるのはテルッツ。こんなことを、48点集めるまで続ける。必ずオマケは、二枚貰うまで。点数が貯まると、「取替えに行こうぜー、トシチャン。」 ニコニコ顔だ。bleah

今年も、春のパン祭りが、やって来た。今回は、ひとりで全部集めるよ。48点は、きついけど。テルッツの分も必ず貰う。二人で入院していた時だって、点数集めは、欠かさなかった。いっつも二人でして来たことだから。  つづく。

論理算命占    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実に十年ぶり。

いやー、肩が痛い。sign03昨日、泊まりに来た二人に、誘われて水元公園へ。わざわざ、グラブとボールまで用意してきたので、実に10年振りのキャッチボール、baseball 甥っ子の彼女はソフトボール部出身者なので、相手にとって不足は無い。good いや、すいません、ワシが、遊んでもらいました。bleah 結構投げた、結構走った。run おかげで、この有様だ。weep でも、ちょいとばかり嬉しい事もあった。キャッチャーのポジションから、セカンドまで、矢の様な送球とまではいかないが、足の遅い人間が、無謀な盗塁を仕掛けたならば刺せそうだ。flair それと、若い頃は、ゲームの後、翌日に身体のあちこちが、痛んだ。それが、歳になると、翌々日、あるいは更に翌日身体が痛み、しかもずーと、引き摺ってしまう。しかし、今回は結構暴れたにも係らず、昨夜なんとなく肩に違和感を覚え、今朝、目が覚めると、懐かしい痛みに襲われた。annoyその時、ワシは思った。「ワシって、結構若い?いけてる?」heart04  当時、地元クラブで野球をした後、「テルッツ、ホグホグしてくれる?foot」って言うとテルッツは、「しょうがないなー、おホグホグしてやるよ。」と言って、一時間以上、ワシが悲鳴を上げるのに疲れて眠ってしまうまで、ホグホグ(マッサージ)してくれた。強烈に痛めつけてくれたけど、impact 翌日に大した痛みにならず助かった。  まだ、半分眠っていたようだ。sleepy 布団から脱け出し、隣の部屋で寝ている二人を起さない様に、静かに階下へ下りて、テルッツの朝飯の仕度しようとパンの袋に手を伸ばそうとした時、若い人には無い症状が出た。bread う、腕が!上がらねっちsign03  あーーー、やっぱり歳だ、シートーだ。いけてない。テルッツが居てくれたら、こんなに酷く痛まなかったのに。   つづく。

P.S.  毎日、30分のステップ運動とスクワット、それに踵のあげさげ100回、下半身は特に念入にストレッチをしているので、痛くないです。pig 順、ごめん!今度、ゆっくり大人だけの食事で。

太王四神記

| | コメント (1) | トラックバック (0)

久しぶりに、おかずを一杯作る。

今日は、甥っ子とそのフィアンセring(前から知っているしもう一緒に住んでいるし、ワシには改めてフィアンセと言うのが恥ずかしい。)が、入籍と結婚式披露宴の日程を、テルッツに報告しに来てくれた。披露宴にはちゃんと、テルッツの席を用意してくれるとの事。嬉しかった。泊り掛けで来てくれたのだから、シーメーを用意しない訳にはいかない。リクエストもあり、肉じゃが、鶏の唐揚、春雨サラダを、普段は作らない程の量を作った。おまけに、シフォンケーキ。cake(よく食べる人たちなのだ。) 米も久しぶりに、研ぎ応えがあった。味については、触れずにおこう。  順、則、どうも有難う。heart01君たちに頂いた、あの超高級ハムは、pig激旨春雨サラダに変身してしまい、オマケに、夕食だけで消えて無くなった。それと、秘伝のドレッシングは、しげとえりっちに、伝授しました。しかも、本日、実地でドレッシング製作訓練終了(激旨)。多分、テルッツも中指、いや、親指をgood立ててくれるでしょう。 これで、ワシに何があろうとも、あの味は、継承されていく。心配無い。明日の朝は又、シーメーの心配をしなくては。bread  段取はよし!ただ、段取をつける段取が、ちょいと甘いのが心配。もし、旨くいかないと、「歳は取りたくねーなー。part3」を、書かなければいけなくなってしまう。coldsweats01そうだ、 気が付けば今日は、まだ泣いていない。こんな日が、月に一遍、一週間に一遍と、なって行くのだろうか。 本音を言えば、毎日毎日、泣いて泣いて泣き明かしていたいのだが。crying  つづく。

ヒンドゥー占星術

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日のつづき。

昨日、保険屋さんが居た時に、ワシの母親も居たと話したが、その時に、こんな事があった。ワシは、いつもテーブルにダイソーで買った100円のピンク色でスケルトンタイプの計算機を置いている。yenそれを見つけた母親が、「お、sign03 これ、いいじゃないか。ボタンが、押し易い。」と、言うので、「ほんじゃこれやるよ。これは、ワシが、仕事の時にいつも車に置いてあったもんだ。同じのが、もひとつあるから、持っていっていいよ。」「悪いじゃないの?」と、母親。「いいの、いいの、これワシが、買って使ってたら、テルッツが、それ見て [いいな、テルも買おうかなっと。]って、買ったんだ。そのテルッツの同じ計算機が、あるからいいの。やるよ。」と言いながら、テルッツのバッグからピンクの計算機を、出して見せると、「そっちの方が、後で買った奴だから、新しいだろ。そっち頂戴。」なんて言って、テルッツのを、取っちゃった。「しょうがねーなー。それ、テルッツの形見だぜ。weep」って言ったら、「テルちゃんの形見だって言っても100円だろ。ま、それでも形見は形見、貰ってこ。bleah」  あらら、ほんとに、新しいの仕舞っちゃった。 この、ちゃっかり感には、感心する。  でも、テルッツは、入院している時、この母親の持ってくるriceball握飯やお稲荷さんを、楽しみにしていたのだから。   つづく。

女の幸せ3つ星占い〜星が教える、女性の恋愛・結婚・運勢〜

| | コメント (0) | トラックバック (1)

歳は、取りたくねーなー。part2

今日、又、保険屋さんが来た。ワシの審査で、問題が生じたようだ。 齢を重ねれば、一つや二つ身体にガタが来るのは当然といえば、当然。54歳になって、健康優良のほうが、かえって変だ。こうゆう場合、同じ条件の保険にしようとすれば、当然のように保険料が上がる。今、迷っている。本音を言えば、長生きなどしたくない。一分一秒でも早く、テルッツと手を繋ぎたい。保険屋さんにはいつも、そう言っている。しかし、今日はたまたま、テルッツのためにtulip花を持ってきてくれたワシの母親が、同席していたので、「早く、テルッツの処に行きたい。」などとは、言えなかった。それで、此方から少しばかり、条件と質問を提示した。さあこれで、ワシの保険は、どうなるか? ほんと、歳は取りたくねーなー。まごまごしてたら、ワシが、今度は、落葉マーク、いや失礼、もみじマークになっちまう。   つづく。

Showtime (会員登録)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼ソバが、捌けたおかげで。

2月1日、世間では、car高齢者ドライバー用の通称もみじマークのデザインが、代わるとゆう。以前、このもみじマークの最初のデザインが世に出回った時、ある日の事、テルッツを隣に乗せて走行中、前方の車に接近した時、「おおっ、危ねえ、危ねえ。前の車、爺が運転してらー。ほーれ、もみじマークついてるじゃん。」って、ワシが、言うと。「えっ、sign01トシチャン、あれ落葉マークって言うんでしょsign02」  純心なテルッツは、誰かに吹き込まれた冗談を案外信じてしまうのだ。think昔、結婚する前のテルッツが、ワシの悪だち達に、くだらない冗談を吹き込まれ、からかわれていた。「ははーん、テルッツ、誰かに変な事聞いたね?」「だってトシチャン、落葉色してるのに?」「いくらなんでも、落葉マークじゃ、爺どもに可哀想じゃん。」「そうなの?」「テルッツは、 案外、年寄りにシビアなのね。ワシとしてもあのマークを付けた車には、ふらふら出てきて欲しくは無いのよ。でもね、ワシ、プロドライバーだから、あの人たちに、優しい運転しなきゃ駄目なの。」「ふーん。」 テルッツは、車の動きには、五月蝿いの。横山やっさんみたいで、「スコーンと、行ったれや!」てな感じ、「テルッツは、免許とれそうもないなー。」って、言うと、「そうだよ、わしが、免許取ったら危ねーだろ。てめえ!ふんふん。」なんて、鼻息が荒かった。pout笑える。coldsweats01 話を戻して、あの新しいデザインでも、テルッツは、きっと、「やっぱり、落葉マークやんかいさー。」って、言うに決まってる。
焼ソバは、無くなってよかったが、それなりに夕飯の心配をしなければ。riceball昨日、おみやで頂いた生ハムとステーキハムがある、それを、利用しない手は無い。そこで、豪華生ハムサラダにでもしようと思い、野菜を買いに、てくてく出かけた。shoeすると、スーパーの野菜売場の片隅に、買物に出かけた時に、この時期いつも探しているグリーンピースの新物が、置いてあった。flair 「いやー、出た出た。待ってたでー。」などと独り言を言い、ちょいと高かったけれど購入した。これで今晩は、豆御飯だ。ワシも大好きだけど、テルッツはもっと好き。「一杯炊いて、明日の朝は、この冷や飯で、茶漬けにして喰うてこましたろ。」って、炊込み御飯の時の常套句なのだ。言葉が、ちょいと下品ですよ。考えてみれば、炊込み御飯は、保温して取っておけない、必然的に冷飯になる。今の時代、「チン」して食べるでしょ。でも、テルッツは、どんな炊込み御飯でも、必ず翌日は茶漬け。可愛いのだ。
今、ワシ一人。炊いても一合。だって、テルッツには、いつも炊き立てを出したいし。豆御飯は、そうは長持ちしない。だから、一合のお米に、お豆ワンパック、結果、豆御飯というよりも御飯豆みたいな、豆だらけ。「炊き立てだよー、テルッツ。美味しいよー。」って、テルッツの前に置いたら、また、泣けてきた。でも、むちゃくちゃ美味しかった。春の予感が、ちょっとだけした。budtulipcherryblossom  つづく。

女の幸せ3つ星占い〜星が教える、女性の恋愛・結婚・運勢〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »