« 2011年元日、九十九里へ行く。 | トップページ | また、テルッツに決断させる? »

自分たちの家が建つ!part4

1991年7月19日、引越開始。sign03 柴又から水元なので割り方近い。またまた、天草さんに頼んだ。tvbicyclemoneybag相変わらずのプロ集団だった。荷物は、右から左のように移動してくれたが、その後の整理が大変だった。sweat01 収納はたっぷりあるけど、それをなかなか使いこなせない、いっぱいいっぱいになっていたからだろう。ワシは、3日間休みを取っていたので、なんとかテルッツの役に立てたかな。そうそう、引越の日程が決まった頃、テルッツが、大英断を下してくれた。car 「車を買ってもいいよ。」と、言ってくれた。当初から、水元だと車が無いと不便だろうと、車を買う計画で、1Fにはガレージを用意していた。ついては、その車種が、決まっていなかったのだ。「トシチャンの希望していた車でええでー。テルは、車のことなんか良くわからへんもん。」  8月10日、その車が、やって来た。ランチァ デルタ インテグラーレ16V ロッソモンツァ、heart02 恐ろしく長ったらしい名前だが、ワシはこの車以外乗りたくなかった。ダチの一人に言わせれば「屋根付バイク」だそうだ。初めての左ハンドル車だったけど直ぐに馴れた。テルッツを乗せて疾走した。テルッツも、初めての右座席で緊張していた。coldsweats01 漸く、家にも慣れて来た。でもテルッツは、日記に書いてある。「トシチャンが、会社へ行っちゃうとやだな。心配だな。淋しいな。一階に居ると二階が心配、二階に居ると一階が心配だ。」と。一軒家に住む事の、それなりの心配事がふえたようだ。「ワシは、働くしかないもんね。完済までがんばるぞ!」  それにしても、新しい畳の香りの好い事。( ̄ー ̄)ニヤリ  つづく。

Maru-Jan

|

« 2011年元日、九十九里へ行く。 | トップページ | また、テルッツに決断させる? »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/38352323

この記事へのトラックバック一覧です: 自分たちの家が建つ!part4:

« 2011年元日、九十九里へ行く。 | トップページ | また、テルッツに決断させる? »