« 自分たちの家が建つ!part4 | トップページ | テルッツは、コーヒー味が好きなのだ! »

また、テルッツに決断させる?

1992年、ワシは、それなりに給料を貰っていて、比較的長く勤めた今の会社を、辞めたくてしょうがなかった。「鶏口牛後」を地で行きたかった。旨くいけば、年収はUP、旨くなければDOWN。家を建てたばかりのテルッツにとっては、大きな悩みの種となるだろう。ワシは、好き勝手な事ばかりして、結局テルッツに損ばかりさせている。この夏、ワシは、ボーナスを貰って直ぐ会社を辞めた。おさらばだ。8~9月、固定した仕事に恵まれなかったが、それでも一緒に出来る仕事はテルッツと二人でこなした。「悪いね、テルッツ。迷惑ばかりかけて。」  日記の、その日の最後の行は、「がんばろう!トシチャンのためにがんばろう!」 いつも、ワシのことばかり考えて、いっつもワシに尽して尽しまくって。テルッツが生きている間に、ワシは、もっともっと尽せていれば良かったのに。  つづく。

Maru-Jan

|

« 自分たちの家が建つ!part4 | トップページ | テルッツは、コーヒー味が好きなのだ! »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/38361892

この記事へのトラックバック一覧です: また、テルッツに決断させる?:

« 自分たちの家が建つ!part4 | トップページ | テルッツは、コーヒー味が好きなのだ! »