« 九十九里は好い処?んじゃ、柴又は?Part3 | トップページ | ・・・part5に行く前に »

九十九里は好い処?んじゃ、柴又は?part4

事故の翌朝、改めて、診断が下った。右肩鎖骨骨折及び擦過傷。手術まで一週間。その後、順調なら抜糸まで一週間。合わせて入院二週間。 ということは、引越の時、ワシはベットの上。「まずいじゃないの、テルッツ一人で引越になっちゃうよ。これは、まずい。シ常に!」「でも、とにかく治さなきゃ。」 テルッツは、本当によく通ってくれた。色々世話をやいてくれて、けなげだった。親兄弟は勿論のこと、親戚の御連中も次々とお見舞いに現れた。その際皆さん異口同音に「もう、バイクはだめ!今度事故やったら三回目だぞ。三回目は、死ぬぞ!」って言う。 ワシは、前にも一度、750を潰していた。  そうそう、思い出す。その時、職場は同じでも口も利いていなかったテルッツが、何故か二回、お見舞いに来てくれた。恐らく、そんな事が、頭の片隅にあったから、テルッツにモーションを掛けたのかも知れない。 話を戻そう。 「バイクだめ「バイクだめ」と散々言われた後、極め付けは、「トシチャン、もうバイクは絶対だめ!!」のテルッツの一言だった。またまたトホホ。そんな中、加害者のおっさんが、やって来た。なんか、もじもじはっきりしない奴で、「申し訳ありません。」とか「任意保険に入ってません。」とか言ってた。「そんなの俺には関係ない。なんで酒飲んだ野郎が車運転してんだよ!お前が、のこのこ此処に来れるのは、俺が、逮捕は勘弁してやってくれって警察に頼んだからだ!詫びるのは当然。とにかく総て弁償せいよ。」と、静かに諭した。まだ、なんかぐだぐだ「飲酒、二回目で・・・」「免許が・・・、仕事が・・・」とか。「そうゆう野郎は、当然車も運転出来ないし、仕事も失う。当たりめーだろが!アホンダラ!」と、丁寧に御説明申し上げた。話を聴いたテルッツは、当然のように超激怒、でも鼻息が荒くても何故か、可愛らしかった。 つづく。

|

« 九十九里は好い処?んじゃ、柴又は?Part3 | トップページ | ・・・part5に行く前に »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432860/38148733

この記事へのトラックバック一覧です: 九十九里は好い処?んじゃ、柴又は?part4:

« 九十九里は好い処?んじゃ、柴又は?Part3 | トップページ | ・・・part5に行く前に »